日々悩んでおります。

Quid enim stultius quam incerta pro certis habere, falsa pro ver

全体表示

[ リスト ]

砂糖粒の件

タイトル : 主訴は腎臓です。2歳で発病し、2年ほど入院し、今は通院しています。10歳になりました。
投稿日 : 2010/07/13(Tue) 11:34
投稿者 : 女性・愛媛県・とらのこ会


現在、子供が健康相談にかかりお世話になっております。
主訴は腎臓です。2歳で発病し、2年ほど入院し、今は通院しています。10歳になりました。
病院では、免疫抑制剤がだされ、毎日飲まなくてはならず、とても疑問を感じていたところに、ホメオパシーに出会い、やってみたいと強く思い、相談会を申し込みました。3回めの相談を受けたところです。
今は病院の薬は飲ませていません。
かんじんひぞう、バーバリスをとっておりますが、調子よさそうにしています。
ただ、やはり毒だしのレメディ(抗生剤、全身麻酔、胸腺の毒だし)をとると、すごい好転反応がでてしまいます。わかってはいますが、ちょっと続けられないくらい、顔、特に目がはれてパンパン、足もむくみ、蛋白尿がでて、みているのが辛くて断念してしまいます。
尿量は減ってはいません。血尿もでていません。
なんとか乗り切りたくて、好転反応の対処のレメディを担当の先生に聞いてみましたが、ヒットせず、毒だしを断念して終わってしまいます。
むくみや蛋白尿が出たときのレメディを教えてください。
インフルエンザや、溶連菌をレメディで乗り切ることができました。
このままレメディで腎臓をケアしていきたいのです。どうぞよろしくお願いします。


千葉先生
まず、むくみや蛋白尿に対するレメディーですが、エイピス(Apis), アーセニカム(Ars), カンサリス(Canth)などが良いものです。既に相談会を受けていらっしゃるということで、もうこれらのレメディーは試されているかもしれませんね。
好転反応が強くてお困りということですが、そういう場合には通常レメディーと共にマザーチンキを一緒に摂り、臓器サポートをすると臓器の機能が高まり、強い好転反応が出にくくなります。 バーバーリスを取っていらっしゃるとありますが、これはマザーチンキのことでしょうか? もし、マザーチンキを既に取っているにも関わらず・・・ということであれば、担当のホメオパスにポーテンシーの変更してもらいましょう。LMポーテンシーにしてみるという手段もあります。詳しいことは担当ホメオパスにご相談されてみてください。


タイトル : Re: 主訴は腎臓です。2歳で発病し、2年ほど入院し、今は通院しています。10歳になりました。
投稿日 : 2010/07/16(Fri) 23:27
投稿者 : 管理人


記事No.3388の件で、このお子さんの状態を心配される投稿がありましたので、詳しい状況を本人に確認しましたところ、ホメオパスからも勝手に判断して薬を止めるのはよくないので検査や現状把握のためにも病院に通うことは必要であると言われ、お医者さんとの相性が悪いということであれば、セカンドオピニオンで他のお医者さんに診てもらうのも一つの方法であると前回の相談会でも言われており、この点よく理解していますということでした。近々定期検査のため病院にもいく予定になっていますということでした。お子さんですが、現在は、体験談に書いた通り調子よさそうにしており、いたって元気で学校にも通っているとのことでした。
好転反応についてはかなり大げさに書いてしまったとのことでした。また、その好転反応ですが、投稿した内容からもわかるように過去のことで、現在はほんの少しむくんでいる程度で、こちらも近々ホメオパシー健康相談会を受ける予定になっており、そこで出されたレメディーをとって好転反応がでたときの対処方法を聞きたいと思って投稿したということでした。
今回は、いろいろな人がこの体験談をみて下さっているということがわかり嬉しく思うと同時に、心配してくれアドバイスしてくれたということにとてもありがたいと思いました。この度は、管理人として、注意や配慮が不足していたと反省しております。
今後とも何か気づいたことなどありましたら、ご連絡やアドバイスなどいただけると大変ありがたく思います。今後ともよろしくお願いいたします。





  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


上記は多くの方の通報により、警察少年課の関与があり、事なきをえたのですが。



 先程愛媛県警生活安全課より電話がありましたので報告します。

RAH体験談の投稿者の確認が取れた

主治医の氏名も確認が取れた

当該児童は医療機関を受診済み

投稿者は今回の件に関して、全国の皆さまをお騒がせして申し訳なかったと反省している

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

K2の件も


タイトル : 私は、1歳10ヶ月の娘を体外受精、現在妊娠6ヶ月の子を長女の時の凍結胚移植で授かりました。
投稿日 : 2007/03/09(Fri) 02:33
投稿者 : 女性・北九州市・とらのこ会


