ここから本文です
茶の湯日記
一日は短い…。

書庫全体表示

土筆 干菓子

イメージ 1

 今日は、あったかい一日でした。そろそろ土筆が出てきてもいいころですね。
 お菓子の世界では、土筆はもうあります。
 茎の部分は、飴でできています。
 飴細工のお菓子です。

イメージ 2

 飾り方は、いろいろ考えましたが、下に叢の雰囲気の干菓子を添えてみました。
 土手の風景を再現です。
 下のお菓子の黒い粒は、大徳寺納豆です。
 大徳寺納豆がアクセントとなって、おいしいお菓子です。
 両方とも、松江の向月庵です。

イメージ 3

 土筆は、料理としては、佃煮がありますよね。
 私は、小さいとき、数える程しか食べていません。
 どんな感じだったか、…。
 よく土筆を摘んで、母親に佃煮にしてと渡したことがあるけど、料理してもらったことは、ごくわずかだったと思います。
 多分、そんなにおいしくないものだったのでしょう。



この記事に

  • 土筆の干菓子リアルですねぇ。
    私は土筆は食べたことないです。
    なんか、苦そうな感じがします。

    季節は着実に春に近づいていますね。

    タッキー

    2010/2/26(金) 午後 9:39

    返信する
  • 顔アイコン

    タッキー 様
    私は、何度か食べているのですが、あまりにも昔のことなので、味を覚えていないのです。
    私が、摘んできた土筆をみて、母がはかまの部分(節の部分)が霜にあたって黒くなっているので料理できないなどといわれた記憶があります。しかし、島根で、霜にあたっていない土筆ってあるのかなぁ。

    ensyuu

    2010/2/26(金) 午後 9:55

    返信する
  • 顔アイコン

    こちらでは、土筆の袴を取って卵とじ。
    天麩羅にする場合は袴を取らなくてもいいですよー。

    雀 政五郎

    2010/2/26(金) 午後 10:48

    返信する
  • 顔アイコン

    雀政五郎 様
    卵とじ、てんぷら、なるほど、思いつきませんでした。私は、佃煮しか知りませんでした。
    てんぷらは、台所が汚れるのでしないことにしていますので、卵とじはいけそうです。卵とじでは、はかまは取るのですね。
    多分、母親は袴をとるのがめんどくさくて、嫌がってあのようなことをいったのかと思いました。
    料理の下ごしらえとしては、大変でしょうね。

    ensyuu

    2010/2/26(金) 午後 11:04

    返信する
  • 顔アイコン

    土筆の干菓子かわいいですね。数年前は近所にも土筆が出てきましたが、今はどうかな。今度見に行ってみようかなと・・。

    今日奈良庵

    2010/2/27(土) 午後 9:05

    返信する
  • 顔アイコン

    今日奈良庵 様
    土筆のお菓子は、よく出来いますね。
    作られたかたは、土筆をよく観察されたのだと思います。
    今日は、別のお菓子屋さんで土筆のお菓子を見ましたが、あまりで出来がよくなくて買うのをやめました。
    同じ土筆でも、お菓子屋さんで結構違うものです。

    私も、もう少し暖かくなったら、土筆を探してみたいです。

    ensyuu

    2010/2/27(土) 午後 9:40

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事