日々悩んでおります。

Quid enim stultius quam incerta pro certis habere, falsa pro ver

全体表示

[ リスト ]


水際作戦はパフォーマンスだった 石岡荘十

2010.03.24 Wednesday name : kajikablog



新型インフルエンザ対策本部専門家諮問委員会の委員長でもある尾身茂委員長(自治医大教授)は3月23日の記者会見で今回のインフルエンザ“騒動”を中間総括した。この中で尾身委員長は事実上、水際作戦が政治的なパフォーマンスであったという見解を、政府関係者としては始めて明らかにした。

海外からに帰国者を空港で厳しきチェックする“水際作戦”が始まったのは昨年4月28日のことだった。テレビは、SF映画でしか見たことのないような防護服に身を包んだ検疫官が右往左往する有様を繰り返し放送し、危機感を煽った。舛添前厚労相は深夜テレビで国民に対して「冷静に行動するように---」と呼びかけたが、後に「あんたが冷静になれよ」と揶揄される有様だった。

尾身委員長によれば、厚労省に呼び出されたのは4日後の5月1日だった。その時にはすでに防疫法に基づく非常行動発令のボタンが入ってしまった後だった。アドバイスを求められたのは、感染の疑いがあるとして空港近くのホテルに停留、つまり隔離・軟禁状態に置かれている海外からの帰国者の扱いについてであった。10日間停留となっていたのを潜在期間のメドとなっている1週間に短縮したほうがいいではないかと提言して、そうなった。

尾身委員長は言う。「空港で1人の感染者も入れないといくら頑張ったって、潜伏期間のある感染者がすり抜けて国内に入ってくるだろうということくらいは、官僚(医系技官)だって分かっていたはずだが、WHO(世界保健機関)が警報を発している状況の中で、検疫レベルで何もしないのでは、国民に批判されたときにそれに耐えられるか。そう考えた。だがやり過ぎた。その結果、国内対策へのシフトが遅れた。地域医療施設へのフォローアップが遅くなった。この2点が今回の最大の教訓だと思う。地方自治体に対して、地域医療対策に力を入れるよう指令したのだが行き届かず、コミュニケーションがうまく取れなかった。水際作戦に気が行ってしまった。コストパフォーマンスからいっても問題はあった。」

水際作戦は事実上、政治的なパフォーマンスだった側面があったことを認める発言である。

当時、羽田の検疫所で勤務していた現役の医系技官、木村盛世検疫官は、政権交代前の昨年5月、参議院の集中審議で参考人として出席し、民主党の鈴木寛参議院議員(現、文部科学省副大臣)との質疑の中で「水際作戦は疫学的には無意味だ。政治的なパフォーマンスに過ぎない」と切って捨てているが、尾身発言はこの木村証言を裏付けるものとなった。

筆者が尾身委員長に訊いた。

Q:あれをやったのは間違いだったという反省点はないのか。
A:やり過ぎだったというところはある。しかし、患者の致死率は圧倒的に日本が少ない。(米;3.3、メキシコ;2.9、カナダ;2.8、日本;0.2)。学級閉鎖の効果もあった。はじめから患者の重症化を防ぐことが最重点目的だったからその意味で対策は成功だった。

Q:不評だったワクチン10mlバイアルの件は?
A:ともかく早く量を確保し、市場に供給とあせってああいうことになってしまった。今後の教訓としたい。地方の保健所が1万人に及ぶ海外とこう歴のある人の追跡調査を電話でやったが、もっと能率的な方法もあったのではないかと思っている。

Q:いろいろなところで、すでに厚労省の対応に対する厳しい批判が出ているが---
A:結果だけを見て場違いな批判もある

尾身氏はこうさらっとかわした。要するに、尾身氏による総括は「行き過ぎやタイミングを間違ったところはあるが、うまくいった」という結論であった。

政府は今月から6月にかけて委員会を開き正式な総括をまとめる考えだが、会議をリードするであろう尾身氏の考えを見ると、総括をめぐって、これまでを上回るさらに広範囲な議論を巻き起こすことになるだろう。

なお、終息宣言を出すかどうかについては、WHOの動向を受けて考えたいという。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 尾身先生も、大変だな。同情申し上げる。


