ここから本文です
イメージ 4

予想天気では高気圧のど真ん中で、穏やかな練習日和になるはずが早朝から強風の岡崎市。お正月の連続フライトに引き続き風で撤収になるかもと心配しながらも、複座機2機、単座も1機出して運航開始しました。

イメージ 5

やはり横風が強い中ですが、同時に上昇気流もしっかり出ているようで、離陸と同時に滞空を開始するフライトが何発もあり、全機が空の上で滑空場はからっぽになる時間帯もしばしばありました。

イメージ 3

イメージ 2

上空では目印になるような雲は沸いていなくても、翼で風を感じて旋回をすれば、高度を上げられる好条件だったようで、先日に続き富士山を拝めるほどのフライトもあったようです。

イメージ 1

フライト終了後、中村会長が今日の航跡をGPSで見直すと、滑空場周辺が上昇気流の発生源だったようで、最初のジャンプを成功させれば、存分に飛べる条件だった模様。天気予報では滞空条件は無さそうと思い、強風でフライトはキビシイかもと思わされましたが、結局は好条件で楽しめた一日。風や日射という自然を相手にするグライダー、先読みは本当に難しいですが、こうして望外に楽しめる時もあるのが素晴らしいです。

(渡)

この記事に

イメージ 1

イメージ 10

新春連続フライト最終日は岡崎だけでなく初日から引き続き岐阜、そして浜北の両支部からもメンバーが集まり、三支部合同での賑やかな構成。グライダーは複座2機、単座1機の3機体制でフライトスタートです。

イメージ 9

今日も引き続き横風の吹く状態になりましたが、フライトの条件は一番だった様子。私も1番機に搭乗して空に上がり、周囲を見渡すと北のアルプスは勿論、南の三河湾、渥美、知多の両半島、さらには伊勢湾を渡った先の御在所岳や鈴鹿山脈の絶景を一望できるという何とも素敵なお年玉フライト。写真に残せば良かったなぁと思いますが、自分の目で見るのが一番綺麗だったりします。

イメージ 2

イメージ 3

一方地上の滑走路脇では、美味しそうな豚汁が湯気を立ててます。豚汁屋の大将佐藤さんはお空の上でソアリングを堪能中なので、昨日はお汁粉屋の看板娘だった金城さんがせっせと皆に配膳中。ご苦労様でしたっ!

イメージ 4

イメージ 11

美味しい豚汁で舌もお腹も満たされた一同。午後からのフライトも更に励む事ができるようになりました。佐藤さんご馳走様でしたっ!!

イメージ 5

時間が経つにつれて日差しと風が増してくると、空の上には見事なクラウドストリートが出現。この雲の下にある上昇気流に乗って滞空したパイロットは岡崎のグライダー空域をフルに使い、高度も天井の4,500フィートにタッチできた方も何名かいた模様。

イメージ 6

特に本日最長の45分のフライトをした石川さんは真っ先に富士山を拝む事ができたそうで、「新年最初に富士山見れて、幸先良いな」とご満悦でした。

イメージ 8

活動終盤になってもフライト条件は良いまま続き、本日二度目の搭乗を最終便で迎えた私も25分と存分に滞空の練習をこなせましたし、ほぼ全員がフライトを2巡出来るなど、三日間で最良の日となりました。

風に悩まされがちになりましたけれど、存分に楽しめましたし、各支部間の交流もできた充実した三日間を過ごす事ができました。参加された皆様、お疲れ様でした。今年のフライトも安全に楽しくできそうです。次回は7日の日曜日に通常体制でのフライトとなります。皆様、改めて本年も宜しくお願いしますっ!!

(オマケ)

イメージ 7

フライトォーーー!いっぱーーーつっ!!

(渡)

この記事に

イメージ 1

イメージ 2

フライトができないほど風が強くなるだろうという予報は昨日から知っていましたけれど、もしかしたらと期待をしつつ滑空場へ15名程が集まりまして、複座1機を組んで飛ばしてみたものの・・・やはり横風が限界値を超えており、この1フライトで中止、撤収となりました。

イメージ 3

イメージ 4

ですが今日は毎年恒例、神戸さんのお汁粉屋台が出るとあって、全員そのまま滑空場で待機。大将神戸さん、餅焼き板長トマーシュさん、看板娘金城さんの作るお汁粉の完成を待ちわびておりました。

イメージ 5

イメージ 6

甘くアツアツのお汁粉に、香ばしく焼けたお餅がなんとも絶妙な美味しさで、北風に冷えた体も温まり、皆パワーも回復。

イメージ 7

イメージ 8

飛べずにヘコんだ気分も明日こそはの気持ちに切り替えて、。山口さんと坂田さんはグライダー運搬用トレーラーの修理、私(ナベ)と金城さんは今月開催されるイベントに展示する写真パネルの作成、神戸さん古谷さんを中心に滑走路の整備とフライト中にはできない作業を実施。

午後からも受験生は佐々木教官を講師に実地試験の勉強会をして、15:30頃までしっかり活動できた一日になりました。それもやっぱり神戸さんの美味しいお汁粉のお蔭ですね。ご馳走様でしたっ!!

