nutritionist leaves loose-leaf

ブログもひとつのご縁だと思っています(*´▽`*)

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
ここをポチしてね。

↓パンダの絵をポチしてね。
 

日が長くなってきて春を感じると同時に花粉が気になってきますよねぇ・・・。

アレルギー体質ではない人には無縁の話ですね。


人の身体はウィルスやがん細胞、細菌などの外敵から守るための免疫能が備わっています。
これは「自然免疫」と言います。

しかし、自然免疫だけで対応できない外敵に対応するために、後からできる免疫能があって、それは「獲得免疫」って言います。

獲得免疫は外敵から身を護るため闘いに備えますが、これを「抗体」って言いますよ。
聞かれたことありますよね?


しかしながら、免疫細胞に何かトラブルや不具合があって、うまく働かないことがありますが、そうすると抗体の誤作動を起こして、敵ではないものを敵と誤認識して攻撃を開始してしまいます。

この状態は「免疫力が落ちている」と言われます。

花粉や小麦粉、卵のアレルギーがありますよね?
花粉も小麦粉も卵も本来自然由来の物質で決して敵ではないものですが、抗体が誤作動を起こして、これらを「外敵」と誤認識し攻撃をしかけてしまった状態がアレルギーです。

アレルギーを起こした際に人の身体が起こす反応(じんましんや鼻水、咳など)が「アレルギー反応」と言われます。

そう思うとアレルギーってすごく不思議な反応ですよねぇ・・・。


【夕食メニュー】
*餃子丼

イメージ 1



餃子の具材を濃い目に調味したものをご飯に乗せ、餃子の皮をはさみで切ったものを油で揚げてトッピング。


*白滝のバンサンスー

イメージ 2



春雨の代わりに白滝を使ってヘルシーに。


*マーボー豆腐

イメージ 3



マーボー豆腐、手作りすると絶対美味しくできないのであきらめて素を使います。


ところで、すっごく嫌いな人って逆に目が離せない・・・ってことありません?

嫌いなら関わらないように、見ないようにすればいいのに、気になってしまってすごく見てしまうっていう・・・。

で、見ては

「やっぱ腹立たしいわ〜
「鼻につくわ〜
「改めて嫌いだわ〜

って再認識して、益々拒絶反応が強くなる

これも一つのアレルギー反応?!



ここをポチしてね。

↓パンダの絵をポチしてね。
 

タイトル見てスルーしようとしたあなた!

そんなつれない態度しないで読んでって〜w。


先日、久々に会った娘っ子の後輩のNちゃん。

激やせしてたんです・・・

あまりのやせっぷり。

明らかに病的で心配になったのでその子のママさんに聞いてみたところ、中学校に入ってからダイエットを始めて一気に体重10㎏減になって生理も止まってしまったとのこと・・・。

周りからも心配される声があって、本人もダイエットは今はやめたらしいけど体重がちっとも戻らないと。

「私なんてダイエットしててもすぐ体重増えるのに、娘は体重増やしたくても増えないなんてね・・・」
とママさん。


ダイエッターにとってみたら体重が増えないなんて羨ましいってことになるんでしょうけど、体重増やしたい人にとってみたら結構これはこれで深刻なんですよね。


なぜNちゃんは体重が増えないのか?


ちょっとNちゃんのエネルギー摂取量を確認してみました。

朝は5枚切りの食パン1枚だけ。マーガリン塗っているとのことで、320Kcal程度。

お昼は学校給食。中学校の学校給食のエネルギー基準は約800Kcal。

夕食はご飯軽く1膳、肉は手の平一杯は食べるとのこと。そして野菜はサラダでかなり沢山摂取。ドレッシングやマヨネーズもかけると。こまかいことまで聞き取りしていないけどこれで750Kcal程度かな。

夕食後はコンビニスイーツなどを食べるとのことで約300Kcal。

つまりNちゃんは1日およそ2170Kcal程度摂っていることになります。

Nちゃんは部活動もしているので、日本人の必要推定エネルギーからおよそ2550Kcal程度と考えると日々380Kcal足りていない計算になるんですね。

少なくとも後380Kcal程度はプラスしないと体重が増えるのは難しそうです。

食事はこれ以上増やすのはきついとのこと

補食で380Kcalプラスしようと思ったら、牛乳200ml、6Pチーズ、バナナ1本、茹で卵1個を食べたやっとこれくらいのカロリーになります。

「こんなに食べれるかな・・・」
とNちゃんママ。

私のブログの検索ワード的には「太りたいための食事」より「ダイエット」とか「痩せたい」というようなものが多くて「太りたい」人は少なめだろうと推察されますがw、太りたいっていう方は必要推定エネルギーなどをお教えすることできるので一報くださいませ〜。



