おけらの いつか青空 脱原発

ブログ始めました!どんどん書きます、送ります。だからドンドン書いてね。

全体表示

[ リスト ]

社民党のがれき処理についての見解が示されました。
「基本的に広域処理は賛成・・これが大前提」と打ち出しています。
しかし、「放射能汚染がれきは広域処理から除く」として。
何か話が逆のような気がしますが。同じことなのかなあ?
ひとたび広域処理OKとなったら、全部のがれきの調査・検査で汚染がれきを
除くことができるのか。その辺りがおけらの疑問なのです。
この文書には、過剰な「がれき拒否の反応」に対しての警告もあります。
おけらも、その辺りに確かに疑問があるので、この文言はわからないではない。
社民党の中で相当な議論をしたのだろうということがうかがわれる文書です。
ご参考まで。
ーーーーー
 
2012年3月29日

震災廃棄物(瓦礫)の広域処理問題についての論点整理

社会民主党

PDFファイル:震災廃棄物(瓦礫)の広域処理問題についての論点整理(別ウィンドウが開きます)

http://www5.sdp.or.jp/policy/policy/protection/2011earth/pdf/120329_01.pdf

 昨年3月11日の東日本大震災によって膨大な「災害廃棄物」(以下「瓦礫」)が発生した。環境省の推計によると瓦礫の総量は約2253万トン(岩手476万トン、宮城1569万トン、福島208万トン)(※)に及び、岩手県で通常の約11年分、宮城県で約19年分にあたる量となっている。政府は、福島県の瓦礫は福島原発事故の影響を踏まえて県内処理とするものの、宮城・岩手の瓦礫について「広域処理」するとの方針(東日本大震災に係る災害廃棄物の処理指針/環境省・11年5月16日、災害廃棄物の広域処理の推進に係るガイドライン/環境省・11年8月11日、等)を打ち出し、2014年度末までに処理を終えることを目標に、全国の自治体に協力を要請してきた。

 しかし、対象となる瓦礫から微量の放射能が検出されることがあることから、受け入れを表明した自治体で汚染を懸念する住民の声が高まり、瓦礫の広域処理は滞っている。政府は、3月13日に関係閣僚会議を設置、災害廃棄物処理特措法に基づく協力の拡大を強く求めて、あくまで広域処理を進める予定である。瓦礫を道路の基盤や防潮林の盛り土材として利用したり、木くずを燃料や原材料として利用することを民間企業に要請するなども検討されている。

 この瓦礫の広域処理問題について脱原発運動や社民党の周辺でも、東日本大震災の被災地を支援する立場から受け入れに積極的な立場と、放射能の汚染を懸念する立場から受け入れに慎重な立場に別れ議論が続いている。複雑な要素が絡み合う問題であり、単純な答えを出すことは難しいが、この問題に関する社民党としての考え方を示し、論点の整理を行なうものである。

※環境省・3月19日現在。岩手県は仮置場における実測によって435万トンとしている。

1、瓦礫の処理は急務、復旧・復興の大前提である

 大量の瓦礫の存在は被災した街の再建の障害になっており、震災からの復旧・復興の大前提である。3月19日現在、処理を終えたのは瓦礫全体の7・1%にとどまっており、瓦礫の処理を急がなくてはならないのは当然だ。今後解体によって生じるものを除いた瓦礫の96%(※)は仮置場への搬入を終え、生活空間における深刻な散乱瓦礫の処理については目処がつきつつあるものの、海底の瓦礫引き上げや放射能汚染稲わらや牧草の処理など残された課題は多く、先が見えない困難な状況が続いている。 このような被災地の困難に連帯することは当然であり、膨大な瓦礫を被災地のみに押しつけ放置することは許さない。瓦礫を広域的に処理することには賛成である。

※環境省による。4%分のほとんどは福島県の警戒区域内のもの。

2、現在の「広域処理」方針は見直すべき

 しかし、情緒的に瓦礫の広域処理をあおるキャンペーンを繰り広げ、瓦礫の受け入れを被災地との連帯の踏み絵にするかのような、政府の「広域処理」の方針には問題がある。一般的なキャンペーンによって無秩序に受け入れを募るよりは、被災地周辺地域の処理余力や施設の状況に応じた、より具体的な処理のスキームを政府の責任で設定するべきではないか。もちろん、その際も、受け入れ住民への十分な説明と納得を得ることは当然である。

 そもそも、日本全国に大量の瓦礫を運び回ることは、余分なエネルギーを使い、CO2を余分に排出し、処理コストも割高となるなど問題点が多い。運搬中の事故のおそれも否定できない。瓦礫の移動距離は必要最小限にとどめ、遠方の自治体や住民には瓦礫処理以外の方法で被災地を支えてもらうことが合理的だ。

3、地域の実情に合わせた処理方法で

 政府はいったん決めた「広域処理」方針にのみこだわるのではなく、地域の実情に合わせてきめ細かく対策を練り直し、瓦礫処理計画を修正すべきである。

 被災地といっても瓦礫の深刻さ、仮置場の状況、復旧・復興の中身など、地域によって状況はまちまちだ。広域処理によって目前の瓦礫を処理することが何より急がれる地域もあれば、国の責任で域内の安全な場所に処理施設を建設する方が雇用や地域経済の立て直しにとって有益であると首長が主張(※)している地域もある。広域処理をすすめるとともに、現地処理の能力の拡大と加速化をさらに検討すべきだ。

