日々悩んでおります。

Quid enim stultius quam incerta pro certis habere, falsa pro ver

全体表示

[ リスト ]

毎日新聞 2010年7月1日 21時28分


口蹄疫:農水省が宮崎県に畜舎の排せつ物処理方法など通知
 農林水産省は1日、殺処分した家畜の畜舎にある排せつ物などの処理方法を宮崎県に通知した。畜舎内にある大量のふんなどにはウイルスが残っている可能性が高いため。

 主な内容は▽固形の排せつ物は、飛散防止措置をした上で、感染疑いの家畜が確認された農家の場合は最低42日間、動かさずに保管する。その後、中心温度を60度以上にするように堆肥(たいひ)化処理する▽畜舎内に置かれた飼料は、排せつ物と混合するか、焼却か埋却する▽農家からの問い合わせ窓口を県に開設する−−など。【佐藤浩】



所有者が、自己の場所で管理、処理(処分)せよと言うことでしょうか。 酷くないでしょうか。そのような気力が残っているとも思えませんし。


教えてもらったことですと。

通常、家畜糞の”堆肥化”とは・・・、
第一次醗酵として、高温(中心温度60℃以上)で好気性菌主体のアンモニア醗酵を言い、タンパク質は亜硝酸か硝酸塩まで分解してしまう。
第二次醗酵として、低温(中心温度40℃以下)で通気性菌(放線菌)主体の糖質醗酵を言い、細胞壁物質(NDFやNFC)などは分解後、有機酸を生成する。
・・・以上までの事を言い、”中心温度が60℃以上・・・”を維持しただけの肥料は、一般的に「リグニン」が殆んど分解されていない為、そのまま施すと土壌が窒素飢餓に陥り作物は「根腐れ」となります。

※OIEコード
第8.5.29条
FMD汚染国又は地域からの輸入に関する勧告
わら及び飼草について

獣医当局は、これらの素材が次に掲げるいずれかの要件を満たしていることを証明する国際獣医証明書の提示を要求するものとする。
1. 動物由来の物質による明らかな汚染が認められないこと。
2. 次に掲げる処理のいずれか一つを経ており、梱で素材が送付される場合には、当該梱の中心までそれが達していることが示されていること。
a) 当該梱の中心が、最低温度80℃に達する密閉室での少なくとも10分間の蒸気処理
b) 35から40パーセントの市販のホルマリン溶液によって、密閉された室内における少なくとも8時間、最低温度19℃のホルマリン(ホルムアルデヒドガス)燻蒸
3. 輸出用に解放されるまで少なくとも3ヶ月間、保税倉庫に留置されていたこと。

での処理が義務付けられていますが。


肉鳥飼育農場では、通常鳥コクシジュウムによる事故率が0.3%〜0.4%のところ、未熟な戻し堆肥を鶏床に投入していたら同事故率は約1%前後にまで上昇致しました。これは、明らかに未熟堆肥中のオーシストが感染源だと判明いたしました。←未熟堆肥は避けなければならない。


石灰窒素か生石灰を堆肥に混ぜ込むといいと思うんですが。
石灰窒素でしたらハエ対策にもなるかと。生石灰は火災の恐れがあるので使い方を間違えてはダメです。

あと、腐敗臭には肥料の溶リン、ただ高価なので使い切れるかどうか。

液分には苛性ソーダ。


スクレッパーから出てきた豚糞に生石灰を混合する処理をされていた養豚団地を知っています。
結論から申しますと・・・、高熱と高pHにより醗酵菌が殆んど滅菌されてしまい、有機質肥料としては売れなくなり、「無機質肥料」として販売されていました。(発酵堆肥じゃなく→無機質な乾燥堆肥)

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

専門家でないので、60℃の件は、わかりませんが。動物研の指示でしょう。 ただ、60℃になるまで、どのくらいの時間がかかり、60℃での不活性化の時間もでしょう。 最終的には、売れか、遣れ、で、そっちで処分してね。 それって、ものすごく、無責任でしょう。 仮にこれが原因で発生したら、または、原因不明でも発生したら、自殺者がでます。

閉じる コメント(7)

なんて残酷なのでしょう。国からの支援もはじまらす、収入もなく、途方にくれる畜産農家さんに自分でやれとは。
このままでは新たな患畜がでなくても、自殺者がでます。
感染地区には選挙ポスターをはらないなどと選挙前に言った某立候補者が、選挙ポスターを貼りに来たりして、選挙のことだけでもかなりピリピリしてみたいなのに。

