全体表示

[ リスト ]

H20/3/25
検事総長 樋 渡 利 秋 殿
                  日本ファースト証券被害者協議会
   
告発状受理の情報開示を求める公開質問書(要点)

1 H20/7/1就任記者会見での貴殿挨拶
  1.不偏不党、厳正公平な公益代表者
  2.国民に身近な頼りがいある司法 →国民の理解と信頼→キーワードは国民の視点
  3.国民が不公正だと感じ、社会を腐敗させる犯罪の撲滅→安全で安心な日本の復活
  4.特捜部の主任務→民主主義を損なう3大犯罪、投票買収、汚職、脱税

2 上記理念に背く特捜部の告発状不受理
  下記告発状の受理拒否→「危険で不安な日本の復活」と告発者に検察不信。
  「社会を内部から腐敗させるような犯罪」とは
   本犯罪―証券会社役員による被害者8,000余人被害総額150億円の
  有価証券報告書虚偽記載・未公開株詐欺(他九罪)放置は上記理念の全面否定
  我々告発者は「国民の視点」を掲げる貴殿に本公開質問状で
  告発状不受理の顛末を報告し受理基準等に関する情報開示を求める。
  検察不信を払拭させるべく二週間以内に回答せよ。

3 本告発状不受理事件の概要と特徴
(1) 登録証券会社役員による自社未公開株詐欺
  H17年日本ファースト証券(NFS)役員らは
  上場を装い8割増資した自社未公開株24,000株を全国販売後、
  H20/3金融庁に破産させられ、8,000余人が瞬く間に150億円喪失。
  破産後に重大な有価証券報告書虚偽記載−粉飾決算・違法配当、
  無資格大株主の隠蔽、法定資本比率値や新銀行東京名虚偽記載が判明、
  登録証券会社を悪用した虚偽記載・未公開株詐欺・FX違法取引
  →前代未聞の証券犯罪。
  証券会社やEDINETの信頼を悪用したプロの犯行
  反復性、被害総額・被害者数からも重大犯罪。

(2) 市場の番人の関与・沈黙
  お墨付授与と発覚後の訴追回避→刑事処分の困難化。
  例:虚偽記載満載の財務諸表に監査法人の無限的適性意見、
  金融庁…破産7ヶ月前にFX取引免許を付与、いくら訴えても沈黙
  管財人…犯罪を否定し主犯の寄付や貢献を強調し損害を故意に過小評価
  訴追も、警察は「特捜部の専権事項」特捜部は「金融庁や管財人に告発義務」
  管財人は「警察や検察の職務」と忌避して犯罪を黙認・奨励、
   
4 告発状受理等には公平で合理的な基準が不可欠
  この結末はすべて告発状の不受理が源
 「訴追は検察の独壇場」の裏返し→訴追権を奪われた完全無力な国民
  →その無力な国民が訴追を促す唯一の手段が告発
  →もし合理的な理由もなくこれを自由に却下できるなら…
  →当局の一存で重大犯罪を恣意的に闇に葬れる!
 
 逆に処罰不要な形式犯を恣意的に訴追し犯罪者に仕立て上げることが可能なら…
  →政敵をいとも容易に闇に葬れる!
  その結果
  →安全とクリーンさ世界一を誇る民主国家日本の崩壊
  →ロシアや中国、中南米並みの(金と権力が法と正義を買収)
  法治治国家でなく、犯罪放置国家、危険で不安な無法国家、
  政敵を自由に潰す独裁国家への陥落。
  日本の治安と民主制維持には告発状の受理や公訴提起の公平な基準が不可欠。

5 本件告発状不受理の理由の検証
   担当者I検事らによる不受理理由の説明
1.H19/9…地検は人手不足。事件による都合や優先順位があり
時効が迫るから直ちに捜査はムリ。民事で勝てば訴追しやすい。
2.H20/9…(民事で勝ち告発すると)
新銀行東京の虚偽記載のみでは重要性をなし。粉飾決算等があれば訴追しやすい。
3.H20/9…全体像が不明な時一部分のみ立件捜査・起訴はなし。
(明白な証拠ある背任罪だけでも訴追してとの要望に)
4.H21/1…(全体像や粉飾が判明し告発すると)粉飾の細部の立証がない。
(最低段ボール箱1つ程度の証拠と証明必要。弁護士が細部完成せよ)

