日々悩んでおります。

Quid enim stultius quam incerta pro certis habere, falsa pro ver

検体自体の資料としての問題 科学の根幹

知事のこ発言は、 感染症にかかわる者として、捨ておけません。 農水省の疫学調査チームの発表によると、今回の口蹄疫初発は、第6例目確認の都農町の水牛農家であることが明らかになった。我々も同じ見解である。しかし、その水牛農家に何処からウィルスが入ったかは、今のところ不明。 http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/pdf/kentou4.pdf 口蹄疫疫学調査チーム第4回検討会概要 1 初発農場等について (1)これまでの現地調査、抗体検査等の結果から、ウイルスの侵入が 最も早かった農場は3月31日の検査材料でPCR検査で陽性であっ た6例目の農場であり、ウイルスの侵入時期は3月中旬頃と推察さ れる。 (2)(1)と同様の結果から、すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

漁船清徳丸は何故イージス艦あたごの艦首を横切ろうとしたのか?   確かに、マスト灯の間隔が10mであったため、右舷げん灯が緑が見えていたとして、10時の方向から、向かって来たと、錯覚としたしたとしても、それは、2灯設置のマスト灯は、 ...すべて表示すべて表示

食品安全情報blog 下院科学技術委員会の報告書「エビデンスチェック2;ホメオパシー」への政府の回答 英国保健省 Government s response to the Commons Science and Tec ...すべて表示すべて表示

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010072700643 医師の男、起訴内容認める=不同意堕胎事件−東京地裁  交際していた女性の同意を得ず、薬を点滴するなどして堕胎させたと ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事