日々悩んでおります。

Quid enim stultius quam incerta pro certis habere, falsa pro ver

全体表示

[ リスト ]



ふん尿、堆肥、防疫処理し従来利用を 自治体に県促す

宮崎日日新聞(2010年6月29日付)

 口蹄疫発生地域で大量に残されている家畜のふん尿、堆肥(たいひ)について、防疫処理後、一定期間たてば「堆肥としてこれまで通り利用が可能」として、県が関係自治体へ処理・利用を促していたことが28日、分かった。川南町を中心とするワクチン接種区域の制限解除には、ふん尿など汚染物の処分が不可欠だが、広大な埋却地確保がネックとなっていた。県としては堆肥利用で処分を進め、清浄化を急ぎたい考えとみられる。

 県が同日県庁で開いた自治体担当者会議で説明した。会議は非公開で、出席した関係者らによると、堆肥やふん尿をすべて埋却するには「6メートル幅で延長約10キロの埋却地が必要」と県が試算。埋却は事実上不可能として、農林水産省などと協議。防疫処理や一定期間おくことでウイルスを死滅させ、安全な状態にする方法を選んだという。

 具体的には、堆肥やふん尿に石灰をまいて消毒し、ブルーシートをかぶせて42日間放置。その後、堆肥化処理すれば清浄性を確認できる。県はイギリスで行った例を挙げ、「この処理でウイルスは1万分の1まで減少することは科学的に担保されている」と説明。堆肥は畜産農家が飼料を育てる畑にまくなどして使う。

 出席者からは「その堆肥を使って本当に大丈夫か」という声が上がった。ある担当者は「これだけでは農家が心配だと思うので、半年間置いて肥料に利用する万全の備えを取りたい」と語り、別の担当者は「問題ないという国の方針なので、従っていく」とした。

 家畜伝染病予防法は、感染疑いが見つかった農場のふん尿や堆肥について、殺処分された家畜とともに埋却や焼却するか、消毒することを義務付けている。えびの市などは家畜と一緒に埋却処理した。





口蹄疫清浄化で副大臣 発生農場支援を優先/ワクチン接種農家 対応の差に不満も

日本農業新聞 掲載日:10-06-30

 宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題で、政府の現地対策本部長を務める篠原孝農水副大臣は29日の会見で、ワクチンを接種した家畜のふん尿などの密封作業の支援について、発生農場での作業を自衛隊などの支援で終わらせた後に行う考えを示した。患畜・疑似患畜農家への対応と比べて差が生じることに現場では不満も出ている。作業に必要な経費の助成はともに消毒薬だけになるという。(口蹄疫取材班)

 現地本部は、ワクチン接種地域を中心とした移動・搬出制限を解く条件に、家畜ふん尿の密封などを挙げる。




口蹄疫対策で家畜排せつ物の処理について対策提示/農水省

日本農業新聞 掲載日:10-07-03

 農水省は2日までに、口蹄疫に汚染された恐れのある家畜排せつ物などの処理対策をまとめ都道府県に通知した。堆肥(たいひ)化できる固形排せつ物は、堆肥化熱による発酵消毒を行うことを基本とした。同省のホームページでも公表している。

 ウイルスは、堆肥化する時に出る発酵熱で死滅する。そのため堆肥化できる固形家畜排せつ物は、シートで被覆するなどの飛散防止措置をした上で、一定期間(疑似患畜確認農場では最低42日間、ワクチン接種農場では同7日間)経過させた後、中心温度が60度以上になるように堆肥化する。






液状物は別途、クエン酸処理を。RT @keyaki1117 液状スラリー糞便については諸説あるようですね。CIDRAPやNABCではBartley LM等の研究(2002年)を元に100日…@hideoharada牛の排泄物におけるウイルス残存期間が夏期で1週間(液状物で6週間)
約20時間前 TwitBirdから keyaki1117宛


