ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索
イメージ 2

GW中の春の飛騨合宿中盤戦に出かけてきました。

イメージ 1

30日は朝から乗鞍岳がくっきりと顔を出して期待されましたが、昼前頃から上空に雲が入りだして風も弱まり、条件は萎んできてしまいました。この日の岡崎組は佐々木教官と竹腰さん見鳥さんが前日からの居残り。今日から参加の私を含めて4名と寂しい状況でしたが、デュオと借用中のW28を組立。機材部山口さんがしっかり整備してくれたバギーも機体牽引に活躍していました。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

この日は朝から乗鞍だけでなく、北アルプス全貌がしっかりと見える視程の良さですが、天井は低そうとの予報でした。それでも午前の内に今回初参加の見鳥さんを機長にデュオで出発しました。南風を受けてエパーク北側の峰で強いサーマルにヒット。東進して輝山で8,000ftまで上げて乗鞍西斜面に向かいましたが、風が弱くて斜面風もなく、南回りですごすごと帰投しました。それでも昨日は20分のフライトだった見鳥さんに乗鞍を間近で見てもらうことができました。

残念ながらこの日は午後になると上空全面高層雲に覆われて、風も弱まり条件は萎んでしまったようです。竹腰さんが私とデュオで、佐々木さんはW28で飛びましたが余り成果は出ませんでした。

(中)

グライダー体験飛行会

イメージ 1

二年連続で雨による延期となってしまいましたけれど、好天・・・過ぎるまるで初夏を思わせるような中、今年も春の恒例イベント、グライダー体験飛行会を開催しました。

イメージ 2

イメージ 3

毎年本当たくさんのご応募を頂いた中から当選された岡崎市民の方、岡崎市や体育協会からのご来賓の方、合わせて20名が複座グライダーに乗ってフライトを体験して頂きました。

イメージ 4

イメージ 5

空に上がると北の山々や南の海は残念ながら春霞の向こうとなってしまったようですが、それでも日差しを受けて鮮やかな新緑に覆われた岡崎城を上空から見物したり、ご自身がお住まいの町を鳥の目線で眺めてみたりと、日常では味わえない体験をしていただいて、「すごくいい景色だった!」とか「飛んでる感覚が楽しい〜〜!」とゲストの皆様の笑顔を見られて本当に良かったです。中にはグライダーでのフライトやクラブの活動に興味を持って頂けて、「やってみようかな」と話してくださる方も。空の仲間が増えたら本当に嬉しいです。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

中日新聞社さんや地元ケーブルテレビのミクスさんの取材も入り、フライトされた方もインタビュー等の取材を受けてみえました。テレビや新聞で更に多くの方に飛行クラブの活動やグライダーを知っていただけたらいいなと思います。

イメージ 9

お越しいただいたゲストの方の他にもフライトを見に来て下さった方もみえ、いつもより賑やかな雰囲気の中、体験飛行会は無事に終える事ができました。地元地域にお住まいの方々を始め岡崎市民の皆様にクラブの活動を知って頂く機会を設けられた事を改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。来年以降も飛行会を開催できるよう、何より安全運航を徹底して活動して参りますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

【オマケ】

イメージ 10

イメージ 11

今が見ごろの岡崎五万石藤。来年もこの陽気の中開催なら『藤まつり協賛』かな・・・。

(渡)
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

今日もデュオの接着面硬化作業が続くということで、整備士を中心に数名が朝から集合。とはいっても午後の3時過ぎまで暖めながら監視するだけだそうで、お守りの竹内さんは合間にプラモデルの製作モードでした。

昨日ウインチ格納庫に打ったコンクリートは、今朝はもうカチカチに固まっていましたね。これから復旧作業が続きます。

昨日入会された春木さんが熱心に今朝も顔を出されましたので、時間のあるこの機会にと貯まっている中航連本部会報を新入会員にそのまま手渡しできるように、全部セットし直して、一組お渡ししました。来週は是非初飛行しましょう。

来週はいよいよ市民体験飛行会、さらに翌週からの飛騨遠征の準備と忙しい日々が続きます。例年通り7時集合ですので、皆さんよろしくご参集ください。

(中)

寒太郎 is Back !!

