ここから本文です

書庫全体表示

秋の槍ヶ岳


飛騨エアパークから土曜日のレポートです。
本日は雲一つない青空で、絶好の飛行日和でした。
サーマルトップは7500ftと秋の中ではとても良い条件でした。

イメージ 2


春は雪をかぶっている乗鞍岳も深い緑に覆われています。
青年の家で8000ftまで上げた後、丸黒山の南の風の収束帯で8700ftまで上げます。

イメージ 1

そのまま西斜面に入ると、北西風による斜面上昇風がありました。
しばらく南北に往復して春とは違う乗鞍西斜面を楽しみます。

イメージ 6

イメージ 5

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 8

9400ftまで上げた後、焼岳に向かいます。
この間尾根沿いに飛んで失効200ftほどで焼岳に到達しました。
イメージ 7

焼岳で苦労して9400まで上げた後、西穂高へ向かいます。
穂高連峰に到達すると、再び斜面上昇風を使って北上します。

イメージ 9

西日が当たっている部分は春並みに強い上昇風帯となっており、1万ftまで持ち上げてくれました。

イメージ 10

秋の槍ヶ岳は初めてでしたが、久々に楽しいフライトでした。
秋の山を楽しんでいる方も多くこちらを見つけて手を振ってくれる方もいました。

イメージ 11


イメージ 12

イメージ 13

秋は山の斜面でも影の部分は沈下となっており、ただ行ったり来たりするだけでは上がりませんでした。うまく日向の部分を選んで上げ切ってから前に出ると距離を稼げました。今回は乗鞍に入る前に西風と北風の両方がぶつかる尾根で上げ切って前に出られたことが長距離飛行につながりました。

(佐)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事