櫻井鍼灸院のブログ

生活習慣の改善と鍼灸で生涯現役

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

刺さない鍼、一穴療法を行っている大阪市都島区の櫻井鍼灸院です。

先週、病院看護師さん(化学療法専門担当)が、舌側縁の直径2㎜大の円形型しこりに気付いて来院。
舌癌に対する検査・処置や其の後の経過も理解しており、病院へ行く前に鍼で経過をみたいと希望。

 初診時ー鍼施術は集中治療(脈象が良くなった時点で1回目を終了)を行った。
 2日目ー朝、しこりはやや縮小、同部が乳白色の白板症様に膜が張った所見に変化。
      鍼施術後、更にしこりの縮小あり、乳白色の膜状がやや透明になっている。
 3日目ー朝起床、乳白色が白色透明に変化し、その外回りの色は更に色が薄い。
      鍼施術後、しこりは徐々に縮小。
 4日目ーしこりの痕跡部にできた白色の範囲は1mm×0.5mmに縮小した長方形に変化。
 7日目ー白板状は完全消失。しこりも判りにくい。
 8日目ー外見上は舌側縁に極僅かな(注意してみないと判らない)痕跡が残っている。
    *8日間、毎日連続で集中鍼施術を行いました。
以後は念のため、2回/週の鍼施術を行う計画です。

この方は、口腔内に刺激を与える日常生活環境ではないようです。
病発症の原因として考えられるのは、専門職が抗がん剤治療であるため、化学物質が人体に何らかの影響を与え徐々に体力低下に繋がったものと推測しています。
             http://www.sakurai-shinkyu.com/

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事