最近、のんびりしています?それが疑問だ

見た作品を覚書程度って書いていったら大変な事になっちゃったよ的なブログ

全体表示

[ リスト ]

『ハカイジュウ』12巻

イメージ 1

『ハカイジュウ』12巻(2014/03/07)。

目覚めた鷹代陽。一見、何事もないように見えるが…。
鷹代陽の目覚めによって、暴走していた久遠瑛士は正気を取り戻し、鷹代陽と藍沢未来のために、単騎で無数のトロール型の巨大な生物に戦いを挑むのだった。久遠瑛士の"フューズ04"は強かった。数匹のトロール型を葬る事ができたが、所詮は、多勢に無勢…時間稼ぎにしかならなかった。だが、早乙女はそれで満足だったのだ。なぜなら"フューズ04"が稼いだ時間で、武重をベースにした"ファイナルフューズ"を完成することができたからだ。

トロール型と融合した武重は、意識を乗っ取られる事なく、白崎のために、無数のトロール型と戦うのだった。防御壁を破壊してしまうが、それに見合った戦果を上げる武重。しかし、圧倒的な力を手に入れたがために、闘争本能に歯止めが聞かないようになってしまい、トロール型に手応えを感じないと、より強い相手を求め、スカイツリーを自分から引き抜いてしまうのだった。

全く持って、想定外の展開に焦る早乙女。スカイツリーを守る為に、謎の生物との融合の実験を行っていたのだが、それが、味方であるはずの武重が、自らの欲望のために、引き抜いてしまったのだ。

超巨大な"帝王"が目覚めてしまった。もはや、人類は、為す術なく全滅を待つだけしかできないのか?それとも、武重や鷹代が、超巨大な"帝王"を止める事ができるのか?

次巻へ
:全滅へのカウントダウン
武重の暴走が、さらなる危機が。人類に生き残る術はないなぁ…こりゃあ(―.―;
ここまで現状が大きくなってしまったのならば、後は滅ぶしかないのかねぇ。。


…眠たいねぇ<(_ _)>オヤスミイ

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事