最近、のんびりしています?それが疑問だ

見た作品を覚書程度って書いていったら大変な事になっちゃったよ的なブログ

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

う〜む、いまさらだが、あれもこれもと衝動買いしていたら、大変なことになっているなぁ…


どうしよ(・´ω・`)ゞ

『双亡亭壊すべし』13巻(2019/06/18)。

危険な凧葉と緑朗を殺すべく、まずは邪魔な青一を殺そうとする鬼離田菊代。そしてそのために用意したのが、かつて、青一と共に敵対した子供たちだった。あの星で戦い、死んだ子供たちを甦らせ、青一、そして帰黒と戦わせ、分断し、その隙に凧葉と緑朗を殺す…はずだった。しかし、緑朗の体に残っている"侵入者"の一部が、それを阻止した。普通の人間であるはずの緑朗がなぜ、泥努と同じように、"侵入者"を支配できたのか?それは、青一から飛ばされた"水"の残りが、"侵入者"と戦ったあの星の水の一滴があったからだ。

"侵入者"を退けた緑朗。敵となったとはいえ、かつての友達と戦えず、ぼろぼろととなった青一を助けるため。"侵入者"と同化支配することで得たテレパシーで、その危機を帰黒に伝え、応援に向かわせるのだった。

緑朗からのテレパシーを受け、青一を助けるために向かう、過去の記憶を取り戻した帰黒。その正体は、"侵入者"との戦いで過去に飛ばされた、青一の弟…ではなく、妹だったんだねぇ…凧葉真琴。友達と戦えない青一に代わって、過去の亡霊と戦うのだった。

次巻へ
:女の子だったんだw
いろんな時間が混ざり合う場所…"双亡亭"。少々ややこしくなっているようだが、秘密が全て明かされた…のかな?まだなにか、ありますかね?

まだまだ続く…のか?

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事