平井俊顕 (ひらい・としあきToshiaki Hirai)ブログ

資本主義・経済学・ケインズ・ケンブリッジ学派・社会哲学・マクロ経済学・経済学方法論

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2310ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1



BREXIT 交渉の混乱 − UK vs EU


イギリスがEUから離脱することを国民投票で決めてから、具体的にどのようなかたちで

離脱するのかをめぐり両者間で交渉を続けてきているわけだが、今回のザルツブルグ会議で

大きな対立を見せることになった。

 イギリス首相メイは、イギリスの閣議で決定したチェッカーズ案をそこで主張したが、

EU側はタスクが「話にならない」的な断定口調でこれに対応し、メイは屈辱的な状況で

帰国することになった。

 帰国直後、ただちにメイはEU側にたいする非難のテレビ会見を行っている。この交渉は

かなり山場を迎えており、来月の上旬には何らかのことを決定することに両者は迫られている。

 ブレグジットをめぐっては、ガーディアン紙でも見られるように、1年365日、国内の

トップ・ニュースになっており、賛成派、反対派入り乱れて国内では混乱的状況が続いている。

当の保守党内部でもこの問題をめぐっては対立があり、チェッカーズ案に同意できない閣僚、

たとえばジョンソンは辞任しているほどである。

 イギリスとEU間でもめている話の重要なものに、「国境問題」というイギリス固有の問題がある。

歴史的な経緯でアイルランドは南が、いわゆる独立国家アイルランドで、北はイギリス領土なのである

(これは遡れば、クロムウェルにまでたどり着く歴史的因縁がある)。

もちろんアイルランドはEUのメンバーであり、Brexitとは関係がないが、北アイルランドはどういう

扱いにするかなどで両者間は大いにもめている。

 北アイルランドは、21世紀直前まで長期にわたって、その独立を求めるIRAによる過激な行動

- それはロンドンなどでの過激なテロ活動や、サッチャーの爆殺事件などで知られる −により、大いに

揺れていた地である。

 分離的問題はスペインだけではない。イギリスもその歴史からの反映で、北アイルランド問題、それに

いまは落ち着いているがスコットランドの独立問題、あるいは少し前であるがウェールズの問題などが

大なり小なり存在している国なのである。かつての大英帝国イギリスが抱えている問題である。

(最近では、イギリス国内の諸所にできているイスラム共同体的地域問題がより大きな問題になっている。)


***


Theresa May demands respect from EU over Brexit as pound falls
PM gives combative speech after rejection of Chequers plan, stoking ‘no deal’ fears
Dan Sabbagh and Daniel Boffey
Fri 21 Sep 2018 19.09 BSTFirst published on Fri 21 Sep 2018 14.24 BST

Theresa May has accused the European Union of not treating the UK with respect in a deliberately combative address that prompted a sharp fall in the pound amid fears that it made a no deal Brexit more likely.
Twenty-four hours after her Salzburg humiliation, the prime minister gave a hastily arranged televised Downing Street statement in an effort to reassert herself.
Going on the offensive, she blamed EU leaders for the “impasse” in negotiations, a phrase that spooked the currency markets and led sterling to fall 1.5% against the dollar, its biggest one day drop this year.
Speaking from a lectern with two union flags behind her, May tried to accuse her counterparts of bad faith: “I have treated the EU with nothing but respect. The UK expects the same. A good relationship at the end of this process depends on it.”
Her remarks came a day after the Salzburg summit where EU leaders frustrated by May’s insistence on sticking rigidly to her controversial Chequers negotiating plan embarrassed her when the EU council president, Donald Tusk, unexpectedly declared it “would not work”.
After May’s humiliation, Labour must seize the initiative on Brexit
Michael Chessum

Read more
May retaliated on Friday: “Yesterday, Donald Tusk said our proposals would undermine the single market. He didn’t explain how in any detail or make any counter-proposal. So we are at an impasse.” She called on the EU to spell out “what their alternative is”.
But Tusk, the European council president, hit back hard at the prime minister, accusing her of bringing a “surprisingly tough and in fact uncompromising” attitude to the Salzburg summit. He denied May’s claims that the EU had failed to explain its position to the British negotiators, claiming to have spelled out the problems in detail in recent weeks, although he insisted that “a compromise, good for all, is still possible”.
Despite the heated rhetoric and plunge in sterling, EU officials are understood to be working on a counter-proposal to the Chequers plan, which is likely to appear in early October, after the Conservative party conference and a week before a make or break Brexit summit in Brussels.
No 10 is calculating May can win support by appearing to stand up to the EU, although her critics in the party believe this would be the moment to give up the Chequers plan, or risk facing hostile activists at the party’s annual conference in just over a week.
Several cabinet ministers put out statements of support. Penny Mourdant, the international development secretary, again emphasised the possibility of a no deal, saying that while voters “still want a deal” they would be “content to go without one, even folk who voted remain”.
But Jacob Rees-Mogg, the chair of the European Reform Group of hard Brexit Tories, said that Salzburg was a failure and repeated that it was time to abandon Chequers. “There is still no reason to suppose that Chequers can work either for the UK or the EU.”
Chequered history: what EU summit fallout means for Brexit camps