 わが国は、科学者のトータル見解など、聞きませんからね。
都合のよい部分しか、見解を求めないし、聞かない。

 宮原正典氏 も、よく理解していても、方針があれば、その方針を推進しなければならない。 心中と相反しても。

 現政権は、BSEの全頭検査を進言してますし。  予防原則を過剰に振り回すのは、いかがなものか。予防的措置のそのレベルでありますが。 2009H1N1をいつ、感染症法の新型インフルエンザ等から、はずしのかでありましょう。

 公衆衛生学視点から。  これには、いろいろな分野の人がかかわってます。
  http://phi.med.gunma-u.ac.jp/flu.pdf


optimal precautionへ

versionは、precautionの程度の違いを特徴づけている。
Version1:不確実性は行動を起こさないことを正当化するものではない。
Version2:不確実なリスクが行動を正当化する
Version3:挙証責任の移行


BSEの時にも有った、私一人だけが、であっても、容認はできない。にどう答えるか。 


加筆

新型インフルエンザ対策本部専門家諮問委員会の設置根拠(法的位置根拠)


http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/kettei/090217keikaku.pdf
【政府の体制強化】
・ 海外において新型インフルエンザが発生した疑いがある場合には、内閣危機
管理監が関係省庁と緊急協議を行い、内閣総理大臣に報告するとともに、速
やかに「新型インフルエンザ及び鳥インフルエンザに関する関係省庁対策会
議」を開催し、情報の集約・共有・分析を行うとともに、政府の初動対処方
針について協議・決定する。(内閣官房、全省庁)
・ WHOがフェーズ4の宣言を行った場合には、内閣総理大臣及び全ての国務
大臣からなる「新型インフルエンザ対策本部」を設置し、水際対策等の初動
対処方針について協議・決定する。(内閣官房、全省庁)

・ WHOがフェーズ4の宣言を行っていない場合であっても、海外において新
型インフルエンザが発生した疑いが強く、政府としての対策を総合的かつ強
力に推進する必要があると判断される場合には、必要に応じ、内閣総理大臣
が主宰し、全ての国務大臣が出席する「新型インフルエンザ対策関係閣僚会
議」を開催し、水際対策等の初動対処方針について協議・決定する。(内閣官房、全省庁)
・ 新型インフルエンザ対策本部は、諮問委員会の意見を踏まえ、水際対策等に
関する基本的対処方針を決定する。(内閣官房、全省庁)



「基本的対処方針」の実施について(0516官邸pdf)


http://www.kantei.go.jp/jp/kikikanri/flu/swineflu/newflu20090516_qa.pdf
「確認事項」Q&A(0516官邸pdf)

見ても、内閣府の私的委員会ではのかなとおもえるところが。

意見は聞かなければなりませんが、それに従うか否かは政策立案当局の決定権ですし。

この記事に

閉じる コメント(28)

顔アイコン

bloom@花咲く小径 さん

政権運用者の選択権という意味です。

感染症法は、過去の呪縛からは改正されましたが、また、隔離できるように、改正されました。 これには納得がいきませんが、現政権は、根本から改正すると言う方向で話が出てきてはいますが。 有権者の支持がないと不可能でしょう。予防接種法も、厚生官僚の消極的姿勢です。 気持ちはわかりますが。

現在、尾身氏と厚生技官と責任のなすりあいのような発言になってきてはいますが。

新型インフルエンザ専門諮問委員会の発言力と位置がよくわかっていません。 たんに、聞かれた事に答えるだけなら、たんに御用聞きでしょう。 御用聞き委員会であるなら、なんら責任もないでしょう。

決定権は、新型インフルエンザ対策本部にあります。 政府政治家です。

私の唯一知りたいのは、新型インフルエンザ等にどのように認定されたかです。なぜ、現在も認定されたままかです。新型インフルエンザ対策室は、目指す先は、季節性インフルエンザと同等にする。と、言っていますが。