先日不妊治療についての投稿がありましたので、それに関連して報告させてください。
私は、1歳10ヶ月の娘を体外受精、現在妊娠6ヶ月の子を長女の時の凍結胚移植で授かりました。卵管造影を始め色々検査をし特に大きな不妊の原因はみつかりませんでしたが、30歳後半になり気持ちの上であせり体外受精にふみきりました。ホメオパシーを知ったのは、長女の出産後でした。本を読んで勉強すればするほど、やはり自然に任せるべきではないかとも思いましたが、やはり年齢の事を考え第二子も治療をし授かりました。生殖技術が進む中、安易に勧める医者もいるし、選択する患者もいます。ただ女性は年齢を考えると何歳まで自然に任せる事ができるかが人それぞれだと思います。もしかしたら、私たち夫婦は子供を育てるよりは、違う人生の方向を進むべき人間だったのかもしれないと思うこともありました。ただ、ここ数ヶ月前から、不妊の原因の一つかもしれない私のトラウマが心の中でゆさぶられ、その後手に激しい湿疹がで少し落ち着き、なんだか生きるのが少し楽になったなと思い始めた今、自分の子供を見るとやはりこの子は生まれるべくして生まれた子ではないかと思えるようになりました。多くの人の愛情を受け、きらきらと生活する娘ですが、生後半年から・鼾ホまで三週間に一回発熱し、一ヶ月咳が止まらない事もありましたが、相談会を受け不妊治療で使ったホルモン剤のレメディーも与え落ち着いています。これから先、もしかしたら不妊治療の影響が子供に出るかもしれませんが、それもホメオパシーで対応できると確信しています。
質問ですが、現在妊娠中の子にソライナムをもらっているのですが、長女には与えなかったので、たとえば水で溶かして私と長女でとっても構わないのでしょうか?それと、出産後K2シロップを与えたくないので、そのレメディーももらったのですが、これはもし産院でK2シロップを与えなくても赤ちゃんに与えた方がいいのでしょうか?センターに問い合わせればいいのですが、どなたかの参考にもなればと思い質問させてもらいました。

村上先生
○○様がおっしゃいますとおり、今後体外受精の方はますます増えてくるのではないかと思います。この子に押し出す力があるのであれば、熱を出したり、子どのものかかる病気にかかったり、咳をしたり、鼻水をだしたりしながら、妊娠前後の負荷を乗り越えていけると思いますので、病気を恐れずにうまく乗り切っていただければと思います。
ご質問のソライナムの件ですが、できればホメオパスにかかっていただき、この子のタイミングで与えていただいたほうがいいと思います。それとK2シロップの件ですが、産院で与えなくてもいいのであればその代わりにそのレメディーを与えていただいてもかまいません。いずれの場合もレメディーをくださった方にご相談やサポートをしていただけるとご安心かと思います。
さて、話はそれますが自分もわが子をみて思うのですが、子供というのは人間レメディーではないかと思います。自分自身の幼いころのトラウマを揺さぶるような事が多いですよね。子育てとは、お子様とともにご自身のインナーチャイルドも育てていき、少しずつ母親・父親になっていく、親育てではないかと思います。子供の成長は早いですから、今という時間を大切にすごしながら子育てをご夫婦で楽しんでいただければと思います。


   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−
タイトル : 総合病院の医師から、生まれた赤ちゃんには生まれてすぐにB型肝炎ウイルスのワクチンを打たなくてはいけないといわれました。
投稿日 : 2009/08/19(Wed) 17:24
投稿者 : 女性・29・東京都・一般


現在、妊娠しています。検査でB型肝炎ウイルスのキャリアだということが判明しました。
そのせいで助産院での出産はすべて断られましたので、総合病院で出産することになりました。
総合病院の医師から、生まれた赤ちゃんには生まれてすぐにB型肝炎ウイルスのワクチンを打たなくてはいけないといわれました。
その後、3回、計4回のワクチンを打たなくてはならないそうです。
赤ちゃんにワクチンを打たないようにしたいのですが、どうしたらよいでしょうか。


片桐先生
ワクチンを打たなければいけない義務はありません。法的強制力もありません。断る場合それを言い続けるしかないでしょう。
或いはワクチンによって何らか悪影響が出た場合、全面的に病院が責任をとると言うような誓約書を求めると言うのも一つかもしれません。
しかし、病院にいる限り、ワクチンを拒むと言うのも勇気のいることだと思います。
親が肝炎キャリアでありながらワクチンを打たせないと言う事が虐待のように言われることも想像できます。
選択肢としてはワクチンを拒むか、ワクチン接種の後にホメオパスの健康相談会にかかり、B型肝炎ワクチンから作られたレメディーをとるかどちらかだと思います。
良くお考えになってみて下さい。


  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

殺人教唆か。 自己でリスクを引き受ける分には、ご勝手にですが。
他者を巻き込む、自己の子供を巻き込むとなれば、別問題です。

 
B型肝炎ワクチンから作られたレメディー???・
あれは液体だぞ。不活性ウイルス乾燥さて、どうするんだ?。

閉じる コメント(4)

お…恐ろしいです…。

2010/7/19(月) 午後 3:50 [ イイチコ ]

顔アイコン

イイチコ さま。

とってもです。

2010/7/19(月) 午後 4:06 [ おみぞ ]

顔アイコン

不思議な受け答えですね。。。
先生とは言っても「医師」じゃないのかも?

2010/7/21(水) 午後 5:22 おとぼけjoy

顔アイコン

おとぼけ先生

医師免許所有者なら、医道倫理委員会にかけましょう。 さすがに甘受できませんから。

医師免許所有者では、ないという事です。

2010/7/21(水) 午後 5:47 [ おみぞ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事