Island 自然

コメントへのレス、遅れます☆

全体表示

[ リスト ]


  昭和初期の右傾化分析の視点
 ( 2〜3年周期で分析する右傾化の短期波動)


 複数の歴史資料を繰り返し読み比べることで、新たな分析の視点が
見えてくることがある。

 今回発見した分析の視点は、昭和初期の15年戦争の期間の中でも、
 「短期間の右傾化の波動(短期波動)」が存在する点である。

 論争や事変などの事件が2〜3年の比較的短期間に集中的に起る事
がある点に気がついたので、記事としてアップすることにした。

  短期波動とは、具体的には・・・以下の「青字」と「赤字」で色分けした
 論争や事件などのように、右傾化の世論が盛り上がりを見せた
 2〜3年間の期間を「右傾化の短期波動」として捉える分析手法である。


 昭和5年   統帥権干犯論争
 昭和6年   満州事変
 昭和7年    五・一五事件

 昭和10年  国体明徴運動と天皇機関説糾弾
 昭和11年 二・二六事件
 昭和12年  盧溝橋事件 → 日中戦争


 ※ 上記の短期波動をイメージ図にしてみた。
(画像が見づらいですがご了承ください。)

 
イメージ 1

  ※ナショナリズムの中・長期の波動については、今後、機会が
  あれば記事にしたいと思います。
  (中期15年、長期100年前後の検証期間での分析を検討中です。)



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事