ここから本文です
『男の隠れ家』Bohken-Dankichi
Jeden Tag ≒ Sonntag 毎日が日曜日! 天邪鬼・極楽蜻蛉人生

書庫Tagebuch日記

すべて表示


Yahoo Blogで書くのが最後の記事となるのだろう‼ 
なにゆえBlogを閉鎖するのか分からない!
金儲け主義に走っている!    

今日は小田急線・東海大前駅で降車して、少し歩き、さらに大学の構内を南に抜けて東海大学正門前に集合した。
しかし2Groupの学生に構内で「正門はどこですか?」聞いたのだが、首を傾げていた。 
不思議だったのだか、通称は南門と言っているらしい。(でも正門前Bus停留所は確かにあるのだが…。)
東海大は駅からも遠くなくて、快適な場所にある。

Guideはブラタモリにも出演したH博物館のNさんである。

またAmateurの私が、高校の地学基礎・地学の単位を選択している生徒達に講義しているつもりで書いている。(理解力不足や誤りが多数あるはず…。)

    【地形見学のRoute】…Nさん作成のRoute地形図
イメージ 4





















    【地質図】…Seamless地質図より、加筆
イメージ 5










































    【東海大学正門】
イメージ 1






















    【金目川の堤防で下流を観望】…地形図・地質図上の※印から撮影
イメージ 2
明らかに家屋や田畑は河床より低い天井川である。
対岸はCの堆積層が造り出した隆起した丘陵地帯と考えられる。
(地質図か読み取ることができる。)

    【堤防より東海大学を傍観】…地形図・地質図上の※印から撮影
イメージ 3
東海大学のBuidingはおそらく金目川が造った段丘上に建っている???
東海大学の建造物BやCやDの地層の面上にある。
地層BもCもD金目川等の河川が造り出した段丘と考えて良いはずである。

    【金目川流域の立体地形図】…『平塚博、2008、金目川博物誌』より
イメージ 6


















秦野盆地の河川を集めた金目川は、隆起し続ける丘陵地先行川となって下刻した。
金目川平塚の平地に出ると扇状地を造っている。
上図の平らな部分がはっきり分かるが、これ等は河岸段丘であり、凹凸がある丘陵地の部分も河岸段丘or海岸段丘であったものがかなりあるはずである。
 
    【扇状地・河岸段丘のでき方】
イメージ 7














類似した図は中高の理科や地学や地理の教科書に掲載されている。

    【平塚・親水公園の段丘崖の湧水】
イメージ 8





































段丘面は、昔の河原だった場所なので、たいてい河原の礫が堆積している。
その礫層を水が通り抜けてくるため、湧水(泉)が存在する。

    【親水公園の河岸段丘地形】
イメージ 9






















    【大山・丹沢山塊を望む平塚の豊かな耕作地】
イメージ 10


















この豊かな田畑も金目川がもたらした平地であるが、金目川は暴れ川で、歴史時代を通じても何回もの洪水に見舞われている。

    【この地域の散策路】
イメージ 15





















    
    【1698年以に建てられた平塚光明寺(金目観音)の二(仁)王門】
イメージ 11





    
















    【1498年(明応7年)に建立、その後の大改後後の修観音堂(本堂)】 
イメージ 12






















   【1498年の造立の重文・本堂厨子(付)前立聖観音菩薩像】   
イメージ 13



































HP『平塚市しってもらい隊』より

    【金目川の流路変更】
イメージ 16























金目川の流路は上図の様に少なくてもWürm[ヴュルム]氷期頃or縄文海進以前 には旧河道辺りを流れていいて埋没段丘が形成されていった。
その縄文海進等により沖積層堆積されたが、かっての流路は変わっていなかった。(沖積層基底等高線ー60〜−10mの分布でわかる。)
近世になって現在の河道に人口開削されたようである。
人工的に耕作田等を増やすため流路丘陵側に変えたのではないだろうか?
上記の地図よりそのように読み取れるが間違いだろか?

埋没段丘:臨海部に発達する沖積平野では、その形成に際して最終(Würm)氷期以後に於ける海面変化の影響を強く受けている。沖積平野の地下には、海面が低下した時期に形成された河谷や河岸段丘がその後の海面上昇に伴う沖積層によって埋積され、埋積谷や埋没段丘として存在している。…約6000年前の縄文時代前期…(世界大百科事典より)

    【流路が曲げられた付近の堤防】…※印 
イメージ 14






















                       
                                            das Ende


書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 偽タモリ的三ツ峠付近のGeo Sight...

    2019/4/30(火) 午後 10:00

         【4月5日の箱根・乙女峠からの富士山】 3&4月に富士の東側に何度も出かけているが、富士山がよく見えたのはこの日ぐらいでした ...すべて表示すべて表示

  • H博物館のNさんがGuideをする 『相模川上流部に分布する、丹沢衝突期(約7.0May )の、Plate境界に堆積したTrough充填堆積物の観察』 というThema(Theme) の野外観察会の様子です。 今回も高校の地学基 ...すべて表示すべて表示

  • 座・Shakespear Drama S...

    2019/3/28(木) 午前 10:47

    ここ数年、 演劇倶楽部『座』のShakespear Drama Ship Group の出し物を観ています。 この ”Measure for Measure"『尺には尺を』 も構成・演出は 壌晴彦 です。 多分 蜷川 のS ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事