この決定のプロセスが、まったく不明なことです。

2010/3/28(日) 午後 10:44 [ おみぞ ] 返信する

顔アイコン

また、水際阻止は、5月8日の横浜の女性が帰国後発症が確認できた、20日以後も、感染症研の発表も無視されたことです。

都道府県にある、処置入院を決定の意見ができる”感染症の診査に関する協議会”も非公開です。 大阪府に確認を求めたても、情報は非公開です。

bloomさんの所も情報公開を求めて見てください。まずそこからです。

2010/3/28(日) 午後 10:51 [ おみぞ ] 返信する

顔アイコン

新型インフルエンザ専門諮問委員会に医者は入っていますが、弁護士が入っている所は、ほとんどないようです。

2010/3/28(日) 午後 10:57 [ おみぞ ] 返信する

おみぞさんが知りたいことを知るためには、選挙権の行使以外の方法があるはずです。その一つは確かに情報公開の請求ですが、私は「まずそこから」とは考えていません。

私は騒動が終わった後の情報公開請求より、騒動の最中の政治家やマスコミ、教育委員会に対する働きかけの方が効果があるし、その時に困っている人(プライバシーを侵害された人や、根拠も無く語学研修や部活動の大会辞退に追い込まれた人)を救えると考えました。

また、ブログで問題を考えるために必要な科学的な情報や論理性を伝えていくことも、選挙権に関係なく市民全体を動かす力になると考えています。

2010/3/29(月) 午前 11:46 [ bloom@花咲く小径 ] 返信する

また、法律がどうであれ、スイッチが押されたとしても、現場の人間は職務においてベストであると考える方法について意見を出す権利があるし、それは義務でもあります。

変な防護服を着て空港を動き回ることは有権者を納得させるどころか、国民の恐怖感を煽ったに過ぎません。
そう思わなかったのなら、頭が悪いとしか言いようがないですが、その害について認識していたのなら改善するよう動くのが筋だと考えています。

>現在、尾身氏と厚生技官と責任のなすりあいのような発言になってきてはいます

お互い何と言われたのか公開して欲しいですね。

2010/3/29(月) 午前 11:59 [ bloom@花咲く小径 ] 返信する

顔アイコン

bloom@花咲く小径 さん

新型インフルエンザ等への位置づけへのプロセスです

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/090429-02.html

健感発0428003号 平成21年4月28日 で、発信されています。

新型インフルエンザに係る対応について(平成21年4月28日健感発0428003号厚生労働省健康局長通知)
今般、メキシコや米国等において、豚インフルエンザ(H1N1)の感染が多数発生していましたが、本日、WHOにおいて、継続的に人から人への感染がみられる状態になったとして、インフルエンザのパンデミック警報レベルをフェーズ4に引き上げる宣言が行われました。

2010/3/29(月) 午後 3:17 [ おみぞ ] 返信する

顔アイコン

こうした事態を受け、新型インフルエンザのまん延を防止するとともに、健康被害を最小限にとどめるため、今般メキシコや米国等で確認された豚インフルエンザ(H1N1)を、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年法律第114号)第6条第7項に規定する新型インフルエンザ等感染症として位置づけたところです。

また、我が国においては、内閣総理大臣を本部長とした新型インフルエンザ対策本部を設置し、「新型インフルエンザ対策行動計画」及び「新型インフルエンザ対策ガイドライン」(以下「行動計画等」という。)に基づいた万全の対策を、政府一丸となって講じていくこととなりました。

都道府県並びに保健所を設置する市及び、特別区(以下「都道府県等」という。)におかれましても、我が国及び貴都道府県等で策定された行動計画等に基づき、関係部局及び医療機関、医師会等の関係機関と連携し、万全の体制で取り組んでいただくようお願いいたします。

2010/3/29(月) 午後 3:18 [ おみぞ ] 返信する

顔アイコン

なお、4月28日現在、行動計画における第1段階(海外発生期)にあたり、大型の連休を迎えることから、特に以下の事項について早急に体制の確認をお願いいたします。

1.適切な情報収集及び相談窓口等による情報提供

2.検疫対応における検疫所との連携

3.サーベイランスの強化

4.積極的疫学調査の体制強化

5.発熱相談センターの設置及び医療体制の確認

2010/3/29(月) 午後 3:18 [ おみぞ ] 返信する

顔アイコン

行動計画には
新型インフルエンザが海外で発生した場合、在外邦人の保護のために必要な
支援を行いつつ、我が国は島国としての特性を生かし、検疫の強化等により、
できる限りウイルスの国内侵入の時期を遅らせることが重要である。

発生前の段階では、水際対策の実施体制の構築に加え・・・

第一段階(海外発生期) 海外で新型インフルエンザが発生した状態

【第一段階】海外発生期
目的:
1)ウイルスの国内侵入をできるだけ阻止する。
2)国内発生に備えて体制の整備を行う。
主な対策:
1)海外での発生状況に関する継続的な情報収集及び国内外の関係機関との情報
共有を進める。
2)発生国に滞在する在外邦人に対して必要な情報を速やかに伝達し、退避・帰
国支援等必要な支援を行う。