イメージ 1

北風小僧の寒太郎が忘れ物でも取りに戻ってきたのか先週までとは一転、岡崎滑空場も冷え込んだ朝を迎えました。

イメージ 2

「寒い寒い」を繰り返しながらのフライトになりましたが、寒気が入ってくると大気も大きく動くので、上昇気流もしっかりと発生。久しぶりのフライトになった田中さんも中村会長とのペアでさっそく滞空を楽しまれていました。

イメージ 3

一方、強い上昇気流があるというコトは強い下降気流もあるというコトで、それに捕まってしまうと一気に高度を下げられてしまいます。滞空の練習や実地試験の課目練習に勇んで出発した練習生は、風を読みきれずにあえなく撃沈。隆夫さんと私(直人)のW渡邊が本日ワーストタイの4分と相成りました(涙)

イメージ 4

イメージ 5

ライセンシーの単座機は本日もASW28が大活躍。飛んだときはほぼ全てが滞空となったようで、畑野さんが1時間半近く空中散歩。春霞の向こうの蒲郡の海を愛でていました。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

また今日は事前に申し込みを頂いた2名体験搭乗をされ、デュオ・ディスカスとブラニクでそれぞれフライト。グライダーでのフライトに一層興味を持って頂けたようです。是非入会して一緒に飛びましょう!

イメージ 9

ウインチの整備作業等の都合で、少し早めの16:00頃でフライトを切り上げとなりましたが、全21発中9発が30分以上の滞空となかなか好成績な一日。気まぐれな寒太郎のお陰で飛行時間の当たり外れの差が大きい一日となりましたが、楽しむ事ができました。

【連絡事項】
今週14日(土)に車庫の修繕作業とグライダーの整備を実施します。8:00より開始となります。また、15日(日)は体験飛行会を実施の予定です。ゲストをお迎えする大切なイベントなので、14日の作業と合わせて、多くのクラブ員の出席を宜しくお願いします。

(渡)

春風に乗って桜を満喫

イメージ 1

例年より早めに桜も咲いて、滑走路にもタンポポが顔を見せるなど、すっかり春真っ盛りの岡崎滑空場。今日は21名の大人数が集合。岡崎公園の桜もまさに今が見頃なので、「安全飛行を保ちながら、お花見フライトを楽しみましょう」と主任教官の稼さんからのブリーフィングでフライト開始となりました。

イメージ 2

イメージ 3

いざ空に上がってみると春の陽気と海からの風が上昇気流を生んでくれたようで、そこかしこで滞空できるポイントが。出発前は「滞空よりも受験に向けた課目練習をっ(キリッ)」などと格好付けてみましたが、やはり出てしまうグライダー乗りの性(サガ)。せっかくの上昇気流に耐え切れず〜に滞空開始。岡崎市上空からお花見フライトとしゃれ込みました。

イメージ 4

イメージ 5

桜に囲まれた岡崎城の真下を流れる乙川には小船が何艘も。お舟遊びで花見を楽しんでいらっしゃるようで、なかなか雅な光景。こうやって陸海(川)空全ての場所から桜を楽しめる岡崎市という場所、住んでて良かったと思える瞬間です。

イメージ 6

イメージ 10

もちろん私以外のメンバーも空からのお花見を存分に楽しんだようで、静岡支部からお借りしているASW28も大活躍。塚本さんの操縦で1時間以上のフライトの他、ベテラン勢がその高性能さを堪能されたようです。

イメージ 7

14:00を廻ったあたりから薄雲が広がり始め、先ほどまでの好条件は無くなってしまいましたけれど、練習生を中心に飛行は継続。最終時限の17:00近くまでの活動で全28発とまずまずの一日でした。

イメージ 8

イメージ 9

また格納庫脇の車庫では神戸棟梁のもと手の空いているメンバーで作業も建屋の修繕工事がいよいよ本格化。これから先のクラブ活動には欠かせない施設なので、皆で協力し合って作業を進めましょう〜

(渡)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事