ここから本文です
いつも岡崎飛行クラブのホームページ、並びに当ブログ『フライトレポート』をご覧いただき、ありがとうございます。

この度、アップロード先のサービス終了に伴い、ホームページの移転を致します。
新しい岡崎飛行クラブホームページのURLは、
となります。お使いのブラウザにブックマークを付けてくださっている方は、お手数ですが変更をお願いします。

また、週末ごとのフライトの様子をご紹介している、当ブログ『フライトレポート』も、新ホームページに統合致します。

これまで以上に、ご覧頂いている皆様にグライダーの楽しさや魅力をお伝えできるように一層努めて参りますので、今後とも岡崎飛行クラブを宜しくお願い申し上げます。

(渡)

三度雨・・・

イメージ 1
週中に天気予報を見ていたので、降るだろうな〜とは思っていましたが、三週連続での悪天候。集まったメンバーもだいぶガッカリ気分ですが、降り出すまでは飛びましょうと、まずは複座1機、単座を2機でフライト開始。

イメージ 2
準備中は日もさしていましたけれど、飛び始める頃にはすっかり鉛色の空。雨雲レーダーで確認すると、岡崎市の周辺はすでに雨雲に覆われている状態。ベタ凪の空は操舵練習するには最適ですが、いつ降ってくるやらとヤキモキしながらの運航になりました。

イメージ 3

イメージ 4
10:00過ぎには途中パラパラと降られるようになる中、今日どうしても行わなくてはいけない複座練習機ブラニクの耐空検査飛行の準備が整い、二カ月近く格納庫で奮闘してくれた畑野新整備部長の操縦で久々の空へ。

イメージ 5

イメージ 6
上空では問題無く飛行できる事を確認して、検査も無事合格。また一年間クラブ員の操縦練習に活躍してくれる事になりました。

イメージ 7
検査後は検査員の高田さん井上さんと整備チームで記念撮影。
(ちゃっかり写っている石川運航部長の笑顔が一番晴れやかなのはなぜだ!?解せぬ・・・。)

イメージ 8
もう暫くはフライトできるかなと思っていましたが、お昼頃に本格的に降り始めてしまい、残念ながら撤収。格納庫から出るとまぁ綺麗に晴れてること。少々悔しい気持ちでしたが、来週こそは春の日差しの中で飛びたいなと期待しながら解散となったのでした。

(渡)
イメージ 1

イメージ 2
ここ最近は天気の周期がイマイチ悪いようで、先週に引き続き今日も雨が降る予報。いや、それどころか組み立てたグライダーを滑走路に持ってきたら早くもパラパラと降り出す始末。機体も人間も濡れてはタマランと養生しつつ雨宿り。なんとか飛べるタイミングを探って待つ事に。

イメージ 7

イメージ 8
9:30頃になると雨も収まり、飛べるチャンスもできたので運航開始。まずは教育証明を取得されている、新入会員の船曳さんの後席要領慣熟飛行からスタート。

イメージ 9
上空からは満開で今が見ごろを迎えている葵桜(河津桜)を見る事もできたそうです。

イメージ 3
日差しが全くないので滞空は当然できませんでしたけれど、穏やかな空気の中は基本操舵の練習にはピッタリで、ソロ技量のある練習生渡邊(隆)さんは先週に引き続きASK23で経験値をしっかり上げてみえました。

イメージ 4
暫くはフライトを楽しんでいられましたが、11:00を回ると再び雨が降り出してしまい、今度こそ止む気配は無し。11:19分に最終機が着陸して全9発にて撤収。その後は格納庫で来週の滞空検査を控えたブラニクの整備を進めて、お昼には解散となりました。

【オマケ】
イメージ 5

イメージ 6
全体での活動終了後も格納庫で作業を進める機体整備部の方々。大先輩の整備士お二人に叱咤激励されながら資料を纏める新整備部長畑野さんの。双方向から飛んでくる激にやや涙目・・・。

