お気楽専業主婦ライフ

ちょ〜〜〜〜 久っさしぶりにログインしようとしたらパスワード完全に忘れてたw ってか何? この広告の多さ!!

全体表示

[ リスト ]

緊急入院

 
 
富山に遊びに行ったのはいいけれど・・・

実家では白エビどころじゃない大変なことが起こっていました。

旅行から帰ると、父から連絡が・・・


母が食べ物をまったく受け付けなくなり、

食べてもすぐに戻してしまう・・・と。

とりあえず、私は翌日実家に戻ることになっていたので

その晩は様子を見てもらうことに。


翌日、いつもより早めに実家に帰ると、

母は、ぼーーーっと南の窓際に座っていました。

前日の晩からすでに3回吐いているらしく、

父では着替えもわからず(これは問題)、

母は汚れたままのTシャツでたたずんでいました。


とりあえず、昼ごはんの準備をし、

ご飯が無かったので、健康な人はそうめんを、

母には豆腐を少しだけ出しました。


昨晩は食べている最中から戻したらしいのですが、

この時は食後10分経ってもなんともなく、

よくなってるのかな? とすら思いました。


ところが、30分ほどすると激しい嘔吐が始まりました。

脱水が心配だったので、お水は飲ませていたのですが

それすらも吐き出してしまいます。

そして、吐しゃ物が緑。


これはいかんっ! と当直の救急病院(市外)へ。

ところが、診察は17時から。 今はまだ16時前。

「緊急なら、研修医でよければ診ます」と。

「緊急なら研修医」って、、、意味不明。


とりあえず、落ち着いているので、17時まで待つことに。

だって、帰ろうにも遠いし、、、


そして、診察してもらうと、気になる所見があり、

さらによく調べてもらうことに。


栄養剤と、水分の点滴をMAXスピードで行いつつ、

検査も同時進行。 採血、X線、造影剤CTやりました。

点滴や検査中にも、何度も嘔吐しました。

内科から外科へ、担当の先生が替わりました。

そして、詳しい病名がわかりました。


『腸閉塞』 でした。

緑の吐しゃ物は胆汁でした。


その場で鼻からチューブを入れ、

胃に溜まった胆汁を外に出す(嘔吐を止める)処置。

そして、市内の病院に転送となりました。

この時20時半。


転送先の病院ではすでに優先で手配してもらっていたはずなのに

すごい待たされ・・・


しかも、また同じ検査を繰り返し。

最初の病院で、「画像はすべてCDに焼いて紹介状と一緒に渡すので

同じ検査はもうしなくていいです」と言われたのに!!


針を刺すたびに、か細い声で

「いたい・・・」と顔をしかめる母。


そして、同じ病院内なのに3回も先生が替わり。

その都度同じ質問をされ。

処置の一通りが終わったのが0時過ぎ。


結局、即入院となりました。

治療方針の説明や、入院の準備で一度実家に戻ったり、

なんだかんだで、すべて終わって落ち着いたのは02:30でした。


そこからがまた大変、、、

母は認知症なので、付き添いが必要とのこと、

私が病院に泊まることになりました。


が。。。


母はぜんぜん寝てくれません。

しかも、鼻に入れたチューブや点滴の管が気になって

自分で抜こうとしてしまいます。

それを防止するために、母の手に手袋をされたのですが、

今度は、この手袋が気になってしょうがない、、、


手袋は手首の所をボタンで留める構造になっているんですが、

両手が塞がっているので、簡単には外せません。

でも、まだまだイケてるオカンの知恵!!

私が目を離したすきに口でほどいてしまっていました(^^;


結局、おかんは一睡もせず。


そりゃ、ここで安眠するのは絶対ムリ。

ナースセンターのまん前で明るいし、外で話し声はするし、

2時間おきぐらいに点滴チェック、おしっこチェック、

早朝5時半に採血、30分後に検温、さらに30分後に顔拭き、

さらにさらに、点滴の交換。


こんなんじゃ、安眠できませんわな。

私も一睡もできず、、、
 
気がつけば外がだんだん明るくなってて・・・
 
 

 
夜が明けました。
 
 

 
 
きれいな朝焼け・・・
 
 
気分転換に、富山の写真を二人で一緒に見ました。

母に質問してみました。

私のオットを指さして、「これ、だれ?」

すると、母は、しぼり出すように

「○○○さん」



正解です。

涙がでました。


オカン、まだまだイケます!
 



現在、点滴2本と、胃に溜まった胆汁排出用の鼻チューブが1本。
 
これが全部取れても、一人でどこかにいってしまうキケンがあるので
 
いまのところ24時間付き添いの状況。
 
 
病院ライフはヒマなんだけど、
 
ネットができないんです〜〜(><
 
無線はキャッチしてるんだけど、フリーではないので
 
PC持参してもネットできないもどかしさ、、、
 
 
昨日の晩、28時間ぶりに帰って思いました。
 
「こういう時、パケホーダイっていいわねぇ、、、」
 
 
また今から出勤です(^^;
 
行ってきます!
 
 

更新の励みに、ランキングに参加しています。
ショボいブログですが、応援していただけたら嬉しいです♪
さんこポチん凸\(^-^ でウカれます

  
   
   
  
+++ 当ブログはリンクフリーですが、画像,レシピの無断使用はお断り致します +++
 
 
*コメントをくださったみなさんへ*
しばらくの間、訪問とReコメができません。
いただいたコメントは大切に読ませていただきます。
落ち着いたら伺いますね(^−^

閉じる コメント(9)

おかん、踏張ってください。
入院となると家族の付き添いは大変かとは思いますが、これがきっかけとなり、おかんの感覚は益々混乱しやすくなります
是非に是非にご自愛ください。

2011/7/19(火) 午前 8:35 -

アバター

おきらくちゃん、おはよー
わぁおかあさん大変なことになってたんだね。
24時間付添って大変だけど無理しないで頑張ってね。
リコメもほうもんも無理しなくていいよ。
休めるときに休んでね。
オールポチ☆

2011/7/19(火) 午前 8:38 ピーちゃん

お疲れ様〜
お母さん、大変だったね
そして、やっぱり認知症だと家族の付き添いが必要なのね
お母さんは、だんな様のことわかったんだぁ
涙。。。わかるわ〜
お気楽ちゃんも大変だけど、退院されるまで頑張ってね
応援ポチ

2011/7/19(火) 午前 8:47 na-ちゃん

原因が分かって良かったですね。でも、ホントに緊急なら研修医って訳わかりませんね。
仕方ないかもしれませんが、具合が悪いのに検査三昧。私も何度も同じ目にあってます。夜は点滴チェックに早朝の採血、検温、、。せめて寝させてよって感じでした。
おきらくさん、しばらく大変かと思いますが、体調崩されませんように。そしてお母様が早く退院できますように祈ってます。

2011/7/19(火) 午前 9:23 シフォンタルト

顔アイコン

旅行気分から一転大変でしたですね
でも大事に至らなくて良かったです
お疲れ様でした

2011/7/19(火) 午前 9:32 釣りきちフナッチ

お母さん大変でしたね。
腸閉塞は早めに処置しないと怖いと聞きます。

こういうことはなぜか旅行とか外出しているときに起りますね。
時々義母のホームから電話があるとドキッとします。

点滴をはずしてしまうのは義母も一緒です。
24時間の付き添いは大変でしょう。
おきらくさんが寝不足で倒れないようにしてくださいね。
お大事に・・・

2011/7/19(火) 午前 10:01 スマイル

顔アイコン

おきらくさん倒れないでくださいね
だんなさんの名前いってくれてよかったですね

2011/7/19(火) 午前 10:15 [ ゆきまま ]

いろいろと大変だったね
でもまだまだこれからのようだし
おきらくさんが疲れてしまわないか心配です

病院の対応は疑問を感じますが
原因がわかっただけでも良かったね

お母様の一日も早いご回復とおきらくさんの健康を
心からお祈り致します

2011/7/19(火) 午後 8:10 まきまき堂

顔アイコン

壮絶な一日でしたね。
病院の対応に物凄く不満がありますが、おきらくさんが体調を崩さないように祈っております。

お大事に。

2011/7/19(火) 午後 11:56 Nakaji


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事