ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

イメージ 1

↑紙袋も貯まってしまいますね。改めて数えてみたらビックリ30枚ぐらいありました。
○友人に差し上げるときの小さめの袋
○ペーパーごみ出し用に大きめの袋
○ちょっと手荷物を入れる袋
○いつか使う
日常の買い物はエコバッグを持って行きますが、デパートなどの催事で買い物をした時、ベテランの方は「ごみ用に使えるから紙袋にしとくわね」などと言ってくれるので、ますます貯めてしまう方向に行ってしまいます。
ペーパーごみは2週間に1度あれば良いので、1ヶ月に二枚あれば良い、手荷物はエコバッグで済む、何か差し上げる時は、ビニールの袋で我慢してもらう、そう考えると2、3枚あれば充分。
捨てなくてはと思っても、可愛い、いつか使う、もったいないの思いを切るには、袋大好きな猫たちの力を借りました。
猫たちに袋に入りまくり、思い切り遊んでもらい、くちゃくちゃにして処分しました。断捨離に猫の手借りてます。

イメージ 1

↑断捨離をして1番燃えるのが猫たち。
特に洋服の整理を始めた時などは、積み重ねた洋服の中にダイブしたり、ビニール袋に潜り込んだりと、もうてんやわんやです。
「君たちも断捨離しちゃうよ〜」と猫たちと遊んでしまい、断捨離は中止。出した洋服をビニールの袋に詰めて部屋の隅に。
しばらく積んで置きながめていましたが、思い切って中味を改めず「エイッ」と処分、猫たちのおかげかなと感謝、スッキリ。

断捨離を始めると

イメージ 1

↑「忙しい時は猫の手も借りたい」と言いますが、猫ほどマイペースの生き物にどうしたら手を借りる事ができるのでしょう。このような格言が出来たのか不思議。
断捨離をして、すっきり生活したいと張りきって動けば動くほど、猫たちはちょっかいを出してきます。
残念ながらその可愛さに負けてしまい、断捨離を止めて猫たちのペースにまんまとはまってしまいます。

イメージ 1

↑黒柳徹子さんが、一ヶ月前に大腿骨骨折のニュースを見ました。すでに退院し、車椅子で舞台稽古、台詞をしっかりと言っている姿に驚かされました。
私の母と比べては申し訳ないですが、母が大腿骨骨折の術後、先生に言われたことは「ボケて仕舞わないように気を付けて下さいね」でした。
私は茶々や、クータンの写真を枕元に置き、毎日「クータンと茶々が待っているからね」と新しい写真を持って行きました。
母も「あの猫たちは元気?」と家に帰る事を楽しみにするようになり、ボケずに退院することが出来ました。
ボケずに退院した感謝の気持ちを、猫たちに伝えたく、愛を込めてギュッと抱きしめましたが、相変わらず茶々は、手足を突っ張りあきらかに拒否、クータンは何なの?てな顔をしてました。
猫たちの持つセラピー力は凄いとおもいましたが、徹子さんはそれ以上にビックリ、おそれ入谷の鬼子母神です。

ゴーヤが復活

イメージ 1

↑ゴーヤが復活しました。
8月最後にあげた肥料が効いたのか、実を付けてきて15cmぐらいまで、大きくなったのが3個程あり、人差し指位のは10個程出来ています。今週末は、気温が下がるとの予報、どこまで大きくなるか楽しみでもあり、心配でもありす。
昨日、ブログを2度UPしてしまいました。削除方法がわからないのでそのままにしてあります、(〃д〃)。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事