Read more
Chequers proposes that the UK shares a common rulebook for goods and services after Brexit in an attempt to prevent a return of customs checks for goods crossing the Irish border, a plan so unpopular on the right of the Tory party that Boris Johnson and David Davis resigned rather than support it.
The Brussels objections to Chequers centre on the fact that the common rule book only covers a fraction of the regulations covering goods – in the chemical sector for instance the figure is estimated at 30%.
That would imply the UK would have to align itself more broadly to EU rules after Brexit to avoid a return to a hard border in Ireland, a proposal that could be difficult for May to sell to her party.
Hard Brexiters will step up their campaign against Chequers in the run up to the Tory party conference on Monday. D Davis and other senior rightwing politicians are expected to attend an event at which alternative “Canada plus” trade proposals will be announced.
The EU, however, has said that while it would be prepared to discuss a Canada-style deal, that would mean not just taking the UK out of the single market and customs union, it would also mean the return of border controls in Ireland.
The prime minister also signalled that the UK would unilaterally safeguard the rights of the EU citizens living in the country in an attempt to reassure them that the impasse in negotiations would not affect their status.
“There are over 3 million EU citizens living in the UK who will be understandably worried about what the outcome of yesterday’s summit means for their future. I want to be clear with you that even in the event of no deal your rights will be protected. You are our friends, our neighbours, our colleagues. We want you to stay,” May said.
Ministers are expected to confirm details in a couple of weeks, after the party conference season.
The prime minister repeatedly rejected an EU backstop proposal that would see Northern Ireland remain inside the customs union if the UK was unable to agree a free trade agreement with Brussels in the divorce talks.
Ratcheting up the language on the issue, May said: “It is something I will never agree to – indeed, in my judgment it is something no British prime minister would ever agree to. If the EU believe I will, they are making a fundamental mistake.”
Legal action to revoke article 50 referred to European court of justice

Read more
EU diplomats warned that the prime minister’s statement only made a no-deal scenario more likely, and expressed their astonishment at May’s bellicose tone. “She is now playing into a negative dynamic,” one diplomat said. “My best assessment is that rhetoric won’t bring an orderly exit. I think she should have taken that away from the 27 approach [in Salzburg].”
In a rare direct criticism of a serving prime minister, Tusk made reference to the criticisms of Michel Barnier by the British government, and the refusal of the British side to work on a solution to the Irish border issue by October, as previously promised.
“The UK stance presented just before and during the Salzburg meeting was surprisingly tough and in fact uncompromising”, he said. “The response of the EU27 leaders was to reiterate our trust in chief negotiator Michel Barnier and to reiterate our position on the integrity of the single market and the Irish backstop.
But he added: “While understanding the logic of the negotiations, I remain convinced that a compromise, good for all, is still possible. I say these words as a close friend of the UK and a true admirer of PM May.”
Jeremy Corbyn, the Labour leader, criticised both the prime minister and the EU: “Theresa May’s Brexit negotiating strategy has been a disaster. The Tories have spent more time arguing among themselves than negotiating with the EU.
“From day one, the prime minister has looked incapable of delivering a good Brexit deal for Britain. The political games from both the EU and our government need to end because no deal is not an option.”

