億万長者の村

無理をしないで楽しくお金儲けをしよう。

全体表示

[ リスト ]

一人起業成功術。

   ◆初めて読む人は最初から読んでください。前の頁は「起業・副業情報」の書庫に入ってます。

 
  ●準村民(会で働きたい人、起業したい人)−−−資金0円、少ない人のお金儲け。
 

   ☆60歳から始める研修事業。
    ランチェスター戦略教材を販売。

  …蠻退職から。
   a)K.H氏は定年退職した時、「のんびりと余生を暮らす。」ことに嫌気がさしていたのだ。
     このままだと、心身ともに良くないと感じていました。老け込むにはまだ早いと感じていた。
     自分の経験を生かして何かやりたいと考えていました。
     彼は東京商工リサーチに在籍中、営業職に従事し、会社トップセールスを17年間も続けて
     きた。又企業調査の仕事もおこない何千人もの経営者と面談してきた。
     与信管理に関する講演や寄稿などもしていた。
   b)この経験を生かせる仕事として目をつけたのは、ランチェスター経営蠅梁緲店だった。
     実は同社の社長は、彼の先輩。その関係で、この仕事の存在を以前から知っていた。
     ランチェスター経営蠅梁緲店には2種類ある。まず、正式代理店は、すべての商材を販売
     する代理店だ。商品は本部から5掛けで卸してもらえるが、初期費用200万円程度の費用が
     かかる。一方、準代理店は自分の好きな教材だけ販売する代理店であるが、商品の卸値は7
     掛けで、初期費用は30万円で済む。彼は余り儲けなくても良いので準代理店を選らんだ。
  ▲薀鵐船Д好拭七弍弔箸蓮
   a)この代理店が中小企業出身者にむいている、ランチェスター戦略が中小企業のような弱者にて
     役立つ戦略だからだ。そもそもこの戦略はイギリスのエンジニアが第一次世界大戦から導き
     出した戦争の法則をビジネスに応用した経営戦略である。現在の経営理論の基礎と言われて
     おり世界中の企業に影響を与えている。その理由は「弱者の戦略」の存在にある。
   b)ランチェスター戦略では、人材の数や資金の量で大企業に劣る中小企業は局地的に持ち込む
     ことが鉄則される。具体的に言えば「強い競争相手がいない小さな市場で戦うこと。」「マス
     向けの広告宣伝を避け直接訪問やポスティングを重視する」「資金や人材を1ヶ所に集中投下
     する。」などでも、大手の1社で、竹田社長が独自にせんりゃくを研究し、営業、財務、人材
     育成など、分野別に具体質を提示。その講義の様子を収録したDVDやCDを100本以上
     リリースしている。
  セミナーを実施。
   a)この代理店の長所は、ランチェスター戦略というブランド力で集客出きることだ。
     本部がホームページで代理店の存在を紹介してくれるので何もしなくても自分の存在をPR
     できる。実際、彼は開業後、2社の出版社からセミナーのゲストスピーカーとして招かれた。
     ただ、順調に客をつかむには、それなりの努力が必要だ。そこで彼は営業マンンの心得を記
     した本を自作。そして倫理法人会や中小企業同好会などの法人会に顔を出して、本を配った。
   b)ランチェスター戦略を学ぶ人は、中小企業の経営者が多い。その人達をつかまえるには法人会
     に出席するのが一番いいと考えていた。まだセミナーにつながっていないのか、効果は着実に
     現れるという。一部の会合の時に、本を渡した人から「すごく勉強になりました。」とお礼の
     手紙をもらってる。来ようなことを続ければ、自然とセミナーにつながると思っている。
  つ穃繕發妊機璽咼后
   a)定年退職者がビジネスを始める強みは「多くの収入を求めない事。」と彼は考えている。
     「私は月10万円も稼げれば十分、だから低料金でセミナーを実施しても、まったく問題
     ありません。生活がかかつている人にはできないことだと思ってる。」そうです。これを
     生かして、今後は商工会議所に営業しようと考えている。
   b)小泉改革で、商工会議所の予算が減っているので、以前に比べるとセミナーの数がへっている
     そうです。そこで「出来高制でのセミナー開催」を提案しようと考えている。
     これなら、商工会議所にリスクはなく、彼にとっても場数をこなす事にもつながり、実績
     づくりになるそうです。
     彼の初年度の年収を360万円と見込んでいる。
     理想は毎日どこかでセミナーをして、大儲けしたいわけでなく、いろいろな人と接するのが
     楽しみにしていて、今後の展開を楽しみにしている。
  ダ功の分析。
   a)定年後のんびりと余生を暮らすのがいやで自分の経験を生かして何かをやりたいと思った。
   b)自分の経験を行かせる質の高いセミナーをするためランチェスター経営を選んだ。
   c)ランチェスター経営蠅梁緲店に決めた。
   d)代理店と準代理店があり、初期投資の安い準代理店を選んだ。
   e)PRは本部のホームページで広告してくれる。
   f)初の仕事は2社の出版社からきたので赤字にならなかった。
   g)法人会に出席して、自作の本を配りセミナーの増加に努力している。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事