ケロケロ草 kero kero Gusa

カエルグッズで綴るケロリストのつぶやき ♪絵本『13日のドロンくん』http://www.shoshi-ars.com/

男の世界 vs 世界の男




ついに 「2018 ワールドカップ ロシア大会」 が 開幕して 

連日 世界の “最高レベルのプレー” に 見入っております。      


イメージ 1


わたくしは・・・

男女(ホモ・レズ・ゲイ・オカマ・・・) 国籍 人種 宗教 学歴 ・・・etc.

すべての物事に 対して 「差別主義者」 で ありませんが   


こと 「サッカー」 や 「ベースボール」 などの 競技に限っては     

見て エキサイトするのは “男のプレイヤー” でだな と 感じています。  


イメージ 2


もちろん 女性は 「サッカー」 や 「ラグビー」 を やるな!

なんてことは 思ってませんし、 やってる人には 楽しんで やってもらいたいです。 


ただ 「男性」 が やっても 「女性」 が やっても

“観て面白い競技” は 「テニス」 で あるとか 「プロレス」 「バレーボール」 「卓球」 「バドミントン」

・・・etc. たくさん ありますが     


「サッカー」 などの “スピード” や “テクニック” は

野郎どもが 必死こいて やってるのを 観るのが 断然面白い!!  と いう事です。    


イメージ 3


野球解説の 張本勲が よく 「メジャーリーグ」 なんて

今は 大した事ないから 観る必要ない!  とか

日本人選手が 出場してない大会は 観ても意味ない!  みたいな事を 言ってますが 


これまでの 北朝鮮じゃ ないのだから

“上のレベルのプレー” を 知らないと それに近づくことも その上にいくことも できないし

「ワールドカップ」 は その 「いい機会」 ですよね。  


張さんに 「大喝!!」 です。     



何事も

最初は “猿マネ” でも 「本物」 を 観ることによって

それに近づける のです。


イメージ 4


「スポーツ」 に 限らず


日本の 「みゅーじかる」 や 「おぺら」 「そうる」 「らっぷ」 「ごすぺる」 「みんしゅしゅぎ」・・・など


イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


まだまだ “猿マネ” の 段階から 登りつめて ないのですから  

もっと 「世界の本物」 を 観る必要が あるでしょう。



ま、「B、C級」 には その良さが また あるのですが・・・


イメージ 8


はたして 「ワールドカップ ロシア大会」 の 優勝の誉は どこの国に なるのでしょうか?


イメージ 9

ね、澤さん? 






.


みんなの更新記事