ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

ゴーヤを干しても苦い

イメージ 1

イメージ 2

↑ゴーヤを干してみました・・・・夜部屋に入れるのを忘れ、雨にあたってしまったので、残念ながら処分しました。
再度挑戦と思いましたが、お天気も悪いのであきらめ、ちんに変えてやってみました、700Wで10分。しっとり感が残ってます。
早速食べてみました、ただ苦いだけ、ゴーヤを食べては、パリパリ味付け海苔で口直しの繰り返しでした。

箸が止まりません

イメージ 1

イメージ 2

↑友人に「これは最高に美味しい」と味付焼きのりをいただきました。
今朝食べたところ、友人の言う通り、間違いなく美味しい焼きのり。
ご飯のお供でなく、そのままパリパリと、箸が止まりません。
味付け海苔は旅行に行った時、旅館の朝食に出て来た時に食べて、あまり美味しいとの記憶がないため、買う時は味付け海苔は避けていました。久しぶりに食べた事もあるのかもしれませんが、積極的に食べたい美味しい味付け海苔、愛知県豊川市にある「桑名海苔店の桑名の味付けぱりぱりのり」です。

イメージ 1

イメージ 2

↑一品目は、ツナ缶の代わりにさば缶(味付き)があったのでゴーヤとの佃煮を作りました。さばの臭みを消すために生姜、お酢、カレー粉で味を整えました。
二品目は豚肉と炒めました。カレー粉、生姜、お酢、隠し味にケチャップ、入れて完成。
カレー粉のピリ辛味ですか、気に入りました。。

イメージ 1

↑私にとってゴーヤと夏は切り離せないものです。ゴーヤの終わりは夏の終わり、お日様不足で大きくなれそうもないので、全部収穫しました。形は悪いし、歩いて行ける距離にゴーヤの好きな友人がいません。一回は貰ってくれますが、二回目は苦いから嫌だと言われてしまいます。半分は冷凍して、ネットでゴーヤ作り置きレシピを見て、しばらくはゴーヤ三昧です。

イメージ 1

↑久しぶりにせせらぎに散歩に行きました。子供たちが、めだかや鮒、ザリガニ取りに夢中です。
網を持った7才ぐらいの男の子と、バケツを大事そうに抱えてた4才ぐらいの女の子が、歩いてきたので、中を覗くとめだかが3匹入っていました。
「なにがとれたの」
「めだかだよ」
「上手にとれたのね」
「お兄ちゃんがとってくれたの」
「僕がこうやってとったの」
と網をせせらぎに入れて実演してくれました。
そばでお父さんがニコニコ笑いながら
「何度も来て、今日初めてめだかがとれたんですよ」
木道には、子供たちの戦利品が入っている、バケツやタッパーがおいてあります。それを見て歩くのも楽しいものです。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事