ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

ポリ袋の誤解

イメージ 1

↑「ごみ袋」と言ったらどのように想像するでしょう。
これは教室に来ている70才過ぎ(男性)の方の話です。
描きあげた油絵を持って帰ることになったのですが、あいにくと雨が降って来たので

私 「濡れないようにごみの袋に入れましょう」
男性「大丈夫です」
私 「では来週持って帰っては」
男性「明日兄弟たちが集まるので見せたいんです」
私 「じゃあやっぱりごみの袋に入れたましょう」
男性「いいえ大丈夫です」

何故こんなにも頑なに拒むのかと思いながら、ごみの袋を持って行きました。それを見たとたん

男性「入れて行きます」

あの頑なまでの拒否は、いったい何だったのかしらと、思うくらいの変化。
「ごみの袋」と言う言い方が悪かった?まさか実際にごみを入れた袋を想像してたのではないかと可笑しくなりました。
「ビニール袋」とか「ポリ袋」とか言えば良かったと反省。誰に話しても、「ごみ袋だなんて発想が貧弱」と散々でした。
猫たちは「ごみ袋」だろうが、「ビニール袋」だろうが、喜々としてすっ飛んで来て遊びまくります。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事