過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

「大雨特別警報」
 
なんとなく聞き流していた。
まさか自分の住む地域で発表されるとは想像もせず、それでも、何度も届くエリアメールで不安を感じ、
万が一の為、
貴重品、薬等を枕元に揃えて休みました。
 
我が家にはハザードマップがありまして…
こんな時には覚悟しなければならないのに…
実際に「避難勧告」発令されても、これだけしか準備できないものなのかと情けなく思いました。
山の上の団地だから浸水はしにくいけれど、山だからこそ、上の方から流れて来る水の量も多く…
その流れる音にドキドキしていました。
 
「避難勧告」って、気をつけないと知らずにいてしまうものなんですね。
連絡が来るものではないし…実際、避難勧告出てるの?っていう感覚だったし。
(テレビも見ず、早く眠っていたら知らなかったかも。こわいね)(不安症の私は3時に目覚めて1人
テレビをじっと見ていました)
気をつけてテレビを見たり、ラジオをつけたり、ネットで知ったりなんだね。
そんな不安な夜でした。
 
そして、「避難指示」はどうやって知る事ができるのものなのだろうって…昨夜真剣に悩みました。
ホント、何にも知らないんだよね。
 
自然災害には一人ひとりの関心が大事。
エリアメールにも書かれてあるけれど、「命を守る為最大級の警戒」を自分で考えて行動するべきなんだよね。
でも、それが本当に難しい事であるって実感しました。
一人で、情報も少ない中不安な夜を過ごされた方も多いと思います。
個々に身を守る事も…たしかに大事な、基本的な事なんだろうけど、
こんな時にはどうしたらよいかの(一人暮らしの方向けの)…
具体的な情報があったらもっといいのではと思ったよ。
 
 
結局、私の家族も、住む地域も何事もなかったからこうして不安を話せるけれど…
実際被害に遭われた方は身近にいらっしゃるし、他人事ではないって事。
もっと今回の警報について…
家族でも話しをする事が大事だと感じています。
 
被害に遭われた方にかける言葉が見つかりません。
まだまだ落ち着く事ができない地域の方もいらっしゃると思います。
とにかく身の安全を守ってほしいと思います。私も結局これしか言えません。
無事をお祈りしています。
 
 
 
 
 
 
 
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事