平井俊顕 (ひらい・としあきToshiaki Hirai)ブログ

資本主義・経済学・ケインズ・ケンブリッジ学派・社会哲学・マクロ経済学・経済学方法論

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1



ケインズ ― 経済学者・経済システム立案者・人間

                   平井俊顕

                序

経済学者のなかで、その活動の多彩さと影響力の大きさの点で、ケインズを凌駕するものは絶えてない。「ケインズ革命」という名で知られる経済学・社会哲学上の現象は、それを端的に表明したものであるが、そしてそれは最も重要な功績であるが、それでもなお、それは、かれの活動の一翼を占めるにすぎない。かれは自由党の知的指導者であった。かれは哲学分野においても重要な業績を残しているばかりか、「前期」ヴィットゲンシュタインから「後期」ヴィットゲンシュタインへの転換に立ち会っている。かれは、戦間期に光彩を放った文化・芸術集団「ブルームズベリー・グループ」のなかで中心的な活動・交友を続けた。かれは名うての論争家であった (ヴェルサイユ条約にたいする弾劾は、とりわけ有名である)。かれは芸術活動のパトロンとして活動した。かれは名うての絵画・書籍の収集家であった。かれは保険会社の経営に携わっていた。かれはキングズ・カレッジの財産管理を担う責任者であった。かれは第二次大戦後の世界システムの構築に多大なる貢献を果たした (「国際清算同盟」案はそのなかで最も有名なものである)。等々。あげれば枚挙に暇がない。

***

本書は、こうした多方面におよぶ活動をカバーすることでケインズを多角的に描こうとしており、これまでさまざまなかたちで発表してきたものに、統一性を与えるためかなりの改定を施したもの、ならびに未発表のものを加えることで成立している。
 本書の内容を簡単に説明すると、次のようになる。
 
第1部「イギリス経済・社会」(第1章、第2章) は、19世紀後半から第二次大戦に至る頃までのイギリス、つまり大英帝国の、経済的・社会的状況を概説したものである。いわば、本書全体の「前説」に該当する。
 
第2部「経済学者ケインズ」(第3章 ― 第11章) は、経済学者としてのケインズを扱っている。まず、スミスからケインズに至る経済学の流れを大きく理論史的にとらたうえで、ケインズを含むケンブリッジ学派にみられる2つの理論的流れを説明する。さらに、ケンブリッジ学派の代表的人物がどのような資本主義観を有していたのかを説明する (第3章、第4章、第5章)。
 続いて、第6章でケインズがどのようなことをした人物なのかを概観したうえで、経済学者ケインズがどのようにして『一般理論』というかたちで展開される理論を打ち立てるに至ったのかを、第7章から第10章までで説明している。
第7章および第8章は、『貨幣論』(1930年) から『一般理論』(1936年) に至るまでにケインズがどのような理論的格闘を行ったのかの説明に当てられている。ここでは、一次資料や学生達のノートに依拠したケインズの講義ノートなどに基づいての (ダイジェスト的) 説明の場になっている。
これにたいし、第9章と第10章は、『一般理論』がどのような内容の本であるのかに焦点がおかれている。第9章では、『一般理論』とはどのような特性をもつ著作なのかを、できるだけ平易に説明している。他方、第10章 (ならびにその補章) では、『一般理論』に「本当に書かれていることを示すこと」に焦点を当てており、『一般理論』に興味を覚える読者向けの説明になっている ― こうした章をもうけた理由は、現在まで、ケインズの理論として流布してきたものは、相当程度、『一般理論』で述べられているものとは異なっているという現実を示しておきたいという筆者の思いがあるからである。第11章は、戦後に展開してきたマクロ経済学を概括的に説明したものである。
 
第3部「経済システム立案者ケインズ」(第12章 ― 第15章) では、ケインズが関与した重要な経済システムの構築活動に焦点を当てている。第12章と第13章では、国内経済システムに関係する雇用政策と福祉国家システム構築への貢献を扱い、第14章と第15章では、国際経済システムに関係する救済問題 (および一次産品問題)、国際通貨制度への貢献を扱っている。これらは、いずれも戦後の資本主義世界の進む道に大きな影響を与えることになったケインズの活動領域である。第3部のこれらの章では、ケインズが実際にどのような提案を行い、そして交渉過程でどのように変更を加えつつ政策形成の現場 ― それは国内政策の現場ならびに国際舞台での交渉・会議の双方を含んでいる ― に臨んだのかに焦点がおかれている。
 
第4部「人間ケインズ」(第16章 ― 第18章) では、経済学者、経済システム立案者という歴史に名を残すケインズの側面とは別に、人間ケインズを扱っている。とりわけ、「ブルームズベリー・グループ」 という存在は、かれの考え方全般に、生涯にわたり大きな影響を及ぼしている。第16章ではこのグループを概説し、続く第17章では自らの思想的遍歴を語っている「若き日の信条」を読み解くことで、かれの基本的な価値観、哲学観の変遷を追跡している。第18章 (最終章) は、かれが書き残した遺言が語るものを通じ、人間ケインズをみようとするものである。

***

本書は、ケインズについて、その全体像を示した1冊の書を用意しておきたいという動機に端を発している。全体像を、できるだけ分かりやすく、簡潔に、かつ適度な分量で提示したいという動機である。換言すれば、「ケインズ」についてまとまった講義をするとすれば、用意したいと思ったものがこれということになる。

 全体は、概説的で容易に読める箇所 (1 - 4章、6章、9章、16 -18章) と、専門的な論考を要約的に示すことに努めた箇所 (残りの諸章) で構成されている。
後者に関しては、ケインズがどのように経済理論を作り上げていったのか、また『一般理論』にはどのようなことが書かれているのか、さらに、かれが戦後の世界経済システムの構築をどのように構想し、そしてそれをイギリスを代表してどのように国際交渉を展開したのか、といった点について、筆者が一次資料に依拠して考究してきたことをかなり圧縮・ダイジェスト化した論述になっており、これらの領域を詳しく学びたい人への招待と位置づけられる。本書の最大の特徴は、この点にあるといえるかもしれない。
以上の点に関心をもたれる方に本書が届けば、筆者にとってこれに勝る喜びはない。

2017年6月7日
著者記

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事