ここから本文です
奥様は中国人
年齢差 26歳 年下 の 中国人奥様 との日記です。

書庫全体表示

2019年02月07日(木)


来年に向けての今年の目標。


以前から、時々奥様から帰化の話が出ていましたが、今年も4月に奥様が中国に帰省するにあたり、数日前、具体的に何の書類を用意しなければならないのかを聞かれました。私は、行政書士に依頼すると、また高い手数料がかかるので、自分で申請しようと考えていました。しかし、ネットでいろいろ調べてみると、自分で申請する場合には、慣れていないのでとても手間と時間がかかり、せっかく用意した公証書類も、期限切れになってしまう事があったり、一度不許可になってしまうと、再申請では審査が更に厳しくなってしまったりする様です。効率良く申請手続きを進めるには、行政書士に依頼した方が良い、っと言う結論になりました。そこで、いつもお世話になっている行政書士の先生に連絡を取りました。

行政書士の先生によると、帰化許可申請は在留許可申請とは違い、行政書士は、各種申請書類の作成や法務局に出向く際の付き添い、申請手続きを進める際にアドバイスをするなど、申請者を補助する役割をするだけで、申請自体は、申請者自身が自分で申請に行かなければならない、っとの事。それから、実際に申請をする前には、事前に申請者本人が法務局を訪れて、どの様な書類が必要なのかや、どの様に申請手続きが進められるのか、などの打ち合わせをしなければならない様です。勿論この時は、行政書士も同席して話を聞ける様です。

帰化の条件としては以下の様なものがあり、許可処分の決定は、法務局の自由裁量との事。

1.住所要件

5年以上日本に住所を有すること。

継続して日本に在住する事が必要であり、長期または頻繁に出国する場合はリセットされます。(再入国許可の期間に関係ありません)当然、適法に在住することが必要であり、不法入国者は認められません。住所要件で一番大事なことは「定着性」です。その外国人がこの先ずっと日本人として生活し、日本に住んでいくのかという定着性について、「ただ決心したという」主観的事情ではなく、例えば家族全員が帰化申請する等のような客観的事実について確認されます。(家族のうちの一部のみが帰化許可の申請をする場合は、他の家族が申請しない理由を提供する事が必要)

2.能力要件

日本における成人年齢である満20歳以上であることが必要です。

3.素行要件

素行に問題がないことが必要であり、過去の刑罰、違反や、税金の滞納状況等が考慮されます。過去と現在を問わず、私生活に何か後ろめたい事がある場合は、専門機関に正直に相談した方がよいでしょう。

4.生計要件

生計を営むに足りる資産または技能があることが必要です。

これは世帯単位の資産で構いません。そして申請時にはその証拠となる給料明細等が必要となります。

5.重国籍防止要件

帰化が認められているのは、日本国籍取得によって母国籍を放棄する者、または、元々無国籍者だった者である必要があります。

6.憲法遵守要件

暴力的活動を企てる団体に参加したことがない必要があります。親族などの身近な人もチェックされるのでご注意ください。

7.日本語要件

これは法律には規定されていませんが、小学校3年生以上の日本語能力を有することが必要とされています。読み書きや会話について、チェックされます。




私は、昨年のブログ記事にも書きました様に、自律神経失調症で約8ヵ月間会社を休職しました。なので、昨年の年収は80万円程しかありませんでした。一方奥様は、一昨年の6月より福祉関係の仕事で正社員として働いていますので、最低ラインではありますが、一人前の収入は確保出来ています。問題は、私です。審査項目はどれも重要なのですが、その中に「 生計要件 : 生計を営むに足りる資産または技能があることが必要 」っとあります。申請者本人である奥様は、特に問題は無いと思いますが、生計を一にする私の昨年の年収がひっかかります。昨年の9月より復職し、仕事内容を、私の体調に合わせたものに変更してもらいました。現在は、通院治療で処方薬を服用しながらの仕事復帰です。

今年1年間、通院治療をしっかりやって体調を整え、仕事を休まず続けられる事を証明し、生計を一にする奥様の配偶者として、しっかり奥様をサポート出来る事を証明しなくてはなりません。今年の秋頃には、私達夫婦と行政書士の先生とで法務局の事前相談を受けようと考えています。そして来年、奥様が帰省した際には、しっかりと必要書類を準備して、帰化許可申請をしようと考えています。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事