2010/3/29(月) 午後 3:53 [ おみぞ ] 返信する

顔アイコン

3)新型インフルエンザ発生地への渡航自粛、航空機・旅客船の運航自粛等によ
りウイルス侵入のリスクを軽減する。
4)感染地域からの入国便に対して検疫を行う空港・海港を集約するとともに、
入国者に対する健康監視・停留等の措置を強化する。
5)発生国からの外国人の入国を制限するために、査証審査の厳格化や査証発給
の停止の査証措置をとる。


どうしても、【第二段階】国内発生早期 と言うことを、言いたくないなためである。

感染症法に、2009H1N1を位置づける事で、すべては、可能になります。

位置づけなければ、新型インフルエンザ対策行動計画も必要ないのです。

2010/3/29(月) 午後 4:04 [ おみぞ ] 返信する

顔アイコン

また、初期段階で、位置づけたとしても、は外すプロセスがないのです。

今でも、やろうと思えば、処置入院勧告も可能なのです。

5月の時点で、外しておけば、水際行動計画は、世界の笑いの種ですんだのです。

ここを突かれると、いやだから、某厚生技官も追及しないのです。

わが国の国民が、科学的評価など、あまり気にしていません。 BSEの全頭検査を歓迎したのですから。 米国の輸入牛でも、30ヶ月未満も輸入禁止を言っていたはづです。

プリオン委員会での結論に、某議長を御用学者と評価したほどですから。

0リスクを求めているに、他ならないのです。

2010/3/29(月) 午後 4:07 [ おみぞ ] 返信する

BSE の全頭検査に関しては、食品系企業に勤務した経験から否定出来ません。また、効果はどうであれ実施可能であるからこそ、支持された訳です。
ただし、ものすごい税金が投入されている割に、私達の健康を守る効果は薄い・・という点は同意です。

しかしインフルエンザに関しては「全頭検査」が不可能であることが分かっていながら、パフォーマンスとしての機内検疫をして、語学研修の高校生などのスケープゴートを作っては、「こいつらさえ閉じこめておけば大丈夫」「あいつらがインフルエンザを持ち込んだ」といった間違った風潮を作った点でずっと罪が深いと思います。

今回の問題はゼロリスクとは関係ないじゃないでしょうか。
そういった感覚を本気で持っている国民は希で、学者や医者が「愚民どもがゼロリスク症候群に冒されているから我々はそれに従ったまで」という言い訳に使われる方が多いと感じています。

2010/3/31(水) 午前 4:40 [ bloom@花咲く小径 ] 返信する

顔アイコン

bloomさん

Oリスクとの関係はあります。

BSEに関して、県の食品検査の獣医師が自殺しています。 なぜ、自殺するひつがあるかです。


都のレントゲンを撮れば、結核と分かる。との発言と関連します。


政府の輸入米での、横流しでも、大騒ぎになってます。 LD50値に遠く及ばない値であってもです。 これも、自殺者を出しています。 ただの末端販売者であるのに。


大阪堺での0157では、カイワレ製造者で、巻く引きされています。 最高裁で因果関係なしとされても。 発生者とされた、カイワレ製造業者は、自殺しています。


メチル水銀の大量暴露は、いまだ救済が図られていません。 これは、科学者にも、暗黙に屈した過去がありますし、一部の医学者の問題もあります。 当地をはなれ、多へ移り住んだ人も多くいますし、いまだ、症状を表明していない方もいます。 なぜ。

では、国民は、過去の事としていませんか。

2010/3/31(水) 午後 2:42 [ おみぞ ] 返信する

顔アイコン

2009H1N1は
政府は、国内発生をない事にしたかったはずです。 ですから、空港内で、留め置きたかったのですから。SARSの時のようにしたかった思惑があったでしょう。

感染症で、言われなき迫害、脅迫、は、意味がない事を、いまだにおこなわているのですから、科学がの範囲ではありません。

2010/3/31(水) 午後 2:46 [ おみぞ ] 返信する

顔アイコン

後から言えばなんとでも言えるんじゃないですか?

だって、エボラ出血熱が入ってくるってわかってたら検疫でまた色々留め置いたりするでしょ?

