・*:.。. もう一度恋しよう.。.:*・゚・*:.。.

*お気に入り登録いただける際はひと言お願いします♪無断ファンぽちは定期的に削除させていただきます(*_ _)ペコリ*

*浮気に負けない*

[ リスト | 詳細 ]

http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/2a/c9/olive_philo_sophia/folder/218171/img_218171_1260238_19?

   信じていた人の裏切り

   それでも一緒にいるコトをあきらめないと決めたから…

   辛い過去を愛や優しさで包み込んで
 
   いつの日か優しく輝く真珠のような思い出に。。。
記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

*疑いの種*

.

   騙されないで人を愛そう、愛されようなんて思うのは、ずいぶん虫のいい話だ。
                                                   by川端康成


   この言葉と出会って

   旦那クンを疑うコトを止めようと思いました。

   旦那クンが裏切ったんだから、旦那クンが信じさせて!

   相手に求めていては何も変わりませんよね。

   もう一度、愛し合う二人になるためには

   自分が変わらなくてはいけない。。。

   変わる勇気がなくてはいけない。。。




   自分の気持ちの中に『まだつながっていたら…』『また女を作ったら…』

   という気持ちがある以上、ご主人はまた女を作りますよ。

   そんな事考えること自体、そうして下さいというストーリーを作るんです。

   疑っちゃいけない。

   その気持ちが態度に表れて旦那クンを追い詰めてしまう。。。

   それでも、また騙されたら。。。という思いが

   疑うコトを止めさせてくれませんでした。
  
                                                 *自分の気持ちと他人の目*








   露骨な嫉妬は愛する者への不信であり、デリケートな嫉妬は自己への不信である。   
                                                      byレスピナス


   嫉妬。。。 自分の愛する者の愛情が、他の人に向けられるのを恨み憎むこと。





   まだ、連絡をとっているのでは?

   今、どんな話をしているんだろう?

   帰りが遅いけどなにしてるの?

   これは、デリケートな嫉妬?

   だとしたら、原因は自分を信じられてないから?




   私の場合は。。。気がついた時には旦那クンを疑わなくなってました。

   でも、今思い返してみると。。。

   自分に自信を持ったコトと反比例していったかも♪

   自分を磨く ⇒ 女としての自信を取り戻す

   夫を立てる ⇒ 夫に居心地のいい場所を提供しているという自信

   そんな積み重ねが、私のコトは裏切れないだろうという自信になった気がします♪

   だって、私、いい奥さんですもの(´0ノ`*)オーッホッホッ!! ←自信過剰(笑)




   いつの間にか、私の中では立場が逆転している気がしますw(*゜o゜*)w

   『私を失ったら、きっと後悔するよ〜』って( *´艸`)クスクス

   すっごい根拠のない自信ですよね(*´∀`*)ゞポリポリ

   でも、これくらいが本来の私らしいのかも♪

   これからもいい女であり続けるコト。

   いい妻であり続けるコトが、

   私の中の不安や疑いの芽を摘み取ってくれる気がします。
.
.


   迷いの中で私の背中を押してくれた*鑑定結果*

   その言葉はけして優しいだけのものではなく

   自分のズルイところ、弱いところをグサッとひと思いに突いていただけました。

   大切なのは信じるコトが難しい未来を信じ抜く心の強さ☆

   心がここにない夫に笑顔で挨拶をする心の強さ☆

   自分のしてきたコトを反省する心の強さ☆

   自分を裏切っている夫に感謝の気持ちを伝える心の強さ☆

   自分を信じて自分を変えるコト、強い心を持つコトが未来を変えると私は信じています(●´艸`)



   

   私の目を覚まさせてくれたSATOKOサンの記事デス♪


   【幸せな奥さんは頑張っています】

   幸せな奥さんは頑張っています。

   奥さんにも幸せな奥さんとそうでない奥さんがいます。
   同じ奥さんなのに、なぜそんなに違いがあるのでしょうか。
   それはやっぱり、幸せな奥さんは頑張っているからなのです。

