おけらの いつか青空 脱原発

ブログ始めました!どんどん書きます、送ります。だからドンドン書いてね。

全体表示

[ リスト ]

今夜、東映チャンネルで、「おかしな奴」(1963年東映)を観た。
題名に続いて、スタッフに、脚本・鈴木尚之と監督・沢島忠と出たのを観てから、「こりゃあ、いいかも」と膝を乗り出すようになってしまった。
いい。
渥美清演ずる三遊亭歌笑(1917年〜1950年)という実在の落語家が主人公なのだが、
これがいい。渥美清の甲高い、しかし口跡のさわやかな声が、実際の歌笑を彷彿とさせている。(聞いたことないのだが、そうだろう。)今なら古典落語でない、「時事問題を取り扱った落語もあり」「色物的な話もOK]になっているが、戦争中から戦後にこうした型破りの落語を作り、大衆的に人気を博したことは、とても画期的だったであろう。いくら面白い顔を売りにしていたとしても、顔だけで人気は保てない。
当然、やっかみ、いやがらせがあったようで、そのあたりも映画ではよく描かれている。
落語会の重鎮で嫌味な男を十朱久雄が演じている。どこにでも、こんな人物は居るものだ。
そういう人間に限って力をもっていたりするので、かなわない。
しかし、師匠や先輩・同輩芸人、ファン(後援会長と自ら名乗る田中邦衛。とてもいい)、初恋の人(三田佳子・好演)、妻(南田洋子・これまた素晴らしい)に支えられ人気者となり大衆的な支持を得ていく。
真打祝いの花が、パンパンや、担ぎ屋のファンから届いているのが可笑しい。
師匠の石山健二郎、兄弟子の佐藤慶、いずれも適役。なんともうまい。
清川虹子が母親役で、これがまた味がある。昔はいい俳優が多かったなあと思う。
特に、召集令状に悩み自殺する兄弟子を演じた佐藤慶は、代表作の一つといっていいのではないか。
哀切である。首をつっている姿に、周辺の人間は「お国のために死ななければならないのに恥知らず」と悪罵を投げる。これはリアルだ。それに反撃する歌笑。彼の人間性をよくあらわしたシーンであり、脚本の冴えを感じた。
この兄弟子の死のシーンもそうなのだが、
私は、この映画の良さは、戦中や敗戦直後の日本を知らない世代の人々に、、
無理なくそのころがどんな時代だったかを教えてくれる作りになっていることだと思う。
つまり、歌笑という落語家の短い一生を描きながら、背景に日中戦争の拡大、敗戦、東京裁判、下山事件などの謀略的な事件、朝鮮戦争を織り込むことで、その30年はどんな時代だったのかが、よく理解できる仕掛けになっている。それぞれの事件の流れを新聞記事挿入で効果的に表して見事である。
戦後の焼け跡、闇市、パンパン、占領軍の米兵、浮浪児、担ぎ屋・・もう知る人もあまりいないが、忘れてはならない史実だ。映画ができた1963年は、戦後18年。
出演者も、スタッフにとってもまだまだ生々しい記憶があったと思う。
その記憶を刻みながら作ったようなこの映画は「反戦映画」の範疇に入るのではないかと思う。
暴走してきた米兵の車にひかれて死亡する歌笑。
その妻が「あそこに歌笑が・・、『もう戦争は嫌だって』言っている」と叫ぶ。
これは、渥美清、沢島忠、鈴木尚之ら、映画を作った人々・戦争体験者の心からのメッセージだと私は受け止めた。

「人情喜劇」の枠に収まらない深さと広がりを感じる力作である。
お薦めの一本だ。


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事