 瓦礫の運搬事業や産業廃棄、建設コンサルタント業者等の利権に係わるのではないかとの指摘もあり、効果、リスク、コスト、処理費の透明性などについて、被災地住民の立場に立って最も有効な瓦礫処理方法は何かという視点に立ち戻ることが必要である。

※伊達勝身岩泉町長:「山にしておいて10年、20年掛けて片付けた方が地元に金が落ち、雇用も発生する」、戸羽太陸前高田市長:「陸前高田市内に瓦礫処理専門のプラントを作れば、自分達の判断で今の何倍ものスピードで処理が出来る」、(2月29日/朝日新聞等)

※広域処理を予定する瓦礫は401万トン(岩手57万トン、宮城344万トン)。両県瓦礫の19・6%(全体の17・8%)にあたる。

4、放射能に汚染した瓦礫は広域処理の対象とすべきでない

 政府は、広域処理の対象とする瓦礫は240〜480ベクレル/kg以下を目安としており、焼却後の灰も8000ベクレル/kg以下となるため、一般の廃棄物と同様の方法で安全に埋立処理できるとしている。上部を厚さ50cm以上の土で覆うことで放射線量は年間0・01ミリシーベルト以下となり、周辺住民への健康に対する影響を無視できるレベルに抑えられるとのことである。

 しかし低線量被ばくの影響についてはいまだ完全には解明されておらず、どんなに低い放射能であってもそれに応じたリスクがあると考えるのが現在の常識である。微量であっても放射性物質は放射性物質として管理し続ける必要があり、広域処理の対象としたうえ従来の廃棄物と同様に取り扱うことには反対である。

 社民党は、低レベルの放射物質を放射性物質として扱わないこととする「クリアランス制度」を導入した2005年の原子炉等規制法改正に強く反対し、クリアランス制度自体に反対してきた。8000ベクレル/kg以下であれば従来の廃棄物と同様に扱えるという「基準」を設定すること自体に問題がある。

5、安全性に対する疑問は解決されていない

 環境省が設置した「災害廃棄物安全評価検討会」は、放射能汚染がれきであっても、一般ゴミ同様に「燃やして埋め立ててよい」と結論している。しかし、「放射能は焼却処分場のバグフィルターで99.9%除去できる」とする科学的根拠は、京都大学・高岡正輝氏の実験結果(2009年秋/A4で4頁)のみであり、学会や他の専門家の査読も経ておらず、科学的客観的裏付けがあいまいである。「燃やして埋立て」という方針を策定した同検討会は、当初作成していた議事録を第5回以降の作成しない方針(議事要旨は作成)に転換し、多くの批判を受けている。仮に、バグフィルターが想定通りに機能したとしても環境中に放出される残りの「0・01%」も全体の量によっては無視できない量となる可能性があり、この影響も考慮されていない。汚染が確認された瓦礫については、広域であれ被災地においてであれ、焼却や埋め立てをするべきではない。放射性廃棄物として国の責任において処理するべきだ。

 また、すでに管理型処分場において放射能流出が起きており、処分場・処分方法についての検証も十分とは言えない(※)。海洋に埋め立てる計画もあるが、安全性が懸念される。まず「広域処理ありき」の強硬姿勢ではなく、焼却施設・処分場の周辺住民の疑問や不安に丁寧に対応する必要がある。

※環境省は、セシウムについて、バグフィルター付きの焼却炉で99.92〜99.99%、電気集じん機の焼却炉で99.44〜99.62%の除去率を確認したとしている。

※11年9月、流動床焼却炉の焼却灰(1800ベクレル/kg程度)を埋め立てていた群馬県伊勢崎市の一般廃棄物最終処分場から、国の基準を超える放射性セシウムが流出した。

6、予防原則を厳格に適用し安全に万全を期すべき

 「8000ベクレル/kg」は1kgあたりの放射能の濃度を示す基準であるから全体の焼却灰の量が多ければ、絶対量としては相当の放射性物質を含むことがあり得る。これが長期の間に、濃縮されたり偏在して環境中に流出する可能性は完全には否定できない。

 また広域処理によって多くの処分場所に分散させていくことは、将来、管理の行き届かない放射性廃棄物が生まれる危険につながる。

 さらに、保管、運搬、中間処理、埋立処分など作業に従事する労働者のリスクについても一定の「シナリオ」に基づく通り一遍の検討をしているだけであり、十分とは言えない。

 広島や長崎の被爆の影響についても、政府は長年にわたって過小評価して、被爆者の苦しみを放置してきた「前科」がある。被ばくの影響についてはいまだ十分に解明されてはいないのであり、放射線の影響を決して軽視するべきではない。現時点での放射線量が低くても、長期にわたって拡散し蓄積したり濃縮した場合のリスクは否定できず、予防原則(※)を厳格に適用すべきである。

※予防原則とは、環境に重大かつ不可逆的な影響を及ぼす仮説上の恐れがある場合、科学的に因果関係が十分証明されない状況でも、規制措置を可能にする制度や考え方のこと。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事