   幸せな奥さんは家の事をきちんとこなします。

   家族に美味しいものを食べさせてあげたいから、頑張ってお料理します。
   栄養をつけて健康でいて欲しいから、頑張ってお料理します。

   家族で住む家を綺麗にしたいから、頑張ってお掃除します。
   家族の友人がいつ来ても恥ずかしくないように、頑張ってお掃除します。

   家族にいつも清潔な服を身に着けて欲しいから、頑張ってお洗濯します。
   いつもふかふかのタオルやさらっとしたシーツを使って欲しいから、頑張ってお洗濯します。

   幸せな奥さんはだんな様に尽くします。

   だんな様の親や兄弟を大切にします。
   だんな様の友人やお世話になっている人を大切にします。

   幸せな奥さんは一生懸命に子供の世話をします。

   子供の行事には積極的に参加します。
   お稽古や塾などの送り迎えも一生懸命にします。

   幸せな奥さんはよく働きます。

   家族の為に頑張って働きます。
   世の中の役に立ちたいと、一生懸命働きます。

   そして幸せな奥さんは自分磨きを忘れません。

   スポーツクラブやテニススクールに通い、心と体を鍛えます。
   お稽古や習い事をし、知性や教養を高めます。
   いつまでも綺麗でいるために、オシャレや美の追求は怠りません。
   そして友達とランチや映画に行ったり、楽しむことも忘れません。

   幸せな奥さんは毎日忙しく頑張っているからこそ、幸せになれるのです。
   

   自分の力を尽くすコトの大切さ☆

   そして、自分を磨いて自分を輝かせるコトの大切さ☆

   努力なくしてしあわせはない!

   そうはっきりと教えられて、自分のなすべきコトが分かりました☆

   まずは自分のできるコトを全部やる!

   そのあとで夫のコトを考える。。。

   自分が努力しているその間に、夫婦の関係は変化していくものではないかと思います♪  







   そして、SATOKOサンの書かれた離婚の危機の乗り越え方デス♪


   【離婚の危機をどう乗り切るか】 

   私の元へこられる方は、離婚の相談が圧倒的に多いものです。
   言い換えると、離婚する方が増えられた・・と言うことでもあるのです。

   今、離婚の危機で、
   どうしたらいいのか・・と相談されますが。

   どうすればいいのか。

   答えはひとつ。
   「仲良くすればいい」・・それだけの事です。

   離婚の危機で悩んでおられる方にすれば、そんな無茶苦茶な・・と思われそうですが。

   究極の答えであって、ごく簡単な事でもあるのです。

   離婚したくないのなら「仲良くすればいい」
   ・・ただ、それだけの事です。

   今、離婚の危機で悩んでおられる方は、
   「仲良く出来ない」 
   「仲良くする気がない」のです。

   でも離婚したくないのなら「仲良くする」しかないのです。

   離婚を免れたいのなら「仲良くするように頑張る」しかないのです。

   そして「仲良く出来るように頑張った」人は後々幸せになれると思いますが、
   頑張れなかった人は、離婚するしかないのです。

   私の元へこられる方は、ほとんどの方が、
   「仲良く出来るように」頑張られます。
   そして、以前よりずっと幸せな家庭を築いておられます。

   でもわずかな方は、頑張ることを出来ず、
   まだ暗闇の中をさまよっておられます。

   その違いは何か。
   「自分を変えようと、出来るか出来ないかの違い」なのです。


   自分を変えることが出来る人は、幸せになれる可能性がありますが、
   自分を変えることが出来ない人は、今までと何ら変わらない人生のままなのです。


   自分を変えることが出来れば、相手は必ず変わります。
   そして自分を変えることが出来れば、まわりは必ず変わるのです。




   とっても明快ですよね^^

   私も人生はやるかやらないかで変わってくると思いました。
  
   そのチャンスは『気づき』を手に入れた時☆

   思っているだけではダメなんです。

   やるか、やらないか。

   許すか、許さないか。

   変わるか、変わらないか。

   そして、その運命の選択は常に自分が握っているというコトも☆




   努力すれば、必ず成功するかと言えば、必ずしも成功するとは限りません。

   しかし、努力なしには成功を手にすることはできません。


   自分の望みを叶えるためにした努力はすべて

   これからの私の財産になってくれました☆





*許すか、許さないか*

.