今回は致死率が低かったからのんびりしたことを言ってられますが、明らかに致死率が高いものが入ってきたときにはやりすぎもへったくれもないんじゃないでしょうか。

恐ろしいのは致死率の高い未知のウィルスが入ってきたときですね。。。

2010/3/31(水) 午後 3:48 おとぼけjoy 返信する

顔アイコン

おとぼけ先生

問題は、検疫の方法でしょうね。 日本各地から医者を動員するような、検疫方法で、検疫官を過労死させる方法はよろしくないですし。、感染者とされたら、人権侵害に等しいあつかわれかた、だれも、問診書に記載、申告もしたくなくなります。 あの方法では、申告してもらうには、逆効果であります。

あの症例定義で、国内発生を、ないような状況にしょうとした事も。

まじめに、危険管理とリスクにたいして、どう受け入れるか、やってもらわないと、中程度の毒性と感染率ならパニックですからね。
医療機関は、破綻しますし。

2010/3/31(水) 午後 6:19 [ おみぞ ] 返信する

すいません、自殺とゼロリスクの関係が分からないんですが・・

それから「後からなら何とでも言える」という人もいますが、感染症の専門家である青木先生や、新型インフルエンザの経過を追っている外岡先生など、その時から何度でも異論を唱えている人はいる訳です。私も繰り返しブログで発言してきました。
それなのに現場の人が方針を見直さないのは変ですよね?

立場上どうのこうの・・という人も多いですが、我々公務員が仕返しをされたところでクビになる訳ではないのです。
だから「国民が・・」というのも大抵は言い訳です。
本当に立場上必要なことは、立場に応じた義務が何なのか自分で考えて行動することではないでしょうか。

毎回「その時はパニックだからしょうがなかった」みたいな言い訳をしていたら、全くお話になりません。

2010/3/31(水) 午後 6:33 [ bloom@花咲く小径 ] 返信する

顔アイコン

bloom さん

BSEのウエスタンプロット陽性がでた最初にでた、検査官の女性がなぜに、自殺したかです。 国内で発生が確認されたからでし。 国内では、出ないはず、うちでは出ないはず。があったからでしょ。 未然に防いで、発見したのに。なぜにです。


国内牛は安全である、が前提であったはずです。米国牛は、危険がが、あったことです。

0157でのカイワレは、なぜ、店頭からきえました。訂正が出されても、復活は時間がかかりましたし。

公務員でも、責任をかぶせられますし、行政処分もあります。良いか悪いかはべつにして。

公務員が、国民がというより、後からの追記に対してでしょう、これは政治家もでしょうが。 ただし、未確認の状況で、やりすぎても、甘受されると思いますが。 問題はある程度の状況が分かってきた時に、緩める事ができるか?。 または、強化する事ができるか?。です。 今回は、緩める必要がありましたし。

2010/3/31(水) 午後 7:38 [ おみぞ ] 返信する

顔アイコン

われわれは、新型インフルエンザから外す様に、言ってきましたし。国内へシフトするように 多分、尾身先生もそのように進言したはずです。 が、感染研の決定を外したのは、5月22日です、神戸の衛生研がパンクしたため、大阪でもパンク寸前でしたし。


発熱外来の縮小も、医療機関がパンクしてからですし。

都道府県の保健所も、県内発生にならないように、申請を避けてきてましたし。

うまくやっても、誰も何も言いませんが、ミスが出るとたたきますからね。 責任を持ってなんて、危なくてやらないでしょうね。

後からは何とでも言えるは、おとぼけ先生は、意思決定機関に、怒ってのことでしょうが。

ただ、あの検疫方法では、だめです。

2010/3/31(水) 午後 7:46 [ おみぞ ] 返信する

顔アイコン

感染症は大昔から、ケガレとして、迫害、差別を受けてきましたから、その戦いでもあります。

水俣病被害者の救済及び水俣病問題の解決に向けて
〜水俣病特別措置法の成立〜
環境委員会調査室 天池恭子氏の言葉にもあるように。

(7)もやい直し・普及啓発
水俣病は、深刻な健康被害や環境汚染をもたらしたばかりでなく、被害者への差別や住
民間の軋轢による地域社会の疲弊など様々な影響をもたらした。水俣病に関する偏見、差
別を解消し、水俣病問題で疲弊した地域のもやい直し23 や普及啓発が必要とされてきた。

2010/3/31(水) 午後 7:55 [ おみぞ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事