沖縄のあまのじゃくの感想。

地元沖縄を敢えて褒めない自分でも変わっていると思う(・∀・)

全体表示

[ リスト ]

人気ブログランキングに参加しています。
         まずはここをポチッとご協力お願い申し上げます。
イメージ 2
 
イメージ 1
       平成241118日 沖縄に行幸啓された天皇皇后両陛下を迎える沖縄県の方々
 
 
WILL2013. 2月号」に高森明勅先生の『知られざる昭和天皇、今上陛下慰霊の旅』が掲載されています。一部抜粋させて頂きます。
 
「全国戦没者追悼式は昭和36年に日比谷公会堂で行われたのが第一回だった。第二回は、何と靖国神社の境内にテントを張って実施している。それでも、政教分離違反などという声はどこからも起こっていない。第三回からは、前年9月に完成した日本武道館で行う形になって現在に至っている。ちなみに、日本武道館の建設に当たっては昭和天皇からお手元金のご下賜があった。
 
昭和天皇は生前、昭和57年にお風邪で体調を崩して欠席されたほかは毎年、必ず追悼式に臨御されている。
特に昭和63年はがんを患われて那須の御用邸でご静養中にもかかわらず、813日にヘリコプターで帰京の上、身体ご不自由なお身体を押して式典に臨まれた。この時のお姿こそ、国民が拝した昭和天皇の最後のお姿だった。
この日、昭和天皇は次のような御製をお詠みになっている。
やすらけき 世を祈りしも いまだならず くやしくもあるか きざしみゆれど
 
昭和というのは、国民の平和と世界各国の共存共栄を願ってつけられた元号であります。その願い「やすらき世」の祈りが「いまだならず くやしくもあるか」とお詠みになられているのです。
昭和61429日、政府主催の御在位60年記念式典で昭和天皇はこのように仰せになりました。
「いま、ここに昭和の60年の歳月を顧み、先の戦争による犠牲を思うとき、なお胸が痛み、改めて平和の尊さを痛感します」・・・
 
イメージ 2
 
 
「硫黄島は戦争当時、日米両国にとって必要不可欠な島だった。我が国は本土防衛の防波堤であり、アメリカにとっては日本攻略の足掛かりだったからだ。
当初は「5日間で陥落させる」と豪語していたが、栗林忠道中将率いる日本軍は驚異の敢闘をみせた。米軍はおびただしい犠牲を強いられ占領を発表できたのは攻撃開始からほぼ1ヶ月後で、その後もゲリラ戦を続けた日本軍の最後の総攻撃は、さらにそれから10日余りのちのことだった」
平成6212日、今上陛下は硫黄島に向かわれ、次のような感想を仰せになられました。
「硫黄島における戦いは太平洋に浮かぶ孤島の戦いであり、加えて、地熱や水不足などの厳しい環境条件が加わり、筆舌に尽くしがたいものでありました。この島で日本軍約2万人が玉砕し、米軍の戦死者も約7千人という多数に上りました。このたび、この島を訪問し、祖国のために精魂込めて戦った人々のことを思い、また遺族のことを考え、深い悲しみを覚えます。今日の日本がこのような多くの犠牲の上に築かれたものであることに深く思いをいたしたく思います。鎮魂の碑の正面に立つ摺鉢山は忘れがたいものでありました」
 
平成17627日、今上陛下はサイパン島に向かわれました。
両陛下が「バンザイクリフ」の崖を望み、静かに黙礼されているお姿は多くの国民が見られたことでしょう。
「この時、両陛下は同島にある韓国出身戦没者の慰霊塔『太平洋韓国人追念平和塔』にわざわざお立ち寄りになって、心を込めた拝礼を行われている。このことは、事前に公表されたスケジュールには入っていない。だが、ご出発前からの天皇陛下の強いお気持ちで実施されたという。現地の韓国系住民でつくる「サイパン韓人会」のキム・スンペ会長は、陛下のご拝礼について「予想外のこと。本当に嬉しい」と話していた。住民らを代表した素直な感想だろう」
 
にもかかわらず今年814日、韓国大統領李明博は韓国教育大学の教育者研修会でこのように述べました。
「日王は韓国民に心から土下座したいのなら来い。重罪人に相応しく、手足を縛って、頭を踏みつけて、地面にすりつけて謝らせてやる。
重罪人は土下座もしない、言葉で謝るならふざけた話だ。そんな馬鹿な話は通用しない。それなら入国させない」」
日本のマスコミはきちんと訳して報道しないために、この過激な不敬発言を日本国民が知ることはなかったのです。
 
サイパンで現地の高齢者施設「敬老センター」を訪れた時、そこの老人たちが「海ゆかば」を大合唱して陛下をお迎えしたというのです。
高森先生はこのように書かれております。
「島民が日本軍や日本人に反感や恨みを抱いていたら、こんな迎え方はしないはずだ。陛下ご自身の強いご希望によって実現した異例の海外戦跡へのご訪問。その最中に、このような形で『海ゆかば』にお触れになった陛下の胸中に去来した思いは一体、どのようなものだっただろうか・・・」
 
・・・・・・ 
人気ブログランキングに参加しています。
  マスコミが何をしようとも日本人の心は変えられない、
                  と思った方ははここをポチッとお願いします。
イメージ 2

転載元転載元: さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事