ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全46ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

梅雨の晴れ間に

イメージ 1

とうとう梅雨の季節を迎え、台風までも近づいて、日曜日はフライトや整備に集合できないかもという事で、機体整備部・機材部から土曜のうちに出来る事をやりましょうと提案があり、各種作業にメンバー10名が集合しました。

イメージ 2

静岡支部からお借りしていたASW28を来返却するので、機体の清掃・ワックス掛けの作業を竹腰さん、畑野さん、坂田さん、中村会長、高井さん。

イメージ 3

トレーラーの清掃を高井さん、堀田さん。

イメージ 4

ウインチ台車のブレーキ整備を山口さん、畑野さん。

イメージ 5

ウインチ車庫の修繕・片付けを神戸さん、鈴木さん、堀田さん

イメージ 6

イメージ 7

格納庫周辺と堤防の草刈りを山口さん、堀田さん。

イメージ 8

滑走路の草刈を私(ナベ)。

イメージ 9

イメージ 10

とそれぞれができる分野に分かれて効率良く作業して、お昼頃には一通りの作業も終えて一旦解散。午後からも引き続き作業を継続された方も見えました。皆様お疲れ様でした。

(中・渡)
イメージ 1

天候や遠征で岡崎滑空場では実に三週間振りのフライトになりました。放っておいた滑走路は草が伸び放題になっていたので、中村会長と井上さんが草刈トラクターで出動。運航に影響の無いよう整えてくれました。

イメージ 2

午後から海風が入るとの予報でしたが、フライト開始間もない午前中に南から風が吹くようになり、滑走路の向きを交換。風の変わり目で上昇気流が生まれ始めていたようで、全機空の上でしたから交換作業もスムーズに行えました。

イメージ 3

イメージ 4

午後になっても暫くはフライトの好条件が続いたようで、W28やデュオ・ディスカスを駆るライセンシーは梅雨入り前のフライト日和の空を楽しまれた模様。練習生も人数が多いので最長30分ルールがある中ではありますが複数回フライトして、それぞれの課題をこなす事ができたようです。

イメージ 5

イメージ 6

そして今日は岡崎飛行クラブに新しい仲間が加わりました!坂田さんと鈴木さんのお二人です。

イメージ 7

イメージ 8

お二人とも学生時代に航空部に所属されて、ライセンスは既にお持ち。「Ready!」のサムアップもビシッときめて、早速フライトを楽しまれていました。これからどうぞ宜しくお願いしますっ!!

イメージ 9

また、入会を検討されている森田さんが体験搭乗されました。グライダーでの初フライトですが、楽しんでもらえたそうで良かったです。ご入会、是非お待ちしていますよ〜〜〜!!

イメージ 10

今日は他にも滑空場には見学の方がたくさん来ていただき、ピスト周辺も賑やかに。こうして多くの方にグライダーと岡崎飛行クラブの事を知っていただけると嬉しいですね。このブログをご覧の皆様も、是非滑空場に遊びに来てくださいね。お待ちしております。

イメージ 11

フライト以外にも、神戸棟梁と一の弟子堀田さんが車庫の修繕作業を進めてくださり、備品を置く棚の作成もいよいよ大詰め。見事な出来ばえに一同感動の声があがっています。

イメージ 12

23名と大人数の活動でしたが、活動時限の17:30まで存分に遊ぶ一日を過ごす事ができました。雨の季節が近づいていますが、負けずにアクティブに行きましょう!

【オマケ】

イメージ 13

動く時はビシッと動き、休む時はしっかり休む。メリハリが大事(???)

(渡)
イメージ 1

一夜明けた日曜日。今日は競技飛行ができることを期待しつつ準備を進める各チームですが、空はどんよりと曇り空。気象予報を見ると時間が経つにつれて晴天になりそうだということで、慣熟飛行から開始となりました。岡崎チームは初参加の松村さんと私(ナベ)が慣熟飛行。偵察に上がってみるとポツポツと上昇気流が生まれつつあるようで、いよいよ競技スタート、プレイボール!!ドンッ!!!(号砲)

イメージ 2

イメージ 3

岡崎チームの若尾さん、そして今回は岐阜チームからエントリーとなった金城さんを皮切りに制限時間内の早上がり競技が始まりましたが、残念ながら第1巡目は4チーム全て高度獲得とはなりませんでした。

イメージ 4

青空が見えてくるようになる頃、2巡目の飛行開始に。岡崎チームは昨年の覇者、渡邊(隆)さんが搭乗。見事上昇気流を捕らえて高度を獲得。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

これを皮切りに続く前谷さん、竹腰さん、高井さんも揃って滞空に成功。岡崎チームはなかなかの健闘。特に高井さんは暫定首位の結果となりました。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

ですが、ホームの利を生かしたヤマハと静岡支部、上昇性能を上げるべくオプションパーツで主翼幅を変更してきた岐阜支部も負けじと風を捕らえて上昇。緊迫した鍔迫り合いが続き、地上で見守る一同にも熱を感じます(?)