6 小沢秘書逮捕で前述の理由に疑問符
(1) NFS(告訴状すら不受理)VS小沢秘書(いきなり逮捕)
不受理条件クリアに悪戦苦闘中3/3、東京地検特捜部小沢秘書を逮捕」の報に愕然!
 2年間奮闘し、最後は段ボール一箱分の挙証を迫られ暗礁に乗り上げたNFS告発
 ⇔片や告発も証拠集めも一切不要のフリーパス、
 前述列挙理由の例外だらけで小沢秘書はスピード逮捕→一瀉千里で家宅捜査。
 人手不足のはずが、逮捕後岩手にまで出張
 何故今、NFSその他を棚上げし突然小沢秘書逮捕?
 
 NFS・小沢を比較し疑問点を抽出→両事件の統一的処理基準開示を求める。

(2) 特捜部の告発状受理(事件処理)基準にみる疑問点
 貴庁の「事件の重大性、緊急性」の判定基準は?
 私の基準「被害の深刻さ、社会に及ぼす害悪、切迫した危険の度合い」
 →粉飾決算等虚偽記載、被害総額150億、死者もでて国民の生命財産が侵害、
  何度も告発済みだが放置され再犯に着手したNFSが、
 ⇔政治献金の名義虚偽記載で実被害も被害者も再犯被害の恐れも告発も
  何もない小沢より当然重く、小沢秘書が緊急逮捕されるなら
  NFSはとっくの昔に逮捕されねば、不公正感を感じさせ、
  不偏不党、厳正公平な公益代表者とはいえぬはず

更に;
  〇件の重大性度…H19/8急な重要案件、
   防衛庁守屋汚職事件がNFSに優先するとされ納得
  ⇔しかし小沢は収賄、汚職、脱税以外の単なる政治献金の名義虚偽記入で
   粉飾決算虚偽記載で150億詐取したNFSより重大とは思えぬ
 ◆―斗彑…NFS:民事で勝利するも刑事では新銀行東京名虚偽記載のみでは
   重要性なしと告発却下
  ⇔小沢:「重要性がないはずの名義の虚偽記入」で突然逮捕
  大事件の一部の立件…NFS:「大事件の一部立件はせず」として
   証拠十分な背任罪の立件を拒否
  ⇔小沢:名義虚偽記入という一部の形式犯で緊急逮捕し岩手まで家宅捜索・起訴
      (ならば実害あるNFSの背任も起訴せよ)
 ぁ〇効主張…NFS:主張は無視され時効完成⇔小沢:時効を根拠に緊急逮捕
 ァ“鏗欧猟度…NFS:8,000余人が150億円喪失自殺者数名(国民の生命財産喪失)
   ⇔小沢:直接の被害者、汚職、脱税なし民主主義の毀損なし
   特別低価格での落札等の国益被害なし。
  ちなみに特別低価格で落札→国益被害明白な
  1,000円で落札後3,000万で転売した郵政関連物件事件には捜査も立件もなし
 
 Α|聾,凌夕衂埖…NFS:人手不足を理由に段ボール一箱の立証を1個人に要求
   ⇔小沢:岩手まで多数の検事・職員を派遣
   他地区の検事を召集動員し大捜索、更に東北の業者の一斉聴取
 А崕斗彑がない」と自認した名義虚偽記載を徹底捜査
  ⇔新銀行東京名虚偽記載の却下と正反対であまりに不均衡。
 ─‖疂疝弖錙紛杁淦)…NFS:犯罪の嫌疑・証拠ともに十分
   再犯と証拠隠蔽の危険あるも野放し
   ⇔小沢:証拠隠蔽の危険なき秘書を逮捕拘束
  再犯や社会的影響…NFS:150億の被害放置後再犯に着手され
  更に被害拡大の危険あるも野放し
  ⇔小沢:形式犯で再犯着手なく社会的危険もないが逮捕拘束

