平井俊顕 (ひらい・としあきToshiaki Hirai)ブログ

資本主義・経済学・ケインズ・ケンブリッジ学派・社会哲学・マクロ経済学・経済学方法論

e-book pub

すべて表示

ケインズ ― 経済学者・経済システム立案者・人間   序  平井俊顕                

ケインズ ― 経済学者・経済システム立案者・人間                    平井俊顕                 序 経済学者のなかで、その活動の多彩さと影響力の大きさの点で、ケインズを凌駕するものは絶えてない。「ケインズ革命」という名で知られる経済学・社会哲学上の現象は、それを端的に表明したものであるが、そしてそれは最も重要な功績であるが、それでもなお、それは、かれの活動の一翼を占めるにすぎない。かれは自由党の知的指導者であった。かれは哲学分野においても重要な業績を残しているばかりか、「前期」ヴィットゲンシュタインから「後期」ヴィットゲンシュタインへの転換に立ち会っている。かれは、戦間期に光彩を放った文化・芸術集団「ブルームズベリー・グループ」のなかで中心的な活動・交友を続けた。かすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

・このところのこと

2019/8/20(火) 午後 10:41

・このところのこと ・ジュルナルの編集・交渉的作業が断続的に続いている。作業中に 新たな問題も出てきて、その解決法のようなものを複数考えるといった ようなことが、少なからず生じている。最後にはベストと思うものを 選択して前進していく・・・こういうことが続いている。 ・以前に400ページほ ...すべて表示すべて表示

・大学院時代からの友人と落ち合う 炎天下のなか、本郷三丁目に向かう。かなり久しぶりに会うことになる。 昨秋から、偶然も重なって東大に出向くことが幾度かあり、内部の構造に 随分慣れてきている。以前とは大きく変貌を遂げている観があるが、それにも いまは慣れている。それに散策が趣味なので、構内や周辺を歩き回ってきて ...すべて表示すべて表示

・このところ、してること

2019/8/16(金) 午後 7:04

・このところ、してること ・ジュルナル関連の仕事が継続している。創刊号を予定刊行日までに、いかにして 仕上げるかが当然の最大目標であるが、そのためには絶えず、少なからぬ調整が 必要となっているからである。もちろん、これが英文ジャーナルである、という点が 調整において絡んできている。 ・海外から ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事