ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2
今日は曇り一時雨と覚悟していたので、とりあえずデュオとASK23を準備。機体組み終わり頃から早くもポツポツと来ましたが、耐空検査を控えたブラニクの計測をまず実施。並行して何とか1人1発づつでも廻そうと準備を急いで、09:30前にはフライトを開始しました。

イメージ 3
最初のテストフライトは鈴木理恵さんと学年同期の同志社航空部OBの井上翔太さん。何でも同志社のASW28には18mスパンでも何度か乗っているそうで、2年ぶりのフライトですぐに感覚も戻って来たそうです。佐々木教官とのフライト後に早速入会手続きをしてもらい、その後Duoで3発搭乗でした。

イメージ 4
続いては先月入会された佐々木教官の先輩の舩曳さん。既に教育証明もお持ちの現役教官です。私と一緒にDuoで飛んでもらい即OK。続いてASK23で2発飛んでもらいました。ASK23は7年ぶりの搭乗だったそうですが、操舵が軽くて良かったそうです。機体整備の良さですかね。

イメージ 5
更には、鈴木さんも2年ぶりのASK23で岡崎初単座。全部で3発の固め飛びでした。

イメージ 6
そして宮澤さんも今月17日の結婚前、独身最後のフライト2発でした。

イメージ 7
また、午前中にトマーシュさんの職場の関係で、岡崎市で各種のカルチャーセンターを主催している『暮らしの学校』で企画をされている中島さんという方がいらっしゃいました。参加者も中年のご婦人が多い中、教室の若返りの一環でグライダー見学会を催したいとのことでした。あわよくば体験搭乗も少しは出来ないかと相談に来られました。クラブとしては前向きに進めたいと思いますが、先ずは幹事の方々や中航連本部とも相談していきます。フライトが一巡したところでDuoにお乗せすることが出来、感激されていました。

イメージ 8
結局終日本降りにはならず、バッタ飛びの35連発でしたが、練習生は全員3発、その他の人も1〜2発と、穏やかな中でも成果の多い一日でした。しかし、ブラニク整備の畑野さんと竹内さんはノーフライト。来週は重量計測して17日の耐空検査を迎える準備が出来るそうです。ご苦労様でした。

(中)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事