ここから本文です
茶の湯日記
一日は短い…。

書庫全体表示

イメージ 1

 三月の桃の節句ももう少しですね。
 この季節は、この御菓子が茶席では使われますよね。
 わたしは、「ひっちぎり」と習ったのですが、「ひちぎり」とも言うようですね。
 松江市の向月庵のお菓子です。
 蓬餅の少し変わったものですね。

イメージ 2

 一足早い雛祭りです。
 でも、何故「ひっちぎり」なのか?
 天然ボケの天才だった社中の先輩が「引ったくり」といったことを思い出し、ちょっとにんまりします。

 ネットで調べてみると、「宮中への参内者に手でひきちぎって(丸める時間が無くて) 与えたお餅の形である」とあるので、引きちぎった形からきているのでしょうね。
 発音としては、「ひっちぎり」が近いかな?




この記事に

  • 顔アイコン

    もうすぐ お雛祭りですね。
    このひちぎりは華やかで美味しそうですね。
    私はどんなのをつくろうかな・・・

    [ 楓香 ]

    2010/2/21(日) 午後 11:42

    返信する
  • 顔アイコン

    楓香 様
    自分で、お菓子を作れるので、楽しそうです。
    お菓子を作る人は、ひとつのテーマで、いろいろな和菓子を考えるのでしょうね。

    ensyuu

    2010/2/21(日) 午後 11:50

    返信する
  • 顔アイコン

    京都ではよくひちぎり出てましたが、Q州ではあまりみないような気がします。
    ひっちぎりとも言うんですね。感じも少し違うので、やはりお菓子にも地域差があるのだな〜といつもensyuuさんの日記を興味深くみております。

    junajuna

    2010/2/22(月) 午前 0:32

    返信する
  • 顔アイコン

    junajuna 様
    私は、京都のお菓子があまり縁がないのですよ。
    生菓子では、松江のお菓子に比べて、京都のお菓子は一回り大きいです。それから、単価が高いと思います。
    このお菓子も、私の周りでは「ひっちぎり」ですが、京都では「ひちぎり」なのですね。ネットでみて、驚いたくらいです。もし、「ひちぎり」であれば、私の先輩も「引ったくり」とは言わなかったと思うのです。

    ensyuu

    2010/2/22(月) 午前 1:18

    返信する
  • 本当ですね。
    餅を引きちぎった形してます。
    うちでは今度の日曜日に(休日にあわせて)娘のひな祭りをします。
    和室を飾って食事するだけですが春が近づいたことを感じれます。

    タッキー

    2010/2/22(月) 午前 6:53

    返信する
  • ほんと♪引きちぎった感じ(^-^)
    お色のせいかロックガーデンやサボテンにも見えたりして(^m^)♪
    ウチはおひな様には、毎年定番の桜餅とひなあられで〜す。

    [ - ]

    2010/2/22(月) 午後 0:11

    返信する
  • 顔アイコン

    初めて見ました。
    面白い逸話ですね。
    作りたてが美味しそう。

    雀 政五郎

    2010/2/22(月) 午後 3:41

    返信する
  • 顔アイコン

    タッキー 様
    子供さんと一緒にすごす雛祭りは、楽しいでしょうね。
    行事は、少し面倒とも思いますが、区切りをつけたり、季節を感じたりできるものですね。

    ensyuu

    2010/2/22(月) 午後 10:26

    返信する
  • 顔アイコン

    ミケ 様
    このお菓子は、特に京都付近が有名のようですので、西日本のものでしょうか。
    日本も東西に長くて、いろいろですね。
    私も、ブログを始めて、今まで当たり前のことだったことが、地方特有のものに気がつくことがあり、驚きます。

    ensyuu

    2010/2/22(月) 午後 10:36

    返信する
  • 顔アイコン

    雀政五郎 様
    なかなか作りたては、いただけませんが、おいしいお菓子です。
    蓬の香りって、良いものですよね。

    ensyuu

    2010/2/22(月) 午後 10:37

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事