イメージ 11

イメージ 12

当初選抜された20名のフライトが終了しましたが、まだまだ飛べる時間があるので第2ラウンドを行うという事になりまして、各チーム新たな選手が選抜されました。岡崎チームは「絶対勝つぞ!!」という石川監督の強い意思により、クラブの主任教官、稼さんを出撃させるという大胆な作戦に。指名された稼教官、「同乗教育で慣れてるから」と後席で操縦してあっさりと記録更新。ぶっちぎりの高得点をマーク。岡崎チーム一気に有利な展開になりました。

イメージ 13

石川監督、続いて佐々木教官までも投入しようとしていたようですが、さすがにソレはえげつないと思ったか、殿に私、不肖渡邊(直)を指名。直前に飛んだ稼教官から上昇気流の発生ポイントを聞き、デュオの足の長さに期待してフライト開始。始めはヨタヨタフラフラとぎこちないながらも2,000フィートあたりからは安定した気流に乗って、初めて自力で3,000フィート到達。ポイント獲得となりました!昨秋プハッチで練習しておいて本当に良かった・・・。

イメージ 14

イメージ 15

15:30頃には競技も終了。選手として飛ばなかった方のジョイフライトも終えて、結果発表と表彰式。岡崎チームは団体部門優勝、優勝:稼教官、準優勝:渡邊(直)、3位:高井さんと個人の部も総獲りの完全制覇となりました!ばんざ〜〜〜〜いっ!!

イメージ 16

一日目の風、二日目も早朝の曇天と心配をしましたけれど、しっかりとグライダー競技を行う事ができて本当に良かったです。結果は岡崎チーム連覇でも、競技中は一体誰が勝つだろうとスポーツ大会に参加しているときの緊張感と高揚感を充分に味わえることもできました。そして、YSCさんや岐阜。静岡の両支部の皆さんと親睦を深めることができ、本当に楽しい二日間を過ごせました。準備から運営をされた静岡支部を始め、競技委員、中航連本部の皆様、ありがとうございました。お疲れ様です。

イメージ 17

また来年も浜北滑空場で一緒に飛べることができるよう、各ホームの空で安全に楽しく練習を重ねていきましょう。

(渡)
イメージ 1

今年も静岡県は浜北滑空場でヤマハソアリングクラブさんと中部日本航空連盟三支部でのグライダー競技会が開催されて、我々岡崎飛行クラブも中航連愛知支部として精鋭チームを編成、クラブのフラッグシップ、デュオ・ディスカスで参戦して来ました。

イメージ 2

静岡支部の国吉選手の選手宣誓で大会も幕開け。強い日差しの下さあ!飛ぶぞ!!!と意気込みましたが・・・強風によりフライト不可。開会式のみとなり、急遽浜松観光となりました。

イメージ 3

イメージ 4

我々岡崎チームはまず腹ごしらえが肝要と、静岡県民の皆さんが愛してやまないハンバーグレストラン『さわやか』さんでランチ。相変わらずの激混みでしたけれど、待った甲斐があって美味しくいただけ大満足でございました。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

その後は浜松基地広報館を見学に行ったのですが、なんと翌日の静浜基地航空際の為に飛来していたブルーインパルスの離着陸を間近で見られるという特典付き。来て良かった♪

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

夕方には宿に入り、ひと風呂浴びてさっぱりしたら、お楽しみの懇親会。観光モードになっていたおかげか、皆で和気藹々と楽しむ事ができました。やがて宴も酣となり、更に二次会に出撃して行く勇者もいたようですが、翌日から始まるであろう激闘に備えてゆっくりと休んだのでありました。(続くっ)

(渡)

雨の日は作業の日

イメージ 1

イメージ 2

朝から雨模様のお天気でしたが、来週開催の浜北滑空場でのグライダー三支部競技会の準備やウインチ格納庫の棚づくり等、作業もあるということで10名足らずが集まりました。

イメージ 3

イメージ 4

棚の製作は、神戸棟梁の指揮のもと、山口さん、堀田さん、春木さんの4名で着々と進行中。堀田さんの腰の構えが堂に入っています。

イメージ 5

畑野さんは、GWに行かれた2等航空整備士の板倉研修で出された課題の製作に励んでおられました。お盆休みには受験だそうです。

また写真はないですが、井上さんが朝早くから雨が降り出しても、滑走路の草刈りに精を出されていました。風邪ひかないようにね。

(中)

全46ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事