ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索
イメージ 1

イメージ 2

前日の雨や渋〜いフライト条件とはうって変わって好天に恵まれた連続フライトの2日目。夏の空を楽しみたい、いやそれ以上に恒例のBBQっ!!とばかりに前日の倍、25名近くが集まりまして、グライダーも複座を2機、単座を1機の3機体制用意。フライトとBBQの準備班とに分かれて活動スタートになりました。

イメージ 3

イメージ 4

昨日の雨が埃を洗い流してくれたのか、地上からは勿論、上空から見る空や景色は澄んでいて綺麗の一言。雲が多くて北の山々を望む事は叶いませんでしたが、南に夏日を反射して輝く海や、地元岡崎の街並みを楽しめるフライトになりました。その後もフライトの好条件が続いたので、いつもなら早めに撤収してBBQに突入のはずが、しっかり16:00過ぎまで飛んで大満足となりました。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

その後はお待ちかねのBBQ!「今日はフライトよりもこっち!!」というメンバーも多く、今年も川原宴会部長やジンギスカン職人前谷さんが用意してくれた食材とビールを前に一同「かんぱ〜〜〜いっ!!」

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

楽しい宴は夜遅くまで続き、明日の連続フライト最終日も頑張ろうねと思いつつ、お開きになったのでした〜。

(渡)
イメージ 2

イメージ 1

夏休み恒例の3連続フライト初日、参加者は結局10名。機体組立時点で練習生は前谷さん一人ということで、デュオ単機でのフライトとなりました。

イメージ 3

午前中に雨の予報があったのですが、その雲が来る頃までに竹腰さんが雲底2,000ftまで上がって40分の滞空。その間に曳航索の点検と一号ウインチの索入れ替えを進めましたが、雲を下から突ついたためか、雨が降り出してしまいしばらく待機。

イメージ 4

その後は条件も渋くて、30分超えの滞空は2発に終わりました。
明日は夕方からBBQなので多くの参加を期待しています。

(中)
イメージ 1

岡崎の夜空を彩った花火大会から一夜明けた今日。迫る台風の影響で湿った海風が吹き込むは、日差しもいよいよ強くなっているはと、やっとこさ夏本番の様相でフライト開始となりました。

イメージ 2

いつものフライトに加えて、年に1回の無線機の検査を行う事もあり、グライダーも4機を組んで検査飛行から優先に。岡崎滑空場の管制からセントレアまで必要各所との交信もしっかり出来、検査は無事合格となりました。準備から検査飛行まで中心になった整備部の畑野さん、お疲れ様でした。

イメージ 3

一方、格納庫では、機体運搬用トレーラーの整備を黙々と続ける竹腰さんの姿。今日も整備部のお二人が大活躍の一日となったようです。

イメージ 4

イメージ 5

さて、フライトの方ですが、地上から見上げると風に沿って雲の列が見つけられ、上昇気流があるのを期待させてくれます。近くにある下降気流を避けつつ滞空すれば、長い時間飛んでいる事もできますし、練習生は課目飛行の練習をみっちりできるチャンスも設けられています。

イメージ 6

また、初ソロ以降も練習に積極的に参加している若尾さんは、稼教官のチェックの後、3回目のソロに。着実にステップアップしています。

イメージ 7

前日の花火大会のためか、品薄状態の中なんとか見つけたアイスで休憩をはさみつつ、心配していた夕立も無く、活動時限めいいっぱいフライトして全25発。最長の1時間12分を記録した古谷さんですが、活動終盤の西日が射す中でのマークと夏らしさ全開のフライトだったようです。(飛んでいる写真を撮り損ねたので、古谷さんのお土産の写真で・・・)

【連絡】
次週は恒例の夏季連続フライトを8月12〜14日の三日間で実施します。13日の夜にはお待ちかねのBBQもやりますよ〜。
クラブ員の皆さん、多数参加をお待ちしていますっ!!

(渡)

真夏はまだかっ!?

イメージ 1

「梅雨明けしましたよね・・・?」と思わず訊いてしまいそうな空模様が続いています。今日のフライトも夏本番の空とはいかず、終日雲に覆われた中となりました。

イメージ 2

今日は通常のフライトに優先して、単座機ディスカスの耐空検査飛行を実施。格納庫で組立て前の最終確認に余念の無い畑野さんの姿。

イメージ 3

そしてフライトはずっと整備にかかりきりだった竹腰さんの操縦で実施。

イメージ 4

イメージ 5

検査員の子安さん、整備士の師匠坂田さんと竹内さんに見守られながら、検査飛行へ。各部正常に作動して、検査は無事合格!整備部の皆さん、お疲れ様でした。次回以降もグライダー全機の無線検査、デュオ・ディスカスの耐空検査と竹腰さん畑野さん中心に忙しい日々が続きます。クラブ全員で作業が進むように力を出し合いましょう。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

その後は通常のフライト体制になりましたが、相変わらず灰色の空。それでも諦めずに探せば上昇気流をつかむチャンスはあったようで、1時間近く楽しめたフライトを始め、30分以上滞空が出来るまずまずのコンディション。ただ、私(ナベ)のブラニクを皮切りに、3機が相次いで着陸をしたので、地上のメンバーが大忙しになってしまった一こまもありました。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

また今日は子安さんの他にも岐阜支部のメンバーが参加してくださったり、坂田さんのお勤め先の方がゲストフライトをされたりと、曇り空の下でもなんだかんだと賑やかに楽しめた一日となりました。

(渡)
梅雨が明けたにしては曇り空の岡崎ですが、今日はディスカスの耐空検査前の計測をやるということで、早朝から竹腰さん、畑野さん、それに帰国された坂田さんを中心に作業が進みました。

並行してグライダーを載せるトレーラを車検に出すということで、若尾さんが牽引用に新たにエスティマにヒッチを付けて来られましたが、ハイブリッドのためか、リヤランプがLEDのためか、なんと電圧が30Vも出ていることが判明し、急遽私のパジェロで若尾さん・山口さんが業者に搬入し、事なきを得ました。これで、来週は予定通り耐空検査を実施の予定です。

イメージ 1

フライトの方は、朝から南風ということで北側ピストにブラニクとLS6を運んで開始しました。薄雲の下には積雲も流れてくるのですが、夏らしい上昇気流には程遠く、2000ft程度に上がれば良い方でした。

イメージ 2

乙川には2週間後の花火大会用の桟敷が組み上がっているようです。
午後には雨雲接近を示すレーダ画像を見て15:00過ぎには撤収。坂田さんと山口さんはフライト無しで帰られました。お疲れ様です。

イメージ 3

そんな中、今日のお目出度は渡邊(隆)さんのセカンドソロ。15分程度の滞空付きで指定地着陸も決めて、見事B章ゲットされました。

イメージ 4

そして、今日から中学生の福田くんが入会され、早速完熟飛行を2発飛んでいます。東レの工場の西側になる岡崎市西本郷町にお住まいで、矢作中学3年生だそうです。皆さん宜しくお願いします。

イメージ 5

最後に私の方から自作の新しいテイルカバーをご披露しました。現在耐空検査整備中のディスカス用ですが、続いてLS6用も製作します。

(中)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事