(オマケ)

イメージ 9

昨日、1月2日は【スーパームーン】だったそうで。せっかくなので家を出る時に西の空に浮かんでいた満月をパシャリと・・・。

【連絡】
明日4日は連続フライト最終日。皆様是非是非参加して、飛べなかった分を頑張りましょーっ!!

(渡)

この記事に

イメージ 1

新年明けましておめでとうございます
本年も安全第一で楽しく活動して参ります
何卒よろしくお願い申し上げます

イメージ 2

岡崎飛行クラブ、グライダーフライトの2018シーズン、集まったのは13名。幸先良いスタートを切りたい気持ちはありますが、どうも風の予報がキビシイ様子。機体は複座練習機のブラニクと、上級単座機のディスカスの2機を準備。佐々木教官&平松さんペアで飛び初めとなりました。

イメージ 3

イメージ 4

で、いざ飛んでみると案の定強めの横風。ソロ技量のある練習生は、この三日間の連続フライトで単独飛行の回数を増やしておきたいし、受験生は上空での課目飛行の練習を重ねたくてもなかなか難しいコンディション。この季節ならではの風なので、負けないよう練習を重ねて行こうを思います。

そして日差しがあっても吹き付ける風が生まれたばかりの上昇気流を崩してしまい。滞空するチャンスもなかなか無い状態。わずかな機会を逃さず気流にしがみついた竹腰さん平松さんペアが29分を記録しましたが、これが本日の最長記録となりました。

イメージ 5

イメージ 6

午後になると風の強さも増して、運ばれてきた雲が空を覆い、終いには雨粒(雪かも?)が飛んでくるようになり、フライトの続行は断念。残り二日間に期待しつつ、15:00でお開きとなりました。

【連絡〜】
明日3日はお正月恒例、神戸さんのお汁粉屋台がオープンしますよ〜。
クラブ員の皆様、ぜひぜひご参加くださいね〜〜〜♪

(渡)

この記事に

2017年飛び納め

イメージ 1

低気圧が発達しながら近づいているので、岡崎市の天気も下り坂。せっかくのクリスマス・イブのフライトもサンタさんのソリほどたくさん飛べる見込みは無さそうです。それでも今日は2017シーズンの飛び納めという事で19名が集合。複座・単座を各2機組んで活動開始となりました。

イメージ 2

イメージ 3

まずは今日の活動のメイン、ASK23の耐空検査飛行から実施。整備部長竹腰さんの操縦で異常が無く、安全に飛行可能な事を実証。晴れて検査合格となりました。整備作業をされたみなさん、お疲れ様でした。

イメージ 4

イメージ 5

その後はライセンシーは勿論の事、搭乗技量のある練習生も久しぶりのフライト。私もその一人ですが、1年ぶりの操縦にやや乱れ気味。先週ほどではなくても冬場の横風に苦戦しながらの離着陸になりました。年明けには複座練習機のブラニクが整備になるので、単独飛行はこのASK23で行うはずなので、搭乗回数を増やして機体になれておきたいです。

イメージ 6

途中風向きが変わり、滑走路の向きを変えるなどしつつフライトを重ねましたが、やはり予報通りの天気の中、唯一練習生の小西さんと中村教官ペアの33分が本日の30分超えで、渋いサーマルの中、無駄舵を減らして機体の安定性を活用しながら
飛ぶ術を体験してもらいました。その他大勢の大半はバッタ飛び大会。それでも強い風の中でのコントロール等、訓練を重ねるには良い一日となりました。

イメージ 7

参加メンバーがほぼフライトを2巡したあたりが活動時限の16:00近くだったので、古谷さん操縦のASK23が締めの2017年最終飛行。今年も安全に運航を終える事ができました。

また、同日岡崎市内で開催されていたマラソン大会に、体育協会のメンバーとして当クラブからは井上さんがスタッフとして参加してくださいました。お疲れ様でした。

イメージ 8

さて、岡崎飛行クラブは今年のフライトを全て終了。無事故無違反の安全飛行を今年も継続する事ができました。滑空場のある八帖南町を始め、地域の皆様、そして岡崎市の関係各所の方々のご理解とご協力、真に有難うございました。来年も安全運航を第一に活動して参りますので、宜しくお願い申し上げます。

(渡)

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事