   お前がいつか出会う災いは、

   お前がおそろかにしたある時間の報いだ。    ナポレオン・ボナパルト



   旦那クンの浮気を許したいと思った時

   一番背中を押してくれた言葉。

   私を納得させてくれた言葉デス。



   
   浮気した旦那クンを恨んで、責めて、憎むコトより

   理解して、受け入れて、許したあとの方が

   私の心は穏やかでした。。。




   夫婦の再構築を望むのなら

   加害者と被害者になってはいけない

   これはとても大切なコトだと学びました。

   


   だけど、旦那クンが裏切った。

   私を深く傷つけたという事実は決して消えるコトはありません。

   どんな理由があったとしても加害者であるコトに変わりはないのです。

   だから。。。

   だから、私は自分が被害者であるという意識を手放したんです。

   私が一方的な被害者だと思い続ける限り

   旦那クンは一方的な加害者であり続けるから。。。




   旦那クンが浮気してしまったは私にも責任があった。
   
   私が旦那クンを大切にしていなかったから。。。

   私が子育てに一生懸命になりすぎて旦那クンのコトを見てあげてなかった。。。

   私一人が我慢してる、頑張っていると思いこんで

   旦那クンに八つ当たりして、きつい言葉を投げつけてた。。。

   だから、旦那クンは心を受け止めてくれる場所を求めてしまったんだ。

   これが私を納得させられた理由。





   いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。
                                             byアインシュタイン




   私も悪かった。

   私も至らないところがあった。

   そう認めた時から、旦那クンを責めるコトをやめました。

   旦那クンからの冷たい態度には鈍感になって

   笑顔であいさつするように心がけました。

   お仕事してくれるコトに感謝の気持ちを行動で表しました。

   そんな時間が私から、家族から離れてしまった旦那クンの心に

   少しずつ変化をもたらしてくれたと思っています。






   夫の浮気からの関係修復は、

   許せるか…、許せないか…ではなくて

   許すか!許さないか!

   だと私は思います。

   相手の反省の態度で決めるとか、相手の謝罪の態度の深さで…といった

   受け身ではなく、自らが選ぶコトな気がします。

   自分のため、

   子供のために、

   許すか、許さないかを決める。

   その決断を下すことが私の第一歩だったように感じるから。。。
.

*浮気相手からの助言*

.

   以下は不倫をしていた女性の手記デス。

   ご不快に感じられる方はスルーしてください<(_ _)>









   旦那さんにたまには甘えればいいと思う…寂しいとかそばに居て…とか

   愛してる?ってそんな事も聞き合えば良いと思う…

   行ってらっしゃーいチューやお帰りなさいのチューもしたらいいと思う。

   恥ずかしがらずにすればいい…

   愛人なんぞ作られたくなければ旦那さん家で居心地満点に思う様にしてあげれば良いと思う…

   存分粗末にしておいて心逃げ出した旦那さんにだけ文句をぶつけるのは少し可哀想…

   誰だって自分の居心地のいい場所をもとめるんじゃないかな…

   居心地良さそうと思ったらなびいちゃうんじゃないかな…

   自分の行動を振り返れば浮気ももしかしたら怒れなくなるのかもね…

   男を上手く立て大切に手放せない女になる事も

   私はこの不倫によってようやく学習できた事かもしれない…

   自分の全てを受け入れてくれて頼ってもくれる…頼りにしてくれる…

   それは男でも女でも最高の居心地の良さなのではないだろうか…

   愛人はしたたかなのではなく したたかにならざるをえないのかもしれないね…

   本妻の座にはあぐらをかけても愛人は一生かけませんから…




   皆サンはこれを読んでどう感じられましたか?

   私がこの文章と出会ったのはまだ関係修復のゴールが見えていない頃。

   その当時、浮気する人間の本性ってなんぼのもんじゃい!!と思って

   色々とサイト巡りをしていました!*>Д<艸




   なのに読んだあと私は。。。返す言葉もありません。。。って感じでした▄█▀█●ガーン 

   それまで自分の言い分にだけこだわって

   私は悪くない!裏切った旦那クンが悪い!妻子持ちに手を出した女が悪い!