【夕食メニュー】
*鮭のホイル蒸し
イメージ 1



鮭にきのこや玉ねぎたっぷり加えてホイルで包んで蒸して。
ホイル蒸大好きです。でも子供達からはいまいち人気ありません。


*大根の漬物サラダ
イメージ 2



大根とたくあん、貝割れをマヨネーズで和えたサラダ。


*じゃがいものそぼろ煮
イメージ 3



じゃがいもは小さめにカットしたらしっかり味が染み込んで美味しい〜。


*かぶと鶏手羽の煮つけ
イメージ 4



かぶはそろそろ終わりかな〜。

補食を摂るからと日々の食事量を減らしてはダメですよ。
日々の食事もきちんと摂ったうえで+でつけないと体重は増えません。
そう思うと、体重コントロールって結構難しい物ですね・・・。


ここをポチしてね。

↓パンダの絵をポチしてね。
 


娘っ子が先日受験した滑り止めの私立高校、無事合格しました〜〜

ちょっと厳しいかな・・・と言われていた特別進学クラスで合格できたのは娘にとっては自信につながると思う!

この学校の特別進学クラスは成績上位者は有名大学への進学者も多く人気のクラス。

また、学校も設備が整っていること、テニスに力を入れていること、海外への修学旅行があることなどから娘は本命の高校より滑り止めのこの学校のほうが気に入ってるくらい。

ただ、一緒に受験したクラスメイト何人かは特進クラスは落ちて、ランクが一つ二つ下のクラスでの合格になってしまったことはおおっぴろげに喜べないところはあるみたいです。


本命がダメでもこっちの特進クラスなら行ってもいいな〜なんて気持ちからか?
本命の試験までもう1か月もないのにスマホいじったり、動画見たりとちょっと気がゆるんで生活がたるんでる

「とりあえず中学浪人はまぬがれた〜ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪」
とほっとした様子。

私は高校入試も大学入試も、事前判定ではいつもA判定で、担任の先生からは

「まぁ大丈夫だろう」
とお墨付きをもらっていたこともあって、滑り止めを受けたことがないんですね。

でも、結果的にそれが本番自分自身を追い詰めることになって、頭が真っ白になってうまくいかず力を出し切れなかった・・・ってことになったんですよね。

アドバンスクラス(ハイクラス)に入れなかったり、希望の大学に進学できなかったり・・・と不本意な結果になってしまって。

そんなこともあって娘っ子には滑り止めを受けさせたし、実際
「後がない!」
の背水の陣ではないことは本当に気持ち的に楽な様子。


リラックスしながら当日しっかり力を出し切って欲しいです。
イメージ 1

ご心配いただいていた皆様にご報告でした〜

ここをポチしてね。

↓パンダの絵をポチしてね。
 

関西の人ってお好み焼き×ごはんは一般的な食べ方なんだって有名な話ですよね。

お好み焼きはご存知のように粉がメインなのでご飯と重ねると炭水化物の重なりになるので肥満になりやすいことが分かっています。

大阪府では肥満傾向の人に食べる量や回数に留意するよう注意喚起しているのだとかなんとか・・・。


炭水化物の重ね食いは他にもパスタ×ピザとか、うどんとお稲荷さんとか、ラーメン×チャーハンなどが挙げられます。

炭水化物はエネルギーに変わる栄養素で必要不可欠ではあるけれど、多く摂りすぎると肥満になりやすい栄養素でもあります。

なぜかと言うと、炭水化物は血糖値が上がりやすい栄養素で、血糖値が上昇すると下げるためインスリンと言うホルモンが分泌されますが、エネルギーとして利用されなかったものは脂肪として貯蓄される作用があるからです。


つまり!

インスリンが大量に分泌されればされるほど太る・・・という理屈なんです。

決して炭水化物=悪ではなく、量に気を付けることが大切ですよ。

半量ずつにするとか、昼食で重ね食いがあれば夕食はかなり控える・・・といった調整をしましょうね!


【夕食メニュー】
*ピエトロパスタ
イメージ 1



パスタ茹でてツナ缶、貝割れ、ピエトロドレッシングで和えただけ。
これが意外とシンプルで美味しい〜。


*チキンチャップ
イメージ 2



鶏肉とミックスベジタブルをコンソメ、ケチャップ、砂糖で煮込んで。


*白菜とベーコンのスープ煮
イメージ 3



白菜、今年は安くて助かります。


*ほうれん草のサラダ
イメージ 4



サラダほうれん草とパプリカのサラダ。
フライドオニオンをトッピングして。
フライドオニオン美味しくて好きだな〜。



息子も今年の春から中学生

にわかに学校説明会、物品販売と忙しくなってまいりました。

制服の採寸。
イメージ 5



143センチの息子。

ちっちゃ!!