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1



ローゼンシュタインの行動 − NYT


次のような記事が飛び込んできた。NYTによる暴露記事で、

司法副長官ローゼンシュタインが昨年、トランプを25th Amendment により

罷免すること、そしてトランプの会話をテレコすることを検討している旨の

メモにより、ニューヨーク・タイムズがこのことをすっぱ抜いたというもの。

今後、これが重大な問題に発展する可能性はかなりある。何よりも、トランプが

これを理由に、ローゼンシュタインの解雇行動に出る危険性が高いからである。

ローゼンシュタインは、トランプ疑惑をいまや本丸まで追い詰める

状況にあるミュラーの直接の上司に当たる。ローゼンシュタインを解雇して

だれか代わりのイエスマンを据え、そしてその人物がミュラーを解雇するという

筋道が現実味を帯びてくるからである。

 ローゼンシュタインは、かなり信念の強い人物でトランプの脅迫にはがんとして

応じてきていないことで知られている。そしてミュラーの調査を支援し続けている。

 今後の展開は、アメリカの議会がどのような反応を示すか、また世論がどう反応する

かに大いに関わっているが、いずれにせよ、アメリカの現在の政治的分裂状況が

どういう方向に向かうのかの重大な試金石になるように思われる。


***

Rod Rosenstein disputes report he discussed removing Trump under 25th amendment
Memos reveal deputy attorney general spoke to colleagues about making secret tapes of president, according to New York Times
Tom McCarthy
@TeeMcSee

Email
Fri 21 Sep 2018 22.10 BSTFirst published on Fri 21 Sep 2018 20.01 BST
Deputy attorney general Rod Rosenstein deemed “inaccurate” a report that he spoke with colleagues last year about the possibility of removing Donald Trump from office under the 25th amendment and about making secret recordings of the president.

Revealed: Russia’s secret plan to help Julian Assange escape from UK

Read more
The New York Times first reported the conversations on Friday, citing anonymous justice department sources and internal memos made after the alleged conversations.
Rosenstein oversees special counsel Robert Mueller’s investigation of Russian election interference and links between Trump aides and Moscow. He was motivated, the Times said, by “frustration”, “surprise” and “anger” that Trump had used a memo he wrote criticizing James Comey to justify firing the FBI director.
At least one colleague to whom Rosenstein mentioned wearing a “wire” to record Trump thought Rosenstein was speaking sarcastically, the Times reported. Potential replacements for Comey were being interviewed at the time and top justice department figures were in frequent contact with the White House.
In a statement, Rosenstein called the story “inaccurate and factually incorrect” and said the anonymous sources behind it were “advancing their own personal agenda”.
“But let me be clear about this,” Rosenstein said. “Based on my personal dealings with the president, there is no basis to invoke the 25th amendment.”
The 25th amendment, ratified in 1967 after the assassination of John F Kennedy, provides that if the vice-president and the majority of the cabinet determine the president is “unable to discharge the powers and duties of his office”, the vice-president becomes president.
An anonymous senior administration official wrote in a New York Times editorial earlier this month that there had been internal discussions about invoking the 25th amendment, prompting the vice-president, Mike Pence, to deny it.
“No, never,” he told CNN. “Why would we?”
The memos describing conversations with Rosenstein would be among the most sensitive documents held by the justice department. The Times cited anonymous sources including people briefed “on memos written by FBI officials, including Andrew G McCabe”, the former FBI deputy director.
In a statement from his lawyer Michael R Bromwich on Friday, McCabe acknowledged that he kept memos “to memorialize significant discussions he had with high-level officials”. He said he had turned the memos over to the special counsel’s office and “a set of those memos remained at the FBI”.
McCabe was fired by Trump in March, days before he was due to retire.
The motivation of whoever released the memos was equally opaque. Rosenstein is the direct supervisor of Mueller. Analysts have speculated that the removal of Rosenstein could be more damaging to the Russia investigation than removing Mueller himself.
Rosenstein must approve major new directions in the investigation and review the budget. He would receive a report written by Mueller at the conclusion of his investigation.
Trump has expressed displeasure with Rosenstein, calling him “weak” and accusing him last year of being a Democrat. Rosenstein is a Republican who was nominated by George W Bush to his former post as US attorney in Maryland.
On Friday the president’s son, Donald Trump Jr, tweeted: “Shocked!!! Absolutely Shocked!!! Ohhh, who are we kidding at this point? No one is shocked that these guys would do anything in their power to undermine [Donald Trump].”
Senate minority leader Chuck Schumer said on Friday that the story about Rosenstein must not be used for the “corrupt purpose” of firing him. Other top administration officials have been quoted as criticizing Trump without being fired, Schumer noted.