2010/7/2(金) 午後 10:11 じゃすみんちゃ

顔アイコン

じゃすみんちゃ さま

すべての殺処分が終わったので、選挙のポスターですか?。 それは、どうかと思います。

当事者の方は、まだ、少しすんだだけです。これから、生活設計の回復をしなければなりません。 高齢の方は、これで辞めてしまわれる様な事を聞いてますし。 これから、再建といっても、3年後しか、現金収入がないわけですし。 その間に本当に自殺される方が出ても、不思議でないです。今は気が張っていますが、途切れた時が・・。

これから、2ヶ月間は、排せつ物処等の危険な残留物の管理をしなければならないことに。 そんなことは、残酷すぎます。

2010/7/2(金) 午後 11:23 [ おみぞ ]

顔アイコン

http://www.the-miyanichi.co.jp/special/kouteieki/index.php?id=96&paging=5
>これからの畜産は環境の問題も考え、ある程度農地・用地を確保しないと簡単に認めるわけにはいかない。
>第一義的に県の責任
という発想ですから、大臣にとっては規定路線なのでしょう。
政治的な発言は控えるようにしているので、ネット上には書きませんが、こちら地元では(略

2010/7/3(土) 午前 5:03 [ はにほ ]

顔アイコン

ほにほ さま

山田 PCR検査(遺伝子検査)をしなくても、写真でほぼ100%判定可能になった。発生すれば2時間以内に通報し、現場に駆け付けるマニュアルを用意する。24時間以内に殺処分できれば、この前の飛び火と同じように対応できる。出たらすぐたたく。これができれば口蹄疫は防止できる。

見ただけで、わかれば、簡易迅速検査キッドは要りません(判定確立も60%あれば違よい方)。 発症まで、最大3週間もありうる、個体差もある、多くに感染すれば、典型的症例が出る可能性は高まるが、それを待っていては、蔓延を防げない。

山田 埋却地を個人で確保できない場合は、国有地、県有地に埋める形も盛り込む。あらかじめ埋却地を確保するように各都道府県に通知しているが、それでも駄目なら公有地に24時間以内に埋める。

川南の地盤は、湿地の可能性がある、地下水脈が張り巡らされている可能性が。 これに埋設すれば、法違反。

2010/7/3(土) 午前 10:02 [ おみぞ ]

顔アイコン

山田 これからの畜産は環境の問題も考え、ある程度農地・用地を確保しないと簡単に認めるわけにはいかない。アジアの口蹄疫まん延を考えるといつ発生してもおかしくない状況。畜産経営はそれだけの覚悟をしないといけない。

確かに。 感染症は世界どこでも発生する。
国民も覚悟しなければならない。 麻疹輸出国の大臣が言うなら、対策をしろ。

山田 各町長などにも何度も「同意はいらない。理解を求めてくれ」と言ってきた。同意を取っていたら埋却できなくなり、口蹄疫ウイルスがまん延したらその損失は町全体にかかってくるのだから。

確かにそうなのだが、 近所にマンション建つ、火葬場ができる、空港ができる、も同意は必要がない。

>第一義的に県の責任
確かに。現行法では、所有者>地方自治体>都道府県>政府 なので、見解に間違いはないのですが、変える気は、有権者にあるか?。です。

2010/7/3(土) 午前 10:19 [ おみぞ ]

顔アイコン

>これからの畜産は環境の問題も考え、ある程度農地・用地を確保しないと簡単に認めるわけにはいかない。

確かに川南は、ものすごい問題が出ていましたから。

北海道を除いて、零細ならいざ知らず、利益を出すために、多頭飼い自然の成り行き、国内で、地産、酪農にほぼ死ねに近いです。

一番、環境に配慮しなくていいのは、都市部の真ん中ですから。そこで、やればいいのですが。 都会に、牛がいる、豚舎がある。

2010/7/3(土) 午前 10:19 [ おみぞ ]

顔アイコン

2010/7/8(木) 午後 10:41 さま

ご教授ありがとうございます。

生石灰の件は、消費安全局に申し入れた人がいました。60℃の件は、そのような、文献があるの参考にした。とこのとのようです。危険ではないか?。の忠告もしたそうです。

生石灰は。糞尿との混合でだけでは、出火の危険性も削減できますし。 長期の監視に神経をする減らすより、初期の出火の危険性さえ注意すれば、安全に不活性化できると思いますし。無機質肥料への転換も可能ですね。

汚水、汚泥も生石灰により、BOD値、大腸菌値も下げられるようにも思えるのですが。

2010/7/8(木) 午後 11:04 [ おみぞ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事