ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索
イメージ 1

イメージ 2
先週末から大陸から日本列島へ下がってきた寒気に覆われ、北西から強く吹きつける季節風も朝から限界近かったものの、何とか終日フライト出来ました。飛び道具は複座のブラニクとDuo、単座のLS6の3機。最初は深い沈下帯ばかりだった空も日射のお陰で徐々に上昇気流が発生。昼頃からは30分前後のフライトが続く様になりました。

イメージ 3
今日は中航連の小倉元事務長さんの紹介で、中日本航空専門学校の先生がグライダーの整備を見学に来られました。丁度耐空検査前に整備中のASK23をご覧になった後、グライダーは初めてということで、ご希望がありブラニクに体験搭乗して頂きました。土岐市にお住いということで、地元名物の竹の皮羊羹を差し入れて頂き、フライト後に皆で賞味しました。ご馳走様でした。フライトは随分気に入って頂いたご様子で入会を奥様と相談されるそうですので、是非お越しいただければと思います。(残念ながら写真は撮り忘れました)

イメージ 4
また、今日は先週に引き続いて私の母校の後輩、椴山さんが小6のお子様連れで来られ、最終フライトにDuoで飛んでもらいました。16:00近くでしたがまだ上昇気流も残っていて少しは楽しんでもらえたかと思います。豊田市にお住まいで教育証明をお持ちですが、今後徐々に復活に向けて環境づくりをして、グライダーを再開したいとおっしゃていますので、気長にお待ちしたいと思います。

イメージ 5

イメージ 6
ASK23の方は、諸元計測も終了し来週最後の仕上げをして今年最終日に耐空検査の予定です。機体整備にかかりっきりの皆さんも今日は一発は飛んでもらえたようで、よかったよかった。一方機材部長の山口さんは1号ウインチの左側車軸のカップリングを整備。今日はフライト無しで来週も続くそうです。いつもいつも大変ですが、来週は飛んでくださいね。

(中)
イメージ 1
自家用操縦士実地試験も終了して、年内の大きなイベントが全て済んだ岡崎滑空場。ここしばらく続いていた緊張状態もおさまり、師走とは思えない今日の天気のように穏やかな雰囲気になっています。それでもフライトするにはメリハリが大事なので、安全運航に関る部分には気を抜かずにフライト開始です。

イメージ 2
フライト開始早々に空を雲が覆ってしまったせいか、日射もあまり届かないので上昇気流も発生せず。離陸したグライダーも10分を超える事も無くバッタ飛びがずっと続く状態。

イメージ 3
そんな穏やかな時は練習生の単独飛行にはピッタリの条件なので、堀田さん若尾さん達、ソロ技量のある練習生は教官のチェックを受けると、ソロフライトを実施。経験値をしっかり上げておりました。

イメージ 4
ライセンスを持つパイロットも2年に1度の操縦技能審査を受けるには絶好の機会。中村会長を審査員に口述と実技の審査を受けた鈴木さん。無事合格となったようで、また機長としてフライトできるようになりました。

イメージ 5

イメージ 6
一方格納庫では機体整備部を中心に、ASK23Bの定期整備がスタート。今回は少々手の込んだ作業となったので、手の空いたクラブ員も入れ替わりでお手伝い。順調に進められたようです。

イメージ 7

イメージ 8
そして今日はクラブ員以外にもゲストの方が滑空場に。中村会長の後輩の岸さんがご夫婦でお越しになられ、それぞれ体験搭乗。お二人共ライセンスをお持ちですし、ご主人は教育証明をお持ちなのでフライトもバッチリ楽しんでいただけたご様子。またぜひ来て頂けたら嬉しいです。

イメージ 9
さて、今年もあと一カ月で終わり。年が明ければ飛行クラブも新シーズンのスタート。もうそろそろ鬼が笑う事もないでしょうからと、新体制に向けて新たな役割を持つ事になったメンバーが何名か選ばれました。私(ナベ)も離陸用のウインチオペレーター就任を仰せつかりまして、チーフウインチマンの山口さんに講習を受ける事に。今日はとりあえずシートに座っただけになってしまいましたが、大事な役割なので、操作をしっかり覚えてフライトを円滑回せるようにしたいです。その他の担当に選ばれた皆さん、頑張りましょうね〜〜!!

(渡)
イメージ 1
週の真ん中水曜日ですが、自家用操縦士技能証明取得のための実地試験を行うので、臨時で活動。受験生を含めた25名と多くのクラブ員が平日にも関わらず集まってくれました。

イメージ 2
今回受験をする前谷さんと私、不肖渡邊、試験開始の直前まで口述試験で問われる問題を再確認したり、気象状態の確認、搭乗するグライダーの点検に立会いなど早くも緊張気味。指導教官の稼さんから最後のアドバイスを頂いて、いよいよ試験スタート!

