最近、のんびりしています?それが疑問だ

見た作品を覚書程度って書いていったら大変な事になっちゃったよ的なブログ

全体表示

[ リスト ]

『ベルセルク』38巻

イメージ 1

今度は、約3年のお久しぶり…いろいろ噂があったり、アニメがあったり、どうなることやら気になって仕方なかったが…連載が再開されたことで良しとしましょう♪

『ベルセルク』38巻(2016/06/24)。

グリフィスの居城"ファルコニア"を訪れたリッケルト。かつては"鷹の団"の一員として、グリフィスの元で戦っていたが、ガッツのように憎むことは出来ず、この都で暮らす人々の姿を見ていると、グリフィスのやっていることは間違いではないのかもしれないが、もう自分の居場所は、グリフィスの元にはないと別れを告げるのだった。

リッケルトはすぐに都から出て行くつもりであった。しかし、自分に出来ることを手伝っていたら、時間だけが過ぎてしまった。そこに、現れたリッケルトの命を狙う使徒。どうやら、グリフィスを引っ叩いた事が、一部の使徒に知れ、暗殺者を送り込まれたようだ。

ラクシャスにとって、戦闘力のないリッケルトを暗殺することは容易い事だった。しかし、バーキラカの長、シラットが、リッケルトが何か情報を持っていると見て、ラクシャスから救い、取引で、自分たちの隠れ里に匿う換わりに、グリフィスの情報を教えるという、リッケルトの提案を受け入れるのであった。

罠を仕掛け、ラクシャスを迎え撃つリッケルトとシラット。しかし、優勢な戦いを繰り広げるリッケルトとシラットだったが、身を照らし出されることを嫌ったラクシャスは、戦魔兵に変化するのだった。
エリカを人質に取られてしまった。このままでは、殺されてしまう…そう絶望してしまったリッケルトだったが、そこに現れた馬小屋の老人に助けられたのだった。その老人は、ガニシュカ大帝の右腕にして、クシャーンの影の力、妖獣兵を操った妖術使いダイバ将軍だったのだ。敗残の身として、新しい世に置き場はないと、リッケルトたちに便乗し、この都から去ることを選択し、助けたのだった。
ダイバの助力を得、ラクシャスの追撃をかわし、都から脱出することに成功したリッケルトたち。平和な生活を捨て、新たな旅を選んだリッケルトに、何が待つのか?

一方、人魚たちの案内で、妖精島に到着したガッツ一行。時の流れが異なるこの島で、どれくらい滞在し、何年経過してしまうことになってしまうのか?その間に、グリフィスはどうなっているのか?
まずは、キャスカを正気に戻し、この島に置いて、安全を確保しようとするが…。しかし、ガッツたちの上陸を快く思わない者たちが、罠を発動させる…。

次巻へ
:やっと前進
物語が動き出した…のかな?
妖精島で何が起こるのか?そして、ここにもグリフィスの手が伸びてくるのか?

月1ペースで、1年に1巻ってことになるのかな?TVアニメも始まるようだが…アニメは綺麗過ぎし、CGがどうしても受け容れられない。…時代の流れから、取り残されてますが><こればっかりは好みだからなぁ。
漫画原作に慣れているためか、どうも合わない(=0=)しかし、モズグス様は見てみたいw。飲みの席で、誰かが持ってくるのを期待しましょうかねェ。
…しかし、『無双』はねェ。言っちゃぁ、なんだが、買う人いるのだろうかなぁ?

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事