【連絡事項】
来週3月17日はブラニクの耐空検査、その他イベント準備等通常フライト以外の業務が多数あります。クラブ員の皆さんはできる限りご参加いただきますよう、宜しくお願いします。

(渡)
イメージ 1

イメージ 2
今日は曇り一時雨と覚悟していたので、とりあえずデュオとASK23を準備。機体組み終わり頃から早くもポツポツと来ましたが、耐空検査を控えたブラニクの計測をまず実施。並行して何とか1人1発づつでも廻そうと準備を急いで、09:30前にはフライトを開始しました。

イメージ 3
最初のテストフライトは鈴木理恵さんと学年同期の同志社航空部OBの井上翔太さん。何でも同志社のASW28には18mスパンでも何度か乗っているそうで、2年ぶりのフライトですぐに感覚も戻って来たそうです。佐々木教官とのフライト後に早速入会手続きをしてもらい、その後Duoで3発搭乗でした。

イメージ 4
続いては先月入会された佐々木教官の先輩の舩曳さん。既に教育証明もお持ちの現役教官です。私と一緒にDuoで飛んでもらい即OK。続いてASK23で2発飛んでもらいました。ASK23は7年ぶりの搭乗だったそうですが、操舵が軽くて良かったそうです。機体整備の良さですかね。

イメージ 5
更には、鈴木さんも2年ぶりのASK23で岡崎初単座。全部で3発の固め飛びでした。

イメージ 6
そして宮澤さんも今月17日の結婚前、独身最後のフライト2発でした。

イメージ 7
また、午前中にトマーシュさんの職場の関係で、岡崎市で各種のカルチャーセンターを主催している『暮らしの学校』で企画をされている中島さんという方がいらっしゃいました。参加者も中年のご婦人が多い中、教室の若返りの一環でグライダー見学会を催したいとのことでした。あわよくば体験搭乗も少しは出来ないかと相談に来られました。クラブとしては前向きに進めたいと思いますが、先ずは幹事の方々や中航連本部とも相談していきます。フライトが一巡したところでDuoにお乗せすることが出来、感激されていました。

イメージ 8
結局終日本降りにはならず、バッタ飛びの35連発でしたが、練習生は全員3発、その他の人も1〜2発と、穏やかな中でも成果の多い一日でした。しかし、ブラニク整備の畑野さんと竹内さんはノーフライト。来週は重量計測して17日の耐空検査を迎える準備が出来るそうです。ご苦労様でした。

(中)
イメージ 1
岡崎飛行クラブでは毎年岡崎市の桜まつり協賛行事として岡崎市在住・在勤・在学の方向けにグライダー市民体験飛行会を行っており、今年も4月14日(日)に開催予定です。

イメージ 2
応募方法につきましては、岡崎市の広報誌『市政だよりおかざき』、2019年3月1日号(No.1355)10ページに掲載の募集要項に沿って、往復はがきにて受付中です。3月14日(木)必着となっております。なお、大変申し訳ございませんが、当ブログ、クラブ公式ウェブサイト、メール、SNS、お電話での募集は行っておりませんので、ご了承下さい。

イメージ 4
空を見上げると、音も無く飛んでいるグライダーを見て「乗ってみたいなぁ」と思われている方、是非ご応募していただけたら嬉しいです。
もちろん、飛行クラブへの入会を検討して頂いている方も、春になって新生活を向かえるにあたり、新しい事にチャレンジしてみたいと思っている方も、学生時代に航空部で飛んでいて、もう一度空に戻ってみようかと思っている方も大歓迎。

イメージ 3
毎年大勢の岡崎市民の皆様からご応募頂いている体験飛行会。フライトされた方からは「楽しかった〜!」「鳥になったみたい!」と素敵な笑顔で感想を頂いています。今年もたくさんの笑顔にお会いできる事をクラブ員一同心よりお待ち申し上げております!

(渡)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事