全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

お台場旧車天国で展示を無事に終え、
その後はショップの方で展示して頂いていたのですが
この程、店舗改装との事で手元に戻って参りました。
今回はご報告も兼ねて重複いたしますが、子童夢号の詳細をUP致します。

イメージ 2

イメージ 3

真横から見ますと、その特徴と言いますか特異性が際立ちます
自分としては見慣れた形と色なのですが、改めて「スゴイ形」だと思いました。

イメージ 4

これだけ特異な形状ですと、人が乗る事を前提にディフォルメすると
デザイン的にバランスが破綻するケースが良く在りますが
このNMR仕様には一切「それ」を感じられません。
自分的には、本家より此方の方がお気に入りです

こうして再度自分の手で触ってみると、スーパーモンキーの
総合力の高さを再認識します。
自分の中ではワークスマシン以上の存在でも有ります。
流石はスーパーモンキーとしか言い様が無いです!

イメージ 5

ダミーのQチャージャー風の蓋は着脱式で
蓋を外せばノーマルタンクにアクセス出来ます。
子童夢号はNMR/オリジナルのアルミタンクでは無くノーマルタンクを使用します
ちなみに、4Lモンキーのタンクは他に使うので、中華製の5Lタンクを使用しました。

イメージ 8

本来ならば、カウルに貼り付けられた左右2分割のシートですが
自分の趣味で、ベースを製作して別体式にしました。

イメージ 9

こんな感じで、FRPでベースを作り、ウレタンシートを接着してあります。
シートはベルクロファスナーで装着します。

イメージ 10

ちょっと画像が荒くて申し訳ありません。
外装の構成部品が一目で分かる奴で、メーカーや雑誌で良く見る構図です
これ、一度やってみたかったんですよ「カウルの開き」!(笑)

イメージ 13

カラーリング、ステッカー製作はレインボーローズさんにお願いしました。
バランス、色彩共に見事に再現されていると思います。

イメージ 11

あと、ひとつお遊びと言うか独自解釈の改変部分が有ります
当時の童夢DCF-1の画像を出来る限り集めたのですが
色彩の部分で各誌で異なる部分が有り(印刷の都合?)
「WACCOAL」の文字の濃淡が分からず、決めあぐねていたのですが
店主のアイデアにより、前部ワコールのロゴの色を合わせて
左右別配色にしてみよう!と言う事になりました。
カウル上部/ライト横、左右ののエアダクト風ステッカーもそのひとつですが
遊び心が有って良いと思いますし、なにより、自分が気に入ってます(笑)

イメージ 12

車体周りですが、流石にNMRのフルキットは揃えられませんでした。
が、かなりの再現率で有ると自己満足しています、、、(^^ゞ

イメージ 6

マフラーはお手製チタン管+スーパーモンキーサイレンサー(モンキーR/改造)
ホイールはデイトナとJRPの3本スポークタイプ
シートレールとサイドパイプは子童夢カウルに合わせたお手製品
エンジン関係を除いて、それ以外はNMRの純正部品を使用しています。

ストリップ状態でも非常に均整の取れた構成に感じます。
あの時代にここまでの製品を世に送り出した経営側は勿論
設計及び製作に携わった方々に敬意を念を抱きます。

イメージ 7

チェ-ンが赤いのはDCF-1が赤かったからとの事で
店主が見つけ出して装着してくれました。
微に入り細に入り本当にお世話になりました <(_ _)>

イメージ 14

お蔭様で希少かつ素晴らしいバイクを世に送り出せました。
史実に埋もれた車両(失礼!)に一人でもご興味頂ければ幸いと思います。
ご協力頂きました当時のスタッフの方、レストアを手伝って下さった方々
ブログで応援してくださいました方々に深く感謝致します。
NMR/子童夢号計画はこれにて完了とし、NMR最終計画のKR仕様に移行します。
まだまだ不足部品が多く、中々難しいですが子童夢号と並べるのが生涯の夢の1つです。
毎度の如くマイペースですが、頑張って行こうと思います。

