ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

↑信じられない値段です。地元のスーパ−で購入、5個100円です。
眼医者に行く時、10セット位ありましたが、帰りに見たら一つ残ってました。
「残り物には福がある」か「安物買いの銭失い」かどちらかなと思いながら購入しました。
一つ食べてみましたが、甘くて美味しかったです。ちょっと実が柔らかいので、固い柿が好きな人にはダメかも知れません。柔らかめのものをシャーベットのようになることを期待して冷凍にしました。期待大です。
冷静になって考えてみると「安い!」と飛びついて買うほどの物でも無かったようです。「福がある」or「銭失い」どちらも微妙です。

季節外れのゴーヤ

イメージ 1

イメージ 2

↑季節外れのゴーヤがこんなにも出来てしまいました。
夏のように深い緑にならない物や、触ると柔らかい物、黄色くなって来た物など、真夏の様なゴーヤにはなりませんてしたが、かなりの収穫になりました。問題はこれをどうやって美味しく頂けるか、これからネット検索です。
天ぷらにすると苦味が、かなり薄くなると聞いたので、ご近所の友人宅におすそ分けするときは、その事をしっかりと伝えよう。
残りは冷凍保存し、夏の思い出を引き出しながら、長くゴーヤを味わうことにするとします。

スケボー少年と子猫

イメージ 1

↑近所の農家に何匹かの猫たちがいますが、そのうちの一匹の子猫がなつっこく、散歩の帰りに通りかかると、スケボーで遊び終えた子供たちが、農家の庭先に座り込み、膝の上に抱っこして何か話しかけています。その様子がほのぼのとして、何とも言えず温かな気持ちになります。抱っこされている子猫ちゃんは、先日公園でカラスを追いかけていた、勇敢な子猫ちゃんようでした。

鞄のリサイクルで

イメージ 1

↑皮の質が良くてなかなか捨てられずにいた、鞄を思い切って捨てることにしました。そこで思いついたのが猫たちのシルエットに切る事でした。出来上がったのが黒猫。洗濯することのないGジャンに、ペタペタ貼ってしまおうかと考えています。

食べたのは誰だ?

イメージ 1

↑猫たちはとてもわかりやすい。
テーブルの上にあるものをつまみ食いした時。
クウタンは牛乳が好きで、コーヒー用にや、カップに入っているのを飲んだりしますが、なぜか鼻の頭にミルクが跳ねて、すぐわかります。鰹節も同じく鼻の頭に着くのでわかります。鼻が高いからと密かに一人自慢してます。
茶々は食べるのが大好きですが、つまみ食いは大満足らしく、顔を洗いまくるので、茶々もすぐわかってします。
何をやっても許せてしまう、愛すべき猫たちです。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事