(3) 「犯罪絡み、先物業界→与謝野献金」と「形式犯、西松建設→小沢献金」
 我々が告発済の献金=先物業界→与謝野元金融庁長官(駿山会)宛7,520万円献金  (H8〜H18)は職務権限と密接に絡む献金
 ∵H14以降、即ち先物被害が続出し規制要求が噴出した時期、
  先物業界が「政経政策研究会」等を通じ与謝野金融庁長官、渡辺喜美らに献金攻勢。
  本告発事件では監督官庁金融庁は我々の訴えを無視→NFS犯罪放置→被害回復を妨害
  →献金との因果関係濃厚
 しかし地検にいくら訴えても献金調査なく与謝野大臣らは安泰

 ⇔西松建設から陸山会宛献金は職務権限も汚職との関連もない。
 先物献金と違い、告発も被害者もいないただの虚偽記載
 人手不足のはずの地検が大量の人・カネ・時間を投入
 ⇔我々の悲願NFSや与謝野献金の調査は拒絶

(4)「不偏不党、厳正公平、公益の代表者」違反の疑問
 政権与党厚遇が顕著「不偏不党、厳正公平、公益の代表者」に
 国民の強い疑いあり。
  \菠・証券被害者が疑う与謝野への7,520万円の献金は無視
 ◆‖召亮民党議員は逮捕なく森や二階は預託して無事
 漆間巌官房長副官が「自民党に及ばぬ」と発言→事実二階・森に捜査なし
ぁー心峇泳篠紘官と検事総長は東大法学部の同級生
ァ 蔽羸邯蟻膺辰料挙区)民主党石川議員に事情聴取と大報道
佐田行革大臣、伊吹文科相、松岡・赤城・遠藤農林水産相ら
 事務所経費不正処理等すべて訴追皆無

まとめ
 具体的危険も実害もない小沢秘書が緊急逮捕
⇔検挙こそ150億円詐欺被害者8,000余人と自殺者遺族の悲願であるNFS、
再犯に着手、証拠隠滅の恐れ十分だが告発状受理もなく放置状態のNFS
 被害者我々国民はこの不均衡に強い不公平・不安感
 「安心安全な日本?身近で頼れる司法?うそ!」的心境。
 ∴  告発状受理・事件処理の基準の開示を求める。

7 国民が貴庁に望むこと
 1.貴殿の理念「不偏不党、厳正公平」「公益代表者」
 「国民が不公正と感じ、社会を内部から腐敗させる犯罪の撲滅」
 「安全で安心な日本の復活」の文字通りの実行。
 
 2.犯罪の軽重や緊急性判断→国民の生命・財産・安全の保護第一
  多くの被害者が苦悶する犯罪の検挙とその危険の除去を願う。
  これこそ公益代表者の任務
 
 3.NFSでは8,000人に150億被害、死者も出て国民財産・生命の侵害
  →告訴は不受理、犯人は再犯に着手、地検は岩手に全員集合状態…
  我々は怒り心頭。「国民のSOSを捨て置き何が西松建設だ!」
 
 4.職務権限に連なる違法献金−例えば消費者金融が与党自民党議員へ、
  先物業界が金融庁長官へ渡す、国民(債務者・消費者)の犠牲の上で
  業界を利する為の献金はどしどし検挙せよ。
 
 5.しかし西松建設は国民の犠牲なき献金
  →国民にはこの時期の野党代表秘書の緊急逮捕と嵐のバッシング報道は
   ムダ→そんな暇あれば山積する国民のSOSを先ず報道・検挙せよ!
 
 6.民主主義を損なう3大犯罪、投票買収、汚職、脱税が
  09/3/3なぜ突然政治資金規正法になったのか。
 
 7.国民の視点で今緊急逮捕に値する(民主主義を損なう)重大犯罪とは、
  経済危機で苦悶する国民を尻目に、
  国有資産を横領し膨大な税金をムダ使いし業界の不正を見逃す
  高級官僚の任務懈怠行為であり貴庁見解とは絶望的に乖離。
 
 8.恐らく国民の今の最大関心事はオリックスへの一括譲渡問題や
  消えた年金(舛添大臣は皆刑務所行きを公言し実現すれば皆驚喜乱舞)
  汚染米、B型肝炎等の責任者追及や財団法人悪用の漢字検定協会。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事