学ラン似合わな!!w


娘のほうは本命の高校入試は来月頭

結果発表はその10日後なので、それを待たないと制服も何もかも準備できないので、3月中旬以降に一気に忙しくなりそうです。

でも滑り止めの学校の入学金振り込みはそれを待たずに来るので、お財布事情は既にてんてこ舞いですけども



重ね食いは太るもと・・・。

学校の重ね入学は財布が痩せるもの・・・。


(;´Д`)ハァ…



ここをポチしてね。

↓パンダの絵をポチしてね。
 

息子のテニスの自主練の付き添いをしていて親しくなったママ友さん達が何人かいるんですね。

大体いつも付き添いをする保護者さんって決まっていて、顔見知りになるんです。
そしてそれは概ね上手な選手さんの親御さん。

付き添いしている親で子供が下手っぴぃなのはうちくらいかな(o´∀`;o)aポリポリ

皆さんとてもいい方で、気さくに声をかけてくださったりテニスのことを色々教えてくれます。


あるときのこと。
大きな大会後に、ある上手な選手のお母さんから

「この間の大会で疲労がたまってしまってエンストしちゃったんだけど、BCAAを摂るといいって聞いたんだけど、実際どうなの?どのタイミングでどのくらい摂るのがいいの?」
と訊ねられました。

そのお母さんは私が栄養士ってことを知っていての質問。

運動をされる方は
「運動する前にBCAAを摂ると運動効果がパワーアップする」
とか
「筋肉がつく」
とか
「疲れがたまりにくい」
って聞いたことありませんか?


BCAA・・・Branched Chain Amino Acidsの略称で、分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸といいます。

必須アミノ酸にも含まれるバリン、ロイシン、イソロイs・・・あ、ちょっと難しくなったので割愛しますね。


要は身体に必要不可欠なたんぱく質の一つです。
小学校の頃、たんぱく質は身体を作る働きがありますって習ったこと、覚えてますか?

BCAAは、筋肉で使用される割合が非常に高いことから運動に関わりが深いたんぱく質と言われています。


主な働きとしては
①筋たんぱく質の分解を抑制
②疲労軽減
この2つが挙げられます。

①筋たんぱく質の分解を抑制について
運動中は、ブドウ糖や脂肪酸やアミノ酸などをエネルギー源として利用していますが、これが不足してくると自分の身体の筋肉中のタンパク質を分解し、エネルギーとして利用し始めます。

この状態が長く続くと筋力低下につながります。
つまり運動時にBCAAを摂取するのが推奨されるのは、筋タンパク質の分解を抑制するためにエネルギー源を補うためです。


②疲労軽減について
長時間のハードな運動で血中のBCAAが減ってくると疲労誘発物質が増加して、疲労を感じます。
運動時にBCAAを補給をすることで疲労を軽減できると言われています。


運動とBCAAの関係は分かりましたよね。

では、どのタイミングで摂るのが適当か?
運動前?
運動の最中?
運動後?

実はそれぞれに意味があります。

<運動前>
運動中に筋たんぱく質の分解を防ぐために、あらかじめBCAAを上昇させておくことことができます。
大体BCAAを摂取してから30分後に血中濃度がピークになるので、運動30分前に摂るのが良いですよ。
運動中に感じる疲労を軽減する作用もあります。

<運動中>
長距離走など最初から長時間になることが分かっている運動の場合には、最中に補給をすることで筋たんぱく質の分解予防、疲労軽減になるのでおススメです。

<運動後>
BCAAを運動後に摂取すると筋肉量が増加促進されることが研究で分かっています。
筋肉量を増やしたい人は、運動後の摂取を意識しましょう。

イメージ 1

では次にどのくらい摂取するといいか?
色々な研究がありますが、BCAAを2,000mg以上摂取すると血中BCAA濃度は確実に増大するということが分かってきているようです。

食事でBCAAを2,000mg摂取するには以下の目安が挙げられます。

赤身の魚(マグロなど)40g程度
牛肉ひれなど赤身の部分 70g程度
鶏卵 2個程度
牛乳  2合程度

まぁ運動前、もしくは運動中に摂れない量ではないけど、一般的にはサプリメントやドリンクでの摂取が簡単でしょうね。

逆に少し多く摂り過ぎたっていう場合もBCAAはほぼ筋肉で代謝されるので、内臓への弊害は少なく副作用はあまりないと言われています。
ただし、食品で摂る場合、BCAAだけでなく併せて脂肪も摂ってしまうことになるので、それらの過剰摂取による健康被害を起こす可能性はあるので注意は必要ですよ。


ちなみに運動をしない人は、一般的な食事をしていてBCAAが不足するなんてことはそうそう起きないので、敢えて補う必要はありませんのでね

運動もせずごろごろしていて、筋肉をつけたいからとBCAAを摂っても筋肉はつきませんのであしからず


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事