Island 自然

コメントへのレス、遅れます☆

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

本質的な課題としての「東アジア蔑視の上から目線問題の改善」

 日本には昔から東アジア諸国に対する「上から目線」の差別意識が存在した。

 今、現在、問題となっているヘイトスピーチの問題なども日本側の「東アジアに
対する上から目線」が一部の人々の言動になって現れている問題だが、戦前の
日本軍(陸軍)の外交交渉への介入姿勢を検証しても「東アジア蔑視の上から
目線」の姿勢が確認できるはずだ。


 「上から目線の問題」は、日本国内の歴史認識問題と差別・ヘイトスピーチの
問題の双方にまたがる問題のようだ。

 なので、行政の皆さんの対処法としても、省庁横断的な連携処理が必要に
なるはずだ。
                                                                       以上



【 追記:最新の関連ツイートを以下にコピペで添付した。 】

1、差別と歴史問題の関連性は、「差別問題と歴史問題」どちら も同じ人々が
(一部の極端な思想を持つ人々かもしれないが) 問題行動をしている点を見
ても明らかだろう。

2、日本の「差別やヘイトスピーチの問題」と「歴史認識問題」 はリンクしている。
  「差別的な暴言」を繰り返す人々の中に歴史認識で虚偽の 歴史主張をする
    「極右思想・差別思想を併せ持って、中心的な役割をする人達」が存在する
   ようだ。 

3、歴史問題の本質的課題である「日本に昔からあった東アジア蔑視の姿勢」の
   改善の為、私達は「差別やヘイトスピーチの問題」に社会全体で取り組むべき。


4、「東アジア蔑視・東アジアに対する上から目線」の問題の改善は、差別問題
 と歴史認識問題に共通する、日本の本質的な課題でもある。 


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事