最近、のんびりしています?それが疑問だ

見た作品を覚書程度って書いていったら大変な事になっちゃったよ的なブログ

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

『鉄腕バーディーEVOLUTION』6巻。

病院で暴れる中杉小夜香の記憶をもつロボットを止める為に病院にやってきたつとむは、クリステラ・レビがとの邂逅するのだった。だが、人目があり過ぎ、バーディーに入れ替わる事が出来なかったつとむは、そのまま成り行きを見守るのだった。
さやかは調整槽に入っている中杉小夜香を殺そうと迫る。さやかは小夜香の良心の呵責さえ自らのものにし、自分の手で全てに決着を付けようとするのだった。それを止めようとするつとむ…その時レビの命を受け…サラマンデルとグノメのどっちだったっけ?…さやかことオンディーヌを回収に現れるのだった。拒否するさやかだったが、力で抑えられ、緊急停止スイッチを押され、動きを止められてしまうのだった。つとむは何とか取り戻そうと考えるが、小夜香が目覚め、バーディーに交代する事ができなかった。ただ見送るだけなのか…だが、そこに県十三の操る"有田の鬼"が現れ、壁ごと…だからサラマンデルとグノメのどっちだったっけ?…斬り刻むと、さやかを連れて行くのだった。…やってくれるマッド県♪奥の手は隠しているなぁw

騒動はそこまで…どうにか小夜香を救出する事のできたつとむ。しかし、小夜香は療養の為街を離れて神戸に。バーディーはレビを見つけて上に報告するも、都務めの悲しさよ、上司の命には逆らえず、イライラを募らせるのだった。
スケルツォ教官と一緒にやって来たメギウス警部、改め警視から言われてしまう。
"組織の中にあって命令に服さぬ人間は、不要を通り越して害悪ですらある"
"今すぐ捜査官の職を辞したまえ"

職を辞しレビを逮捕すべきか、それとも全ての情報を上層部にあげ、任せてしまうか…メギウス警視からの指摘にふて寝していたバーディーだが、そこに千明が、ゴメスを連れてやって来たのだった。ゴメスはバーディーと、事と次第によっては手を組もうと交渉するのだった。氷川精一郎の暴走があったが、あのアグニの薬は万能薬としての効力がある。獣人化の副作用はあっても、不治の病から人を救えるし、実際生き永らえている人もいるし、獣化を免れている人もいる…その事に動揺してしまうつとむとバーディー。
それはともかく、ゴメスがバーディーと手を組もうと持ちかけてきたのは、レビから離反する時の切り札にしたかったからだ。今の所、ただのテロリストではなく、その行動は間違っていないと判断するゴメスだが、いつ何時変わるかわからない。
ゴメスは、レビの標的が遙昔から存在する奥の院…神審者集団である事を明かす。影から全ての権力組織を操る神の代理人を自称する奥の院…その全貌を明かす為にレビは活動し、ゴメスは支援してきたのだった。話はそこまで…あくまで一つの手段としての交渉だたった。

ともかくゴメスが接触してきた事で、自分の立場がこれ以上悪くなると判断したバーディーは、とりあえずレビの居場所を上に上げるのだった。果たして神祇庁の判断は、レビの逮捕なのか、それとも処刑なのか?

一方、さやかの行動を一応の成功と見たレビは、今にも力尽きようとするアルタ帝国の皇帝のデータをロボットに移し変えるのだった。一応の成功を見るが、それは皇帝と呼べるのだろうか?
だが、表面上、皇帝は復活したのである。それを踏まえて帝国の建て直しと世界の支配権を奪い取る事を相談するレビ…物語は新たな展開に。

次巻へ
:物語は大きくややこしく
帝国を味方に引き入れたレビの次の目標は?まずは地球での支配なのか、それとも奥の院の暴露なのか、気になりますねぇ。それにしてもバーディー、目立ちませんねぇw仕方ないのかもしれませんけどね、話的に。

余計なTVを見ていたらますます遅く為って行く漫画本…さぁ、どうすんべぇ(==)々

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事