ここから本文です
ブログ始めました!
こんにちは、フヂエン奥村です。

インプレッサ エンジンオーバーホールもラストスパート。

では続き行ってみましょう!!

シリンダーヘッドの組み付け開始です。
イメージ 1

左右それぞれバルブを組んでいきます。

イメージ 2

シムをのっけてカムシャフトを装着し、バルブクリアランスを測定。

イメージ 3

測定後本来は狂っているバルブクリアランスを正常値にするためアジャストシムを交換するのですが、年式が古くて手に入れることができませんでした。
幸いそれほど狂っているところがなかったので、オーナーさんと相談の上現状としました。
イメージ 4
 
次にインマニ廻りを先に組んでおきます。
配管が多くて少し手間取りました、、、。
イメージ 5

ヘッドガスケットはオーナーさん選択のTOMEIのメタルガスケットを使用。
イメージ 6
ヘッドリフト時の追従性がよいそうです。
イメージ 7

ヘッドガスケット乗せたら、シリンダーヘッドを乗せ既定の締め付け方法で締め付けていきます。
イメージ 8

反対側も同じように組んでいきます。
イメージ 9

ヘッドが組めたら、先ほどのインマニを組み付けます。
イメージ 10

イメージ 11

続いてタイミングベルト類をつけます。
イメージ 12

イメージ 13

トランスミッションとドッキング!
イメージ 14


車の方にエンジン&ミッションを載せていきます。

イメージ 15
搭載完了!
エンジンオイル、冷却水を注入、その他チェックをしてエンジン始動!!
無事エンジンがかかり、アイドリングも安定。

イメージ 16

少しだけ試運転し、残り慣らし運転はオーナーさんにバトンタッチです!!
イメージ 17

やることがなかなか多く少し時間がかかってしまいましたが、無事にオーナーさんに渡すことができてよかったです。

この記事に

こんにちは、フヂエン奥村です。
しばらく空いてしまいましたが続きです。

掃除&洗浄を進めていきます。
部品洗浄槽やサンドブラスト、ワイヤーブラシ、サンドペーパー等、
出来うる手段を使って掃除していきます。

洗浄後のインマニ。
イメージ 1

シリンダーブロックとピストン。
イメージ 2
これらはシリンダーヘッド関連ですね。
イメージ 3


部品全てを掃除&洗浄できたので、エンジン本体の組み付けに入っていきます。

まずはクランクシャフトと新しいメタルとのオイルクリアランスをプラスチゲージを使い測定していきます。
イメージ 4

イメージ 5

下の緑色の細い糸のようなものがプラスチゲージです。
これをシャフトとメタルの間に挟んで締め込み、つぶれ具合によってクリアランスを測定します。
イメージ 6

既定のトルク値でしめつけ、もう一度分解。
イメージ 7

少し見えずらいですが、プラスチゲージがつぶれてます。
結果、基準値内だったのでオッケーです。
イメージ 8

コンロッドは4本中2本が傷ついて要交換でしたが、2本だけ交換するとバランスが悪くなりそうだったのでオーナーさんと相談して4本とも交換することに。
そして、コンロッドも同じようにオイルクリアランスを測定していきます。
イメージ 9

結果、コンロッドも基準値内だったので合格です。
イメージ 10

各部測定後、本組に入ります。
噛り付き防止の組み付けペーストを使いピストン、コンロッド、クランクシャフト等を整備要領書に従い組み付け。
イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13
こちらはオイルパン組み付け。
イメージ 14

これでシリンダーブロック編終了です。

次回はシリンダーヘッド編です。

続く

この記事に

こんにちは、フヂエン奥村です。

スバル インプレッサ エンジンオーバーホールの続きです。

前回はシリンダーブロックとシリンダーヘッドを切り離したところまででしたね。

分解後のシリンダーブロックです。
ピストンの頭頂部はまぁ相応の汚れですね。
思ったよりは綺麗でした。
イメージ 1

なんやかんや分解して、、、、、、、、、、、、、、、。
大変申し訳ない!!
ここまでの写真を紛失してしまいました!!

気を取り直して、これが焼き付いたメタルが装着されていたクランクピン部。
ガッツリと傷が入ってました。
イメージ 2

そしてこれが接続されてたコンロッドの方。
メタルのストッパーがなくなりメタル自体が空回りしてこちらも傷だらけです。

この部分が焼き付きメタルがすり減り隙間が大きくなり打音が発生するのです。
イメージ 3

必要部品が来るまでの間に個々の部品を清掃&洗浄です。
エンジンに限らずオーバーホールという仕事はこの作業が実は一番時間がかかるのです。

さぁ、ガンガン清掃&洗浄していきます!!
イメージ 4

続く

この記事に

こんにちは、フヂエン奥村です。

エンジン異音でスバル インプレッサが入庫しました。

イメージ 1

走行中に突然カンカンと打音が発生したとのこと。
確認してみると、エンジン回転に比例して打音が大きく早くなります。
こういう打音はよくクランクシャフトとコンロッドの接続部分に使われているメタルベアリングが焼き付いたときに出る音で、オイル交換をせず無理をさせて走っている車によくみられる症状です。

でも、この車の現オーナーさんはこまめにオイル交換をして管理をしっかりしている人なので、前オーナーさんのしわ寄せが来てしまったのかなと思います。

で、ひとたびこの打音が発生してしまうとエンジンを分解しての修理以外直す方法はありません。
オーナーさんにこのことをお伝えしてエンジン修理の許可をもらい、分解を始めます。

まずは車からエンジン&トランスミッションを下ろします。

イメージ 2

そしてエンジンとトランスミッションを切り離し、インレットマニホールド、配管類などを取り外しエンジン単体まで分解していきます。

イメージ 3

で、順番にタイミングベルト系、スプロケット類、ウォーターポンプ、その他カバー類を取り外し。
それに続き左右のシリンダーヘッドを分解していきます。
イメージ 4
イメージ 5

とりあえず、今回はここまで。


この記事に

こんにちはフヂエン奥村です。

ロータス エリーゼの車検が入庫しました。

イメージ 1


油脂類の交換とヒビ割れがある補機類のベルトを交換します。

作業に入りますが‥‥、さすがに狭い!!

イメージ 2


しかも、この車リフトに乗せられずジャッキアップでの作業。

腕を入れ替え、工具を入れ替えベルトを外します。
これだけヒビ割れてると切れるのは時間の問題ですね〜。

イメージ 3


交換後。

イメージ 4


これ以外には故障箇所ななく、無事に車検終了しました!!

ちなみにこの車、車重がかなり軽く重量税がお安く、さらにフヂエン割引きを適用すると費用合計が軽自動車並みになります。

軽い車って良いですね!!
(そんな僕は車重2tの車乗ってます‥‥‥💦)


*フヂエン割引き
フヂエンでは修理代のかかる古い国産車、輸入車に乗っておられる方々を応援するという事で車検時の点検・事務・代行費用の割引きキャンペーンを常時行っております。
お気軽にご相談下さい。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事