口述試験はこの一年間学習してきた内容が殆どですが、一番手の私は、やはり緊張と勉強不足で頭から煙が出そうでしたが、なんとか最後まで行えて50分程で終了。続く前谷さんは流石の出来だったようで、回答内容も充分。30分程という驚異的な時間でクリアとなりました。

続いて雨が心配されたので、休憩無しで正午頃から実技試験開始。何度も何度も練習してきた課目飛行を実施。日曜日の練習で出来た(自称)スムーズなフライトとまではいきませんでしたが、二人とも大きな失敗も無く終える事が出来ました。

※試験中は撮影NGなので、写真ありません〜♪

イメージ 3
全ての行程を終えて試験官から講評を頂いて、判定は・・・・・二人とも合格!!やったーーーー!!と喜びを爆発させたというよりホッ・・・としたというのが正直な気持ち。これまでの練習や勉強が実を結ぶ形になって本当に良かったです。指導教官を務めてくださった稼さんを始め、中村教官、佐々木教官。そして今日の支援を含めていつもサポートしてくださったクラブの皆さん、本当にありがとうございました。

イメージ 4

イメージ 5
さて、執念で悪天候の予報をひっくり返した私達が試験で激闘している間、集まっていたメンバーは望外の好天の中フライトを楽しんだ模様。試験結果もあいまって、週の中日に存分に遊んだ一日となったようです。

イメージ 6

イメージ 7
その夜、帰宅したそれぞれの受験生。前谷さんはキンキンに冷えたビール、私は天ぷら釜揚げうどんで合格祝い。さあ、また気持ちを入れなおして、グライダー道を楽しむぞ!!

(渡)
イメージ 1
早朝、車の温度計はなんと2℃!滑空場に来てみると滑走路脇の矢作川からは川霧が立ち込めて幻想的な雰囲気でした。ですが機体を組んでフライト開始となった10:00頃になるとすっかり暖かくなり、少し吹いて来る風が心地よい外遊び日和となりました。

イメージ 2
今日は20名以上が集まった事もあり、全5機を出してフライト開始。一番機は岐阜支部から参加してくださった飯田教官と佐々木教官ペア。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 7
その後単座複座双方日差しの割りにはなかなか滞空できず。わずかなチャンスを掴んで上昇気流に乗ったグライダーも、逆転層の寒気に蓋をされたので、高度も2,000フィートそこそことなっておりました。

イメージ 5

イメージ 6
さて、そんな穏やかな天気の滑空場ですが、ここに心中穏やかでないヤツが二名。次週28日に自家用操縦士の実地試験本番を迎えた前谷さんと私(ナベ)の受験生は最後の練習日とあって、いつも以上に集中。飛んでいる時は試験課目を確実にこなせるようにひとつひとつを念入りに操作するのは勿論、飛んでいない時も手順や飛行経路と高度の情報交換を密に。これまで一年近く稼教官を中心に多くの方からご指導頂き、励んできた成果をなんとか出せるよう当日は頑張りたいと思います。

イメージ 8

イメージ 9
勿論受験生以外のメンバーもそれぞれのフライトを楽しんで一日を終えましたが、最終便で宮澤さんが上級単座機ディスカスにステップアップを果たしました。おめでとうございます〜〜〜!!

イメージ 10
また今日は見学の方が二組。学生時代に関東でフライトされていた朝比奈さんが体験搭乗。初めて岡崎の空をフライトされました。お住まいは関東のままなので、入会は少し難しいようですが、また是非遊びに来てください。

イメージ 11
そして、入会を検討されている阪井さんもブラニクでフライト。エンジンが無く風切り音だけのグライダーでのフライトがとても新鮮だったようです。とても好感触のフライトだったそうなので、空の仲間になれるのを楽しみにしていますね。

【オマケ】

イメージ 12
全機出したは良かったけど、搭乗者がおらずポッツ〜〜〜ンと置かれたまんまになってしまったASK23B。来週こそはと思ったら、定期整備になってしまうのでありました・・・。

(渡)
イメージ 1

イメージ 2
穏やかな秋の一日。今日は久しぶりの一人教官でしたが参加人数も13名と少なく、練習生も4名だけだったので、ブラニクとLS6、ディスカスの3機を用意しました。それでもてきぱきと準備出来たお陰で、最初のテストフライトは9時半過ぎと最近では早いスタート。お昼ごろまでは晴れてはいるものの沈下帯の方が多くてバッタ飛びで練習生は2発廻り。

イメージ 3
その後はしばらく単座2機で滞空をトライ。石川さん、高井さん、竹内さん、坂田さんが30分前後のフライトでした。無線検査が終わっていなかったディスカスも畑野さんが2度目のフライトで無事セントレアとのコンタクトに成功して、これで全機終了しました。

イメージ 4

イメージ 5
そしてきれいに化粧直ししたLS6にまだ一度も乗っていなかった竹腰さんも今日は2発。私も練習生に3発目を廻しながら、その合間にLS6に乗させてもらいました。ログを調べたら何と2年半前の耐空検査以来となりましたが、夕方の弱いサーマルでしばらくゼロ粘りを楽しみめした。

来週には日曜日のフライト後、水曜日には自家用実地試験があります。受験生お二人は頑張っていますので、皆さん応援参加願います。そして12月に入るとASK23の耐空検査前整備に入りますので、整備作業の応援にクラブ員の皆さんもよろしく。

(中)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事