米国農務省のデータで、牛の排泄物におけるウイルス残存期間が夏期で1週間(液状物で6週間)とのこと。従って今回の整置期間でウイルスは殆ど不活化され、更に堆肥化の熱でリスクを下げることに。RT @eMags_Iwa この糞尿等の被覆整置期間に於けるウイルスの拡散リスクはどの程度…
約22時間前 TwitBirdから eMags_Iwa宛


【口蹄疫発生農家等の堆肥等の処理ァ杠2鵑旅顱Ωによる対処方針は、各農場におかれている大量の糞尿等を改めて埋却することは現実的でないことから、ア)ウイルスの不活化に有効な方法で、イ)早期に実行可能な手法をとる ことを念頭に決定したものです。
1,278,133,503,000.00 TwitBirdから

【口蹄疫発生農家等の堆肥等の処理ぁ杆蹄疫発生農場の糞尿等は疑似患畜の処分と同時に埋却等を行うことが原則ですが、今回の宮崎での発生では疑似患畜等の殺処分・埋却を優先したため、糞尿などの汚染物品はとりあえず、飛散防止・消毒措置を講じた上で農場内におかれてました。
1,278,133,194,000.00 TwitBirdから

【口蹄疫発生農家等の堆肥等の処理】スラリーや汚水はpH値が5以下になるよう、クエン酸を添加し、放流する場合は水酸化ナトリウム等で中和する必要があるとされてます。
1,278,132,864,000.00 TwitBirdから

【口蹄疫発生農家等の堆肥等の処理◆曠掘璽箸覆匹砲茲襦嵌鑛だ庵屐彜間は、発生農場は最低42日間、ワクチン接種農場は最低7日間とされ、その後、切り返し等により中心温度が60℃以上になるように堆肥化処理を行うこととしています。
1,278,132,594,000.00 TwitBirdから

【口蹄疫発生農家等の堆肥等の処理 杁浸患畜やワクチン接種家畜の殺埋却処分を終えた農家の方々は糞尿等を順次、処理中。糞については一定期間シートで被覆してウイルス量を大幅に減少させてから堆肥化にによる熱で消毒する「二段階」方式をとることとされた。(県と国で協議し決定)
1,278,132,280,000.00 TwitBirdから



同省のホームページでも公表している。  が、見つけられませんでした。



※日本農業新聞 7/2
摂取農場の作業も支援

 宮崎県は1日、口蹄疫問題で、ワクチン接種地域を中心にした移動・搬出制限を解除するために進めているふん尿の処理について、発生農場だけでなくワクチン接種農場での作業も補助することを明らかにした。
 支援隊は、失業した農場関係者ら100人で構成。民間の会社から8月末まで派遣し、人件費は県が負担する。
 ふん尿からウイルスが飛ぶのを防ぐ密封作業をめぐっては、自衛隊や自治体職員らが発生農場の作業を手伝うとされていたが、ワクチン接種農場の具体的な支援策は示されていなかった。
 同県は、支援隊を含む500人態勢で、発生農場とワクチン接種農場の作業を支援し、7月16日までにふん尿の処理を終えたい考え。支援隊はふん尿の密閉だけでなく、必要なら、堆肥化する作業まで手伝う。



聞いた話では、大雨のたびに畜舎は水没して、どぶどぶの状態になるところもあるようです。

梅雨の状況で、困難なばあも起こりうるの様な。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんにちは
昨日も感染牛が出たとか
本当に大変な事態ですね
コメントに書かれていた、市の土建屋さんが奮闘したというのは、大変教訓的だと感心しました

2010/7/6(火) 午前 11:28 [ ロートル医師 ]

顔アイコン

ロートル医師 さま

現在、小規模の発生地区の抗体検査、PCRによる。サーベイランスが行われていますから、出てきても不思議では、ありませんが。

出ないことのに、こしたことはありません。
消毒作業の持続と一般車両にも徹底、大規模なイベントでの消毒は必要でしょう。 不幸な事ですが。

2010/7/6(火) 午後 0:19 [ omizo1960 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事