億万長者の村

無理をしないで楽しくお金儲けをしよう。

全体表示

[ リスト ]

一人起業成功術。

   ◆初めて読む人は最初から読んでください。前の頁は「起業・副業情報」の書庫に入ってます。

   '''☆趣味の占いで月十数万円。'''
    '''相談は1日2件に制限。'''

  ー駝の占い。
   新潟県柏崎市のM.Wさんは本業は英会話講師。自分で英会話教室を経営するほか、通訳や翻訳の
   仕事をこなし、要望があれば地域の学校にまで出向いて英語の講義を行っている。国際化時代に、
   おおいに注目されている仕事だが、長年趣味でやっていた占いを副業として始めることになる。
  ⊆駝の占いからプロへ。
   a)子供の頃から占いがすきで、占いに関する本は手当たり次第読んだ、自分でもいろいろなもの
     を占っていた。そして60歳を超えたら、第2の人生として、占い師になりたいといつも考え
     ていた。そして2000年のある時、英会話の仕事に余裕が出来たので、占い師になるには
     どうしたら良いかを知りたくて電話帳をしらべ、それを教えてくれるところを探した。
     そこで占い師を斡旋する事務所を見つけたのだ。
   b)芸能事務所のように、占い師が何人か所属して、それに仕事を仲介するところだ。
     さそく電話してみると、「占いが出きるなら、60歳過ぎといわずに今からやってみたら
     どうですか?」と言われたので、ものは試しと、事務所のオーディションを受けたら見事合格
     した。その事務所に所属することになり、自分でも看板を上げるようになった。
     日曜日には新潟県内のアミューズメント施設のなかに場所を借りて占いを行った。
     それが「よく当る」と評判になり、口コミで客が増え、リピータを数多く獲得した。
     常に独学で勉強して、その場で判断するだけでなく、その後の結果も見届けて、自分の判断が
     正しかったかどうかも確認している。
  ∨楸箸閥菠漫
   a)現在は自宅で占い業を開業しているほか、占い事務所に所属し、毎日英会話教室が終わった後
     に、自宅に来る占いや電話での占いを行っている。霊感やタロット、生命判断、風水などの
     基本的な占いから、トランプ占いや、コーヒー占いまで、あらゆる種類の占い術を習得して
     おり、相談者の要望に合わせて占うことも可能だろいう。集客のために特に広報活動をしては            いない。すべて口コミで広がった。「特に最初、アミューズメントでの人での
     多いところでやったことが大きいそうです。今ではほぼ毎日コンスタントに相談の予約が入る
     そうです。本業をおろそかにしたいため、1日の相談件数を2件程度に押さえている。
     人の運命を占うわけですから、それなりのエネルギーを使うため、それ以上の依頼を受ければ
     判断力も鈍りかつ本業に影響してしまうためだそうです。
   b)料金は電話での相談だと1分200円でだいたい40分ぐらいなので8000円の計算になる
     。電話相談というのは、対面相談より占い師のカリスマ性が発揮されて、相談者にアドバイス
     が的確に届き「あたる」確立がかなりたかいという。このほか、自宅へ来てもらう相談の場合
     は30分で3000円〜5000円程度。彼女はお手製のケーキとコーヒーを必ず振舞うこと
     になっている。そこまで含めて、占いの相場からみるとリーズナブルな設定だそうだ。
     この結果、月収は多いときは27万円、少ない時には7万円で、平均的に十数万円は確保で
     きる。
  だ功する秘訣。
   a)占い師になるために、特に決まった資格はない。「占い」の看板を上げれば、誰でもその日
     から占い師になれる。ただし、それが収入につながっていくかとは「当たる。」「当たらない
     。」にかかる。当たれば、口コミで広がり、リピータもでき、料金も決められた設定はない
     ので、当たれば少し高くても相談はできる。当たらなければ客は来なくなる。
     占い師として成功するにはまず技術があること。次に他人の人生を左右するようなアドバイス
     をするわけだから自分自身の人生経験をつむ事も大切です。
   b)何よりも占いとは、病院のようなもので、その人の心をカウンセリングするわけです。
     どうやったら占いに興味を持ち、自分で趣味として占ってる人も多いのだろう。その興味を
     トコトンまで極めるのもいい。M.Wさんを参考にすれば、副業でボーナス分ぐらい稼ぎ
     だせるかも知れない。今、圧倒的に多い相談の種類は、若い女性の不倫問題と高齢者の離婚や
     家庭内別居などの問題だそうです。その辺の事から技術を磨いていけばよいでしょう。
  ダ功の分析。
   a)子どもの頃から占いに興味を持ち本で勉強した。
   b)自分なり占を実施して技術を磨いた。
   c)60歳から占い師になろうと思ったが40歳で占い師の事務所のオーディションに合格。
   d)英会話講師をしながら副業として占い師を始める。
   e)日曜日にはアミューズメント施設の中に場所を借りて占いをした。
   f)自宅でも占いを行いリピータを増やした。
   g)本業に差し支えないように1日2件に絞った。
   h)普段から勉強、訓練し自分自身の人生経験を積んでいった。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事