ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

「あつ・・・」
誰しもがこの言葉を口にせずにはいられない今日の岡崎滑空場。14名が集まりましたが、まだまだ暑さに体が慣れていません。熱中症には気を付けて、水分塩分の補給もぬかりなくフライト開始!練習生が多数という事で複座機はブラニク、単座機はLS6での運航となりました。(ASK23も組みましたが、乗り手がおらずオブジェと化しておりました・・・)

イメージ 2

今日一番のニュースは、先日帰国された坂田さんに続いて、竹内さんも米国でのお仕事を終えて帰国。かの地では陸上単発(所謂セスナ)のライセンスを取得されたそうですが、グライダーで飛ぶのは久々との事。早速佐々木教官と一緒にフライトされて、ブラニクの素直な操縦性に「いいわ〜」と大満足のようでした。

イメージ 3

テキサス州と比べると日本の暑さはやはり湿気が多い分過ごすのがシンドイとは竹内さんのコメントでしたが、そんな暑さにダレまくるオッサン軍団とは違い、体を動かす前には念入りにストレッチをしている金城さん。少しは彼女を見習わなくてはいけません。・・・でもこの写真はテントの日陰から撮っておりますが・・・。

イメージ 4

さて、肝心のフライトですが、上空はなかなかの気流が発生していて、滞空できた人のわずか数分後に離陸した人はバッタ飛びで早々に着陸と差の大きな結果に。練習生のフライトも滞空はできても風に姿勢を乱されないように操縦をするのに意識を集中させます。特に離着陸はなかなかの難しさ。今日の訓練はかなり経験値を高める事ができたと思います。

イメージ 5

フライトに平行して格納庫では単座機ディスカスの定期整備。再来週の耐空検査に備えて、整備部の竹腰さん畑野さんを中心に作業が進みます。

イメージ 6

手の空いているクラブ員も胴体・翼のワックス掛けやキャノピーの清掃を手伝います。ライセンスを取得したら、乗る事になる将来の愛機、手入れも今から念入りに。

また今日は滑空場にお客様も見えました。岡崎市にあるショップやグルメ、イベント情報をブログで紹介している『岡崎にゅーす』さんが取材に来てくださいました。フライトの様子を詳細に記録したり、クラブ員にインタビューしたりと、暑いなか熱く取材活動をしていただけました。カメラマンの方には体験搭乗もしていただきまして、岡崎市を初めて空から見て眺めの良さにとても喜んでいただけました。どんな記事になるのか楽しみですね。お越し頂き、本当にありがとうございました。

夕方頃には名古屋の方で雨が降っているのをレーダーや上空からの目視で確認。雨雲の接近に警戒しながらも、17:00頃までしっかりとフライトする事ができ、迫る夏本番に備える始める事が出来た一日となりました。

(渡)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事