日々悩んでおります。

Quid enim stultius quam incerta pro certis habere, falsa pro ver

全体表示

[ リスト ]

 

 農林水産省によると、殺処分は獣医師しか行えず、宮崎県では現在、殺処分を行う獣医師が約30人、家畜の扱いに慣れた補助要員が約20人不足。これをうけて政府は、これらの要員を文科省を通じて追加派遣する方針を示していた。


教員まで徴用するのは、気は確か?。

いまだに、獣医師しか、殺処置は行えないとのたまわる。
そのうち、死刑執行は医師しか行えないと解釈されても、同じこと。 縊死を医者しかできない。カリウムに変更された困るが。


現地調査チームメンバー名簿 がやっとでた、開業の先生が入ることを認めたようですが。 呉氏は豚が専門で、牛の専門は、どうして入ってないのでしょう。

閉じる コメント(2)

まだ言っちゃってますか…。
選挙運動も始まり、防疫が難しいというのに。
選挙を延期しなかったのなら、せめても患畜と疑似患畜だけは速やかにやらないと。
義援金がかなりの額集まりましたが、対象者は農家さんで他の被害者は義援金は分配されませんよね。
農家さんもかなりの数みたいですから、分配額も知れてるでしょうし。
長引けば長引くほど生活に困る人も増えますよね。

2010/6/25(金) 午前 9:59 じゃすみんちゃ

顔アイコン

じゃすみんちゃ さま

感染症の最大の防疫は、人の移動制限ですから、これが、経済に与える影響は膨大です。 経済が疲労いたします。 尾身教授の言う、学校閉鎖は、効果はありますが、それに伴う、経済への影響も大きいです。

地域経済が、がたがたになっていますすから。

完治まじかに、サーベイランスすをはじめると言うのも、なんだかです。

2010/6/25(金) 午前 11:24 [ おみぞ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事