   そんな風に思って反省なんてできずにいました。

   そうなってしまった原因やそこに至る旦那クンの気持ち

   その旦那クンの寂しさに引き付けられてしまった相手の気持ちなんて

   まったく見えていなかった。。。




   そして、色々と解決方法を探す中で

   なんとなくだけど“自分も悪かった。。。”と感じていたコトが
 
   “私が悪かったんだ”って、思い切って受け入れるコトができました。

   そして、私も必ず男を上手に立てる女になってやる!って思ったんです!



   本妻の座、子供たち、数多くの絆、それに夫を立てる賢さ。。。

   『それを手にした私に敵う女はいないだろう』と自分を納得させたのを覚えています。

   意地で始めたような変化ですが、そこに嬉しい誤算が加わりました♡

   それは旦那クンが変わってきてくれたコト(●´艸`)

   旦那クンからの優しさに触れて、私も心から優しさを贈りたいと思えるようになったんです♪



   当時、私は自分への戒めとして、この文章をブログに持ち帰えらせてもらいました。

   (さすがにお願いできなかったので、こっそり(*´∀`*)ゞ)

   そして時々読み返して、夫を立てるコトの大切さを思い出していました。



   これも一つの事実です。

   事実から目を背けないことで見えてくるものもあると思い記事にしました。

   こっそりと( *´ノェ`)コチョーリ
.

*浮気を解決する順序*

.

   ≪浮気問題を解決する順序≫

   1、見て見ぬフリをする=ご主人にささやかな逃げ道をつくる

   2、ご主人に対してあなたのいたらなさを自分自身で考える

   3、至らない点がうきぼりになったら修正する

   4、修正中、ご主人に対してあなた自身の気持ちのコントロールをする

   5、毎日の声がけを同時に実行する


   男性カウンセラーの方が提唱されていた浮気解決への順序デス。

   私も必死でもがいているうちに自然とこの手順にそって関係修復してきたので

   記事を読んだ時に『やっぱりそうだったの!?』って驚きましたw(*゜o゜*)w




   まぁ〜、1番は思いっきり失敗しましたけどね(笑)

   でも、今思い返してみると。。。

   旦那クンは密かに家族の元に帰ってこようとしてくれていたのかもしれません。
   
   『このままじゃいけないって思い始めていた。』

   『男の俺がけじめをつけるから任せて欲しい。』

   浮気が発覚した直後、そんな風に言っていましたから(*・艸-)

   怒りに我を忘れていた私は、旦那クンのそんな気持ちを無視して

   浮気相手を呼び出して、責めたりはしなかったけれど

   旦那クンを傷つけるような言葉を旦那クンに聞かせてしまい

   結果、『もう無理だから離婚したい。。。』って言われてしまいました(>ω<、)

   思いっきり旦那クンの退路を断ってしまったんですよね!*>Д<艸

   だから、旦那クンは前に進むしかなくなってしまった。。。



   浮気した夫を責めれば、浮気相手の方に逃げる ――――

   もっと早くに知っていたかったデス。



   もしあの時、旦那クンの浮気を暴きたてずに

   自分を変えることに専念していたら。。。?

   もっと早く、傷が浅いうちに関係は修復できていた気がします▄█▀█●ガーン




   でも、私の性格上、黙って見過ごすことはできなかったな?(*´∀`*)ゞ

   ただ、こんな風に気楽なコトが言えるのは、夫婦関係が元通りになれたから。

   一歩間違えばどうなっていたかわからない綱渡りな毎日でした。

   もし、本当に離婚という結果になっていたら。。。   
   
   あの時、旦那クンを責めたコトを後悔していたと思います。



   これは、私が必死になって学んだコトの答え。

   私はこの方法で自分も、子供も、夫も守るコトができました。

   今、旦那サマの浮気に1人傷ついていらっしゃる方がいらしたら。。。

   ご自身の一番の望みを叶えるために最善な方法を冷静に選んでください。


 再構築は、裏切った夫に自分が屈する事ではありません。 もう一度、妻である自分を夫に選ばせる事であります。 そのために、必要以上に責めないで、自分をコントロールする事。 それが何よりも重要になっていくのです。 

                             返り咲きマダムの華麗なる生活・pekejyo_2002サンの記事より引用
.

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事