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2



 近日刊行

『ケンブリッジ 知の探訪』(西沢保・平井俊顕編著)ミネルヴァ書房


目次


序章 ケンブリッジ知の探訪     西沢 保・平井俊顕

第I部 マーシャルの経済思想とピグーの厚生経済学


第1章 マーシャルとケンブリッジ学派 −マーシャル型の新古典派 (藤井賢治)

第2章 マーシャルの経済思想 −「進歩Progress」と福祉・幸福の追求(西沢保)

第3章 ケンブリッジの厚生経済学(山崎聡・高見典和)


第II部 ケンブリッジ革命をめぐって


第4章 ケインズ革命とは何か − マーシャルからケインズへ(小峯敦)                          

第5章 マーシャル経済学からケインズ経済学 ― 1930年前後のケンブリッジにおけるカーンの役割(袴田兆彦)

第6章 ケンブリッジ学派(マーシャル学派)の景気変動論(下平裕之)

第7章 ケインズ経済学の貨幣的側面 − ポスト・ケインジアンによる貨幣経済理論の展開(渡辺良夫)


第III部 ケンブリッジの哲学・社会哲学・文芸


第8章 ケインズにおける哲学・芸術・経済学 ― 啓蒙主義 対 ロマン主義 の構図に照らして(塩野谷祐一)

第9章 戦間期ケンブリッジの社会哲学 − 市場経済の病弊と治癒(平井俊顕)

第10章 ケンブリッジの哲学状況(伊藤邦武)

第11章 ブルームズベリー・グループ (中矢俊博)

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2



(フリンについては下記の記事。そのほかについては、

https://www.youtube.com/watch?v=GY9vLD83Rjk )




ミュラー調査の現状 −マイケル・コーエンとフリン調査


・これまでのトランプの疑惑調査において最も重要な秘密情報をもっている

のがマイケル・コーエンとマナフォートである。いずれも司法取引に応じて

おりミュラー委員会からのあらゆる質問にたいし「真実」を話すことを

義務付けられている(偽証を行うと罪が加算される)。

 先月、ミュラー委員会はコーエンにたいし12時間の面接調査を行った。

主たる目的は、トランプのロシアとの関係をめぐる質問で、それはロシアでの

金融およびビジネス取引、ならびに2016年の大統領選挙干渉にさいしての

「共謀」をめぐるものであった。これらについて、ミュラー委員会はすでにコーエンの

事務所などの捜索で関連資料を押収しているから、結果的にはそれをコーエンの口述により

さらに確証を固めるという性格のものであった。コーエンはこれらについて洗いざらい話して

いるようで、これはトランプにとっては、大打撃である。

***

もう1つは、フリンで、2017年の1月(トランプはまだ大統領職についていない時期)にロシア大使キスリアックと会談をし

た内容について

FBIに虚偽の発言をしたことにたいする判決が12月に行われるというものである。

 フリンは司法取引に応じており、そこで彼は、この会談で、オバマ大統領がロシアの選挙干渉にたいし

経済制裁を加えても、それに反応しないようにと述べた、ということを明らかにしている。

(フリンは2月に、ペンスにウソをついたというような不明瞭な声明とともに解雇されている。)

***

マナフォートはもう1人の重大な証人で、2回目の裁判の折り、司法取引に応じることを決定し、すべての

容疑者はこれで司法取引に応じている。とくにマナフォートはウクライナやモスクワのオリガルヒ、さらには

プーチンとの関係に詳しい人物である。ミュラー委員会は、彼からの証言をえるべく現在実施中である。

***

ミュラー委員会が次にターゲットにするのは、本丸落としである。つまりそこまで来ているということで、

トランプの長男(ジュニア)と娘婿クシュナーである。これはもう時間の問題である。そしてそのあと、トランプ

大統領になる。

***

トランプをめぐる裁判は、これだけではない。ニューヨーク南部司法局による裁判がある。これは主としてトランプの

不動産・金融取引をめぐる不正の摘発で、対象は「トランプ財団」である。この財団は慈善財団として登録されているが、

実態はトランプの不正な金融取引をもっぱら行ってきていたことが告発の理由である。この財団の理事はトランプ、ジュニア、

クシュナー、そしてイヴァンカである。もちろんコーエンはこの内部での取引を知り尽くしており、それらの資料はすでに

司法当局によって押収されている。この裁判は、大統領の特赦が効かない裁判である。

***

これ以外に、もちろんポルノ女優ストーミー・ダニエルズへの口止め料問題があり、これは選挙法違反として重大な

意味をもっている(先日、ストーミーがトランプとの関係についての暴露本を刊行している。そこには、トランプの

性器の形状までが語られている)。

***

トランプは、司法長官セッションズを辞任させようとしてあからさまな侮辱的発言を繰り返している。「司法省は存在していな

い」と。セッションズは1年半にもわたるトランプのいじめにたいし、耐えている(というのも、驚きである)。トランプが

一方的に解雇できないようなのは少し不思議に思われる。国務長官の解雇のさいは、ツイッターで解雇を表明し、当の国務長官は

それをツイッターで知ったというのがあるからである。ただ、いずれにせよ、司法長官セッションズ、次官ローゼンシュタインを

解雇できないと、トランプはミュラーを解雇できない、という問題がある。

 共和党は、批判者から言わせると共和党ではなくなり、「トランプ党」に堕してしまっている。理念を平気で破り続ける大統領

にたいして何も言えず、ひたすら黙って後に従っている姿が目に付く。

 中間選挙で民主党が、そしてできれば新しい若手が台頭して、上下両院を制すること、これがいま何よりもアメリカには求めら

れていることである。そうでないと、ロシアや中国は、この分裂のすきをついてますます自己の権益を世界に向かって求め続ける

ことになる。覇権国家アメリカの地位は明確に落ち込んでいる。それはロシアの行動よりも、じつは中国の「一帯一路イニシアテ

ィブ」に象徴される世界戦略によって、実現されようとしている。外交戦略を欠き、これまでの友好国をことごとく手放すような

行動をとってきているトランプ政権であり、軍事費をいたずらに拡大することでその穴を埋めることなどはできないのである。

日本もきわめて困難な地政学的環境下におかれてしまっている。それは先日の露中共同の会議において、プーチンが屈辱的に

つきつけた日ロ友好条約の無条件締結に象徴されている。トランプはこれらにたいしては無関心である。先日の韓国と北朝鮮の

合意書との関連で口を出すことはあろうが、日本にたいし露中がしかけてきている威嚇行動にたいして、トランプは何もいわない

ことであろう。日本が何もいわないで泣き寝入りしていられるという状況は喪失している。


***



Ex-Trump adviser Michael Flynn to be sentenced in December for lying to FBI

Flynn pleaded guilty to lying to the FBI about his contacts with Russia during the presidential transition
Associated Press in Washington
Thu 20 Sep 2018 13.19 BSTLast modified on Thu 20 Sep 2018 16.12 BST

The former national security adviser Michael Flynn will be sentenced on 18 December, more than a year after he pleaded guilty to lying to the FBI about his contacts with Russia during the presidential transition.

Trump orders release of classified documents in Russia investigation

Read more
A federal judge issued the date on Wednesday for the retired US army lieutenant general to learn his fate in the Russia investigation.
The move comes just days after prosecutors working for the special counsel Robert Mueller said they were ready for Flynn’s case to conclude.
Flynn, a senior Trump campaign surrogate who gave a speech at the 2016 Republican national convention calling for the jailing of Hillary Clinton, has been a key cooperator in the investigation into Russian interference in the 2016 election and alleged coordination with Trump associates.
But prosecutors have yet to reveal the extent of his cooperation, and according to the US district judge Emmet Sullivan’s order, the public won’t see any details until after the midterm election in early November.
Prosecutors won’t be required to file a sentencing memorandum document, which usually contains the government’s view on the value of the cooperation, until 4 December.
When he pleaded guilty last year, Flynn admitted to lying during an FBI interview about the content of his conversations with Sergey Kislyak, Russia’s ambassador to the US.
According to his plea , Flynn discussed US sanctions with Kislyak on Trump’s behalf during the presidential transition and said members of the president’s inner circle were aware of, and in some cases directing, his efforts. Flynn had urged Kislyak not to respond to sanctions imposed by the Obama administration in response to Russian election interference.
When confronted by FBI agents about the conversations, court papers say Flynn made “material false statements and omissions”, which impeded what was then an FBI counter-intelligence investigation.
Flynn’s interview occurred in January 2017, shortly after he took his post as national security adviser in the Trump White House. He was forced to resignin February 2017.
The White House said he was fired for misleading the vice-president, Mike Pence, and other senior officials about his conversations with Kislyak.






























 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1



・このところしてること


・プロジェクトA, プロジェクトIの構想の遂行

 第3クールの方針を考えて決めた。検討対象にするのは2冊の

英書で、240ページと400ページ。試し読みをしながら、全体の

感触を探ってみたりなどする。具体的に始めてみて、どれくらいで

完了できるものなのかを考えることにする。研究ノートも必要なので、

数か月はかかることになると思う。

 第2クールまでのもので、1本づつ論考を書くことも予定している。
 
 第3クールが終われば、かなり陣容は固まった感じになると思う。


・近く委員会があり、必要な議案のようなものを作成している。

以前に素案は作成してあるが、それを整理して、かつ英文にする必要がある。

すぐに時間が来てしまうという感じ。

この記事に

開く コメント(0)

全2310ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事