ずっとフィリピンで暮らすとは?

長らくぶりのブログ再開。このままここで続けようかどうか?

全体表示

[ リスト ]

 先の記事で取り上げたエロルデのパン関して、その名前の由来となったフィリピン人ボクサー、ガブリエル・フラッシュ・エロルデについてたまたまWikipediaに記述があったので(http://en.wikipedia.org/wiki/Flash_Elorde)、ここでかいつまんでその内容を仮訳して引用しておきたい。

 ガブリエル・エロルデ(愛称"Flash")はサウスポーのボクサーで、1935年3月25日セブ島のボゴで生まれ育った。彼はマニー・パッキャオや1920年代に活躍したパンチョ・ビーリャらと共に、最も偉大なフィリピン人ボクサーとして周知されている。ビーリャに次いでフィリピン人国際ボクシング王者となったことから、彼はフィリピンのスポーツ・文化の象徴として非常に親しまれた。
 彼の戦績は、116戦87勝27負2分(33KO)。1960年3月20日から1967年6月15日までWBCスーパー・フェザー級王者、1963年2月16日から1967年6月15日までWBAの同級王者として君臨した。7年と3ヶ月に渡る防衛はスーパー・フェザー級史上最長である。1974年にはWBC史上最高のスーパー・フェザー級世界王者と賞賛された(ちなみに、その後、世界スーパー・フェザー級王者は沼田義明が継承した)。
 引退後の彼は、サンミゲル・ビールのCMにも登場し、"...isang platitong mani"(「一皿のピーナッツ」という名言を残し、それは今日でもフィリピンで最高のCMであり続けている(このCMは彼が、Bert MarceloとRico Punoとともに制作したという)。
 ヘビースモーカーだった彼は肺がんのため1985年1月2日49歳でこの世を去ったが、1993年にはアジア人初の国際ボクシング殿堂入りを果たした。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事