***************************
遅ればせながら、令和初の本編となりました。
あまりにも色々な事があったのですが、それに加えて
PCが飛んでしまい、まったくお手上げでした。
デジカメ、ノートPCと相次ぎご臨終となり、令和を迎える事は出来ませんでした。
メインPCもデータが吹っ飛び、現在専門の方にサルベージを依頼中です。
サブHDにデータを移す所だったので、ショックがデカイです、、、、(>_<)
とりあえず、あとはプロに任せて残ったデータと新規データでのブログ進行になります
最終回も近いと言うのに全く持ってトホホです。

次回もミニ系で、超☆小話になる予定です
お付き合い頂ければ幸いです。
それでは、また

閉じる コメント(6)

顔アイコン

てっきり童夢本社かスーパーモンキー本社に持って行ったのかと。(笑)

童夢のHPだと濃いめの色っぽいですね。(チェーンの色も見える)
http://dome-museum.com/024_black_buffalo.html

ただ写真は、8耐決勝時(?)じゃないと思われるので、実際は…?(謎)
でも、他のスポンサーの色と統一しているのでは?と思います。

2019/6/2(日) 午前 9:51 [ ひでゆき ] 返信する

顔アイコン

いや、ほんと宝物です♪
こうしたNMR・童夢モデル、サイデスカーやベースパなど、当時は本当に面白いものが沢山ありましたね♪
中でもこのNMR童夢は傑作です!

実際こうした動きはメーカーに飛び火して、GAGやYSR モンキーBajaなども生み出してくれました♪

いい時代です♪

ところで...
レインボーローズさんって、こうした塗装やデカールなどの加工を生業とされてるのでしょうか?
ググりましたがどうもヒットせずなので、もしも生業とされてるのでしたら、差し支えなければご紹介いただければ幸いです

2019/6/2(日) 午後 3:51 [ ] 返信する

顔アイコン

> ひでゆき 様

こんばんは
それっぽい背景の所を探して写してみました
雰囲気が出ていたのなら嬉しいです♪

予選と本戦ではカウルが違うようで、どれにするか迷いました。
色に関しては、当時の本物を見ないと本当の所は分かりません
あまりこだわり過ぎるとどつぼにはまって動けなくなります
なので、それなりに見えればOKだと思ってます〜

2019/6/2(日) 午後 10:38 [ JRMC ] 返信する

顔アイコン

> 黒 様

こんばんは
皆様には多大なご協力を頂き、本当に有難うございました。
お蔭様でここまでたどり着けました。
自分としても宝物だと、胸を晴れる逸品です!

レインボーローズさんはHPが有りますので、そちらからアクセス出来ます
https://www3.hp-ez.com/hp/rainbow4864/

バレル研磨がメインですが、何でも屋って感じがします(笑)

PS,サイデスカーにベースパ!!
当時、乗り物屋に遊びに行っていた自分としては
とても懐かしいです。

2019/6/2(日) 午後 10:46 [ JRMC ] 返信する

顔アイコン

やっぱりTTF-1はいいですね、個性的なマシンがいっぱいで。(笑)
今、F-1が復活したらどんなマシンになるか興味はありますがモトGPの遅いだけになりそうですね。だいたい最後の方はワークス以外はSBだったしなあ。

2019/6/5(水) 午後 11:43 [ anny ] 返信する

顔アイコン

> anny 様

こんばんは
はい、自分もこの時代と言いますかTTF-1にはぞっこんです!
個性的と言うより、やったもん勝ち的な感じが漂うなんでもOK感がたまりません

いまは個性以前に効率&AI重視なので、押して知るべしと思います
確かに、最後の方はSBクラスが大半でしたが、ベースマシンの進歩と
コスト/予算を考えれば、致し方なしと思います、、、

2019/6/6(木) 午後 7:23 [ JRMC ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事