日々悩んでおります。

Quid enim stultius quam incerta pro certis habere, falsa pro ver

全体表示

[ リスト ]

FMD



農林水産省 口蹄疫に関する情報
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/index.html

宮崎県庁 口蹄疫に関する情報提供について
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/nosei/chikusan/miyazakicow/h22kouteindex.html


口蹄疫情報

鹿児島大学獣医公衆衛生学教授 岡本嘉六




中央畜産会

口蹄疫がみえる


宮崎大学口蹄疫対策本部





食品安全委員会

評価案件ID cho20040300013
評価案件 食品の安全に係る緊急事態に備えた口蹄疫を例とした食品衛生対策の事例調査
資料日付 2004(平成16)年3月31日




総目次
調査報告書本編
資料編(此処にEUでのワクチン使用時での資料があります)


家畜防疫員 家畜保健衛生所員 等資料



日本養豚開業獣医師協会




<資料>口蹄疫ウイルスの生存期間





本邦の市販消毒薬 に評価に付いては。

東京農工大学農学部獣医学科獣医伝染病学講座  教授白井淳資
口蹄疫ウイルス(FMDV)に対する市販消毒薬の効果



口蹄疫ウイルスに対する市販消毒薬の効果判定
http://www.affrc.go.jp/seika/data_niah/h14/do024.html

徳島県家畜保健衛生所の資料がわかりやすい


消石灰乳剤の踏み込み消毒槽の効果
http://www.pref.kagawa.jp/seibukachiku/269/1-3.pdf


動衛研


日本の口蹄疫情報
(Last updated May 29, 2002)



わが国に発生した口蹄疫の特徴と防疫の問題点
(無断転載を禁じます)

独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構 動物衛生研究所九州支所
臨床ウイルス研究室長 津田 知幸


総説
口蹄疫ウイルスと口蹄疫の病性について
村 上 洋 介

農林水産省家畜衛生試験場ウイルス病研究部病原ウイルス研究室長



連続講座 人獣共通感染症ー山内一也(東京大学名誉教授)
第116回 口蹄疫との共生
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/05_byouki/prion/pf116.htm
第99回 口蹄疫は人に感染するか追加
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/05_byouki/prion/pf99ad.htm
第99回 口蹄疫は人に感染するか
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/05_byouki/prion/pf99.html
第96回 宮崎で発生した口蹄疫
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/05_byouki/prion/pf96.html

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

はじめまして。モウエサです。
貴重な情報ありがとうございます。

2010/5/15(土) 午前 10:40 moumouesa 返信する

顔アイコン

moumouesa さん

はじめまして。
書くことは多く有るのですが、yahooでは、文字数に限界がありますので。

読んでいただきまして、有難うございます。

現在、発症が確認されていますが、これは、4月20日以後に感染をしたかは、現在不明であります。 現在も、感染が広がっているかも、不明であります。

悲しいことに、早急に、処分を急がねばならない事も。 埋設地、殺法も問題は、多いです。 家畜防疫員の足らない問題も。

全国の獣医が、手弁当で現地に入ってはいますが、とても足らない事に。

2010/5/15(土) 午前 11:36 [ おみぞ ] 返信する

貴重なリンク集をありがとうございます。
宮崎大学の末吉先生とは面識がありますので
こんな頻繁にアップされていたと知り目頭が熱くなりました。

2010/6/10(木) 午後 10:54 べと 返信する

顔アイコン

べと先生
これを書いた時と、と違って、現在は、深刻であります。 削除

2010/6/11(金) 午前 7:29 [ omizo1960 ] 返信する

顔アイコン

感染経路を確認するため、人間ののど、さしばえ、はえ類の昆虫、すずめ、カラスなど、鳥類、いのしし、しか類など、野生動物、ねずみ等について、サンプルを、調査することは、ないのでしょうか?陽性で生きている豚、牛、死んでしまった、豚、牛も、サンプルとして、厳重に管理して、調査は、されないのでしょうか? 削除

2010/6/13(日) 午後 7:41 [ リボン。パパ ] 返信する

顔アイコン

リボン。パパ さま。

こちらにてご返事させていただきます。

疫学的にも、ありうるとはおもわれますが、発生地に入れない状況ですので、この辺に調査は、されていません。 人の咽頭粘膜上での増殖は、ほとんど無いに等しいとも思われますが。人の咽頭粘膜に付着した、ウイルスが唾液等にて、飛まつとなって、拡散は、どうなのでしょう。 できれば、水道水でうがいで、除去はされるかとも思われますが。 ただ、体に付着による移動はありうるそうです。 それも、高濃度、ウイルスとの接触がある場合とおもわれます。

おっしゃられる様に、発生地での行われているはずの獣医による、サーべイランスさえ行われいませんので、データがほぼ無い状況でありyと思われます。

ただ、野生動物の調査は難しいとおもわれます。 昆虫類、鳥類にかんしては、発生場所で、発生の有無、飛来の有無は確認できると思われますが、多分それも行われはいないかと。 いまだ、発生場所での処置を待っている牛、豚の健康状況、幼獣の状況等に関しても、ぜんぜん調査なされていませんし。

科学的には、ブラックボックスです。

2010/6/13(日) 午後 9:26 [ おみぞ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事