今日もカレー日和

cumbia!!compa! リズムはたのしい

全体表示

[ リスト ]

普通ひき肉を炒めるときは、油をフライパンにひきますよね。

ひかないとくっついてしまいます。というのが今までの調理方法。

これからは、これでOKです。

まずうちの場合は、豚小間肉をフードカッターで挽きます。
イメージ 1
豚小間肉


イメージ 2

フードカッターで豚小間肉を挽きます。

売っているひき肉は細かすぎて使えないのです。


イメージ 3
粗挽き、ごつごつした感じのまま炒めます。

イメージ 4
フライパンに油の変わりに水をひきます。

イメージ 5
火をつけて肉をすぐ入れます。


イメージ 6
かき混ぜながら火を通します。



イメージ 7
水分は蒸発して、肉の脂が出てきます。

ひたすら混ぜます。
肉に赤みがなくなって水分もなくなったら、味付けをして終了です。


イメージ 8
フライパンには焦げ目はありません。

いかがでしょう。とてもヘルシーですよ、ぜひお試しください。

解説
なぜこげないのでしょう。
水が暖かくなり40度以上になると、肉の脂が溶けます。
水は蒸発し、脂が一面に広がっていきます。
フライパンにコーティングされ、こげないのです。
脂肪の融点(個体から液体になる音頭)が30度後半から40度ちょっととなっています。
豚は40度ちょっと、鳥は35度程度です。

これを利用した料理があります。キューバ人のインストラクターから教わりました。
これは次回発表します。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

勉強になりました。今度試してみますね。

2007/7/25(水) 午前 2:01 POCHI 返信する

ポチさん、ぜひやってみてください、ほかの肉もやってみましたが、脂分が少ないと無理のようです。
豚バラはできます。チキンもできそうですが、フライパンを動かしていないと、
焼き付いてしまいます。

2007/7/25(水) 午前 3:30 onitalefac 返信する

顔アイコン

うさぽんです
おお!これって、同様の調理方法、トルコにもあります。
感謝祭の牛や羊を屠る時、「ガウルマ」とかいう肉の保存食を作る時
こういった方法で肉に日を通して、最終的には油に肉片が埋まっている状態で冷やして、油が固まったところで保存し
料理の出汁に使ったりするんですよ。でも、
はじめに水を引くというのはナイスアイディア

2008/2/18(月) 午後 3:24 [ うさぽん ] 返信する

顔アイコン

うさぽんさん>肉の脂って火を通すとかなりの量がでますから、それを肉と分けて料理するというだけで、半分ヘルシーになるんですね。水というのは、水で肉を煮ますね、そうして最後には水分が蒸発して、油に変わるというマジックのような料理なのです。

2008/2/18(月) 午後 4:31 onitalefac 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事