ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

イメージ 1

↑ゴルフが只今絶不調な人と話しました。
その方の持論は「ゴルフは騙されるから上手くならない」と言うのです。何に騙されるか聞いてみると、コースの作り方とのこと。
グリーンの奥に木々があれば近くに見え、何もなければ遠くに見える、
カップルが斜めに切ってあれば傾斜しているように見える。これがスコアが伸びない原因の一つだと。
「情報に左右されて、距離感がつかめないって、ゴルフは右脳のスポーツ?」
「そうゴルフは右脳」
「絵も左脳からの情報を、いかにシャットアウトして、右脳で描くかだから一緒ね」
「スタートする前に絵とか見てれば良いかな?」
「見るのではなくて、意味の無い線をひたすら描く、これが良いです」
そして方法として、時計の秒針の動きをひたすら描く、手の平の線を描く等の事を提案しました。
今度行った時、試してみると言ってたので、結果がたのしみです。
「ゴルフは右脳!」と勝手に盛り上がってしまいましたが、スキーも頭で考えているから、体か遅れてしまうとよく言われましたので、ゴルフに限らずスポーツは右脳との結論にいたりました。

イメージ 1

↑19日放送の「世界一受けたい授業」を見て福祉先進国ドイツの素晴らしさに感動しました。
バリアフリーが徹底されていることにびっくりです。
美術館の階段が動いてしまったり、路面電車の段差が3cmなので乗れてしまったり、一人で行動することに何の不自由さも無いのです。
そして体の不自由なことは「個性」。この発想の優しさ、温かさに感動です。
祖母の看病をしているとき、よく車椅子で散歩に行きましたが、道路にあるほんの数センチの段差が厄介で一苦労しました。
これでは一人で車椅子で散歩等は、とても無理な事だと思いました。
その体験から30年近く経ちましたか、「変わった」と実感するほどのバリアフリーは、なされていない事が残念です。
2020年オリンピック、パラリンピック開催で新しく建てる競技場、使用する会場はどうなのでしょうか。道路の段差は無くなるのでしょうか。
○残念な事
19日夕方からかなり烈しく雨が降り、多摩川の花火大会が中止、落雷でけが人もでた事
20日は散歩コースのせせらぎで灯籠流しがありますが、似顔絵の仕事で参加出来ない事

癒されるぞ〜ん

イメージ 1

↑みやぞんのこの笑顔、癒されますね〜。洋服はどのうなものを着ていたか思い出せなくてタンクトップにしてしまいましたが、他の人と勘違いをしていたようです。後からわかったので、責めて色だけはと派手にしました。

イメージ 1

↑古くなったので処分しようと思っている、小ひきだしがあります。この小ささが、8kgを超える茶々にはなんとも気になるらしく、「入れないわよ」と何度言っても、大きな体を丸め挑戦し続けています。
処分しようと思った小引ひきだしも、あれば便利なので、茶々が入る1番下だけは残して、徐々に小物が入り、結果捨てられずに使用しています。

バガボンドを借りて

イメージ 1

↑バガボンドを借りました。まったく縁のない世界でどんな内容なのかもしりませんでしたが、教室に来る学生が、絵が凄いからと持って来ました。(14、15)
なんか疲れそうなので、読む気は全くなかったのですが、ちょっとみると、佐々木小次郎の話で、耳が聞こえない設定とのこと。まだ読んではないのですが、もし小次郎が本当に耳が聞こえなかったら、武蔵に勝っていたかもと思い、俄然興味が湧いて来ました。
進めてくれた子は、絵の素晴らしさを力説していましたが、私も同感です。特に草むらの絵を見ると、その細かさにびっくりします。自分では絶対に手を出さない世界なので、読むのが楽しみになりました。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事