「ありがとう」ブログ!!

沖縄から世界へ!「夢」と「感動」を発信し、世界一の「ありがとう」創造企業を目指します!!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]


ここは、沖縄本島・南部 糸満・喜屋武岬です。

このブログ運営しているのは、沖縄特産販売有限会社です。
豊見城市総合運動公園を眼下にする高台に事務所はあります。

http://www.powerfood.co.jp/blog/11/11/img_7746_std.jpg
※屋外写真駐車場から左に見た風景。運動公園が見えます。11日午後15時撮影
 写真下に道路の標識が出てますが、沖縄高速自動車道の入り口部分です。


http://www.powerfood.co.jp/blog/11/11/img_7747_std.jpg
※右手には、農業の豊見城市らしく、キビ畑とマンゴーなどハウスが見えます。
 写真の奥の方にある鉄塔は、NHK沖縄放送局です。11日午後15時撮影

http://www.powerfood.co.jp/blog/11/11/img_7749_std.jpg
※気温・27度 風向き・南南西 風速・4メーター(11日15時現在)

この会社事務所から、約30分で、糸満市の喜屋武岬に行くことが出来ます。


沖縄本島最南端にある岬で、
眼下には東シナ海と太平洋の紺碧の大海原が大きく広がる絶景地です。


海から吹きつける風と波で削られて険しい断崖絶壁の姿をしている場所でもあります。

http://www.powerfood.co.jp/blog/11/11/img_7762_std.jpg
※高さ50mの切り立った断崖

岬の右手には、あだんの木で覆われた断崖がみえます。



実は、この岬はお気に入りの場所です。

個人的には、万座毛よりこちらが好きです。

この岬には、沖縄戦の悲しい歴史もありますが、壮大な海を見ていると

癒された気分になり、胸がすっーとします。

大自然の海のパノラマと言ったほうが、ピッタリかもしれません。

観光で沖縄に来られた時は、ぜひこの岬に立ってください。

広大な海を見ながら、深呼吸して下さい。

海からの風が、胸いっぱいに広がり、自然の中にいることが感じられます。

時間があれば、しばらく海を見つめていてください。

ミネラルたっぷりの風を受けて、体が自然にリフレッシュされていくことが実感できますよ。

ここは、「癒しの岬」といえるかもしれませんね。

http://www.powerfood.co.jp/blog/11/11/img_7766_std.jpg
※何回も来ているのですが、一度でいいから断崖絶壁の下にある
この潮溜まりを見てみたいと思ってます。


台風の時に来ると、大きな波が押し寄せて、壮大な海の様子が見れますよ。
台風の真っ只中は、危険ですので、去った後の晴天時にはこのような波を
見ることが出来ます。

http://www.powerfood.co.jp/blog/11/11/1.jpg
Writer & Photo Kenichi Kariki

開く コメント(2)

島にんじんの味噌炒め

http://www.powerfood.co.jp/50orenge/05yasai/image/shima_ninzin.jpg

島にんじんの味噌炒め

沖縄で採れる「島にんじん」は、黄色です。オレンジでは、ありません。
その上、ごぼうのように、細長いのが特徴です。原産地は、アフガニスタ
ンですが、東に伝わったものを東洋にんじん、西に伝わったものを西洋に
んじんと呼んでいます。島にんじんは、東洋にんじん系。中国から伝わっ
たと言われています。

旬は、10月から2月で、市場を中心に出回ります。牛汁や豚汁などの汁物
の具として使われたり、チャンプルーなどの炒め物に使います。カロチン
豊富で体を温める効果があります。

沖縄の冬の食材として、ぴったりの役回りです。油と一緒に調理するとカ
ロチンの吸収がよくなります。

味は、甘みがありくせのない味です。選ぶ時は、つやがよく、肌のなめら
かなものがよく、首の部分が緑のものは、まだ早いと証拠です。炒める時
は、よく島味噌を使います。「島にんじん」との相性もよく、香ばしい風
味が楽しめます。


島にんじんの味噌炒め(1人前)


材料と調味料

・島にんじん…中1本
・もめん豆腐(あれば島豆腐)…100g
・豚肉…30g
・ポークランチョンミート…30g
・ニラ…20g
・コンニャク…30g
・A合わせ味噌
  島味噌…100g、粉黒糖…大さじ2、みりん…大さじ2
・豚だし(鰹だしでもOK)…1カップ

http://www.powerfood.co.jp/blog/11/IMG_7156.jpg
※茹でた豚肉を切っているところ。

作り方


1.豚肉、ポークは5cm長さの短冊に切ります。 ニラは3cmの長さに、
 豆腐は四等分に切ります。

2.島にんじんは皮をむき、5mmくらいの斜め輪切りにして固めにゆでておきます。


3.鍋に油を少量熱し、1・2の材料とコンニャク、豚だしを入れます。

http://www.powerfood.co.jp/blog/11/img_7218_std.jpg
※材料がなじむようにやさしくかき混ぜます。

http://www.powerfood.co.jp/blog/11/img_7222_std.jpg
※煮立ってきたら、Aの合わせ味噌を加えます。

4.煮立ってきたら、Aの合わせ味噌を加えて煮汁が少なくなるまで煮込みます。


5.仕上げにニラを入れて出来上がりです。




ポイント

島にんじんをあらかじめ煮ておく。島にんじんに「だし」がよく染みこむように、
他の食材と一緒に更に丁寧に炒める。むしろ炒めるより、煮込む感じで調理する。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/89/85/okinawa_life_style/folder/1054862/img_1054862_16697342_1?1131676378
※料理長の宇禄圭子(うろくけいこ)さんに、教えていただきました。


購入はこちらから

http://www.powerfood.co.jp/01shop/04image/10819simaninzin.jpg
島にんじん
油と一緒に調理するとカロチンの吸収がよくなります。
味は、甘みがありくせのない味です。

http://www.powerfood.co.jp/01shop/21image/10153.jpg
ポークランチョンミート
最近はポーク玉子がおにぎりの具となり、コンビニエンスストアなどでも
販売されてるほど、愛されている商品です。

http://www.powerfood.co.jp/01shop/10image/10845s.jpg
島米味噌
沖縄は温暖な気候のため、味噌の熟成期間が短くて甘口のものが多く、
米と麦の合わせ味噌(島米味噌)と、米の味噌が2大味噌となります。


店名をクリックすると「ぐるなび」の案内ページへいきます。
お得なクーポンあります。

沖縄・本店
 沖縄県那覇市久茂地2-12-24
 TEL 098-863-3177

東京・新宿店
 東京都新宿区新宿3-38-1 マイシティ新宿 SHUNKAN 7F
 TEL 03-5379-1070

東京・伊勢丹会館店>
 東京都新宿区新宿3-15-17 伊勢丹会館5F
 TEL 03-5919-2688

名古屋店
 愛知県名古屋市中区栄3丁目6番街区ラシック7F
 TEL 052